ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

ラインハット編の攻略チャート


 ゲマに誘拐されてから10年余りの間、「光の教団」と呼ばれる神殿の建設をさせられていた主人公とヘンリーが脱出する所から物語はスタートする。

 「光の教団」から脱出した主人公はパパスから託された「母を探す」というのを生きる目的として旅を続けて行くことになる。

 仲間モンスターが加入するのもこの時期からであり、ドラクエ5の一番楽しい時期でもあると言える。仲間モンスターについてはこちらで詳しく解説しているので参考までに見ておくとよいだろう。



大神殿

 主人公とヘンリーは幼年期のラストにゲマによって連れ去られてしまうが、連れ去られた先がこの大神殿である。「光の教団」の総本山の建設10年間関わっていたことになる。

 初日はヘンリーに話を聞いて北側の階段を下りる→同じ階段をもう一度昇ると終了する。二日目は全員と話していると出房になるので仕事に向かうとマリアを助けるためムチおとこと戦闘になる。別に負けても何も問題は無いが、倒すのであればムチおとこの倒し方を参照にして倒してみよう。

 その後マリアの兄であるヨシュアの手を借りて大神殿から脱出。海辺の教会にたどり着くことになる。

 

海辺の教会

 大神殿から脱出した一行が行きついた先はオラクルベリーから南東に位置する海辺の教会であった。

 心と体を静養した一行はそれぞれの人生の目的のために生きて行くことになる。マリアはこの教会のシスターとして、主人公は母を探すために旅立つことになる。

 ヘンリーは「ラインハットじゃデールがどうせ王様になっている」と興味が無いそぶりを見せるが、やはり気になっているようで主人公についてくる形で仲間として加入するのであった。

 ■入手アイテム
・1,000ゴールド(マリアからもらう)
・きぼのりのめがみぞう(名産品)

 マリアから1,000ゴールドもらえるタイミングは限られているので早めに回収しておこう。今後の資金繰りに重要なゴールドのため必ず回収しよう。

 

オラクルベリー

 苦難の時期を乗り越えてたどり着いたやたら明るい町。ドラクエ恒例のカジノがあり、ラスベガスのようなド派手な照明が飾られている町でもある。

 この町での目的はマップ左下のモンスター爺さんに話をつけること夜に左上のオラクル屋で馬車(300ゴールド)を買うことである。

 オラクル屋は夜にしかやっていないので周辺で出歩いて夜にしてから馬車を買いに行こう。そうするとドラクエ5の醍醐味である仲間モンスターを勧誘できるようになる。

 ■入手アイテム
・すごろくけん
・まもののえさ
・おなべのふた
・すごろくけん
・やくそう
・ぎんのかみかざり
きぬのローブ(ここでしか入手できない一品物)
・すごろくけん

 相変わらず大したものは無い。きぬのローブが完全一品物なのでアイテムコレクターの人は見落としに注意するぐらいで十分である。

 

オラクルベリー周辺での経験値稼ぎ

 ヘンリーも低レベルだと少々厳しいので少し経験値と仲間モンスターを勧誘しておくと楽になる。オラクルベリー周辺でスライムブラウニー辺りを勧誘しておこう。高確率で仲間にできるのですぐに仲間にできる。

 スライムにやいばのブーメランを買い与えてやればかなり効率的に経験値を稼ぐことが出来る。そうしたらレヌール城周辺まで戻ってエビルアップルも勧誘しておこう。

 スライムナイトの勧誘を急ぎたい場合には、オラクルベリー北の橋を渡ってすぐ東側の平地で出現するのを利用して仲間に加えると良いだろう。なお、この時期でもブーメラン系の装備は猛威をふるう時期であり、全員でブーメランを投げまくっておけばかなり効率的に稼ぐことが出来る。

 

サンタローズの洞窟

 幼年期時代には爺さんに邪魔されてはいることが出来なかったが、爺さんにパパスの息子であることを告げるとすんなり通してくれる。なお、幼年期に父親を追いかける主人公を何故通してくれなかったのかは不明である。

 この洞窟の目的はパパスの残したてんくうのつるぎパパスの手紙を入手することである。パパスの手紙から母親が魔物に攫われたこと、天空のつるぎを装備出来る勇者を探すことの2点が、旅の目的として新たに追加されることになる。

 なお、この洞窟ではメタルスライムが出現する。ラインハット到着後になるが、スライムとエビルアップル辺りにどくばりを持たせて集中的に狩ると楽々レベルがあげられるため、初心者の人が行き詰ったらここで稼いでおくとよいだろう。

 ■入手アイテム
・かしこさのたね(サンタロースの爺さんの家)
・850ゴールド
・すばやさのたね
・てつのむねあて
・やみのランプ
・ちからのたね
・かわのこしまき
・てんくうのつるぎ
・パパスの手紙

 いつでも訪れる事が可能な洞窟のため神経質になる必要はないが、高値で売れるものが多いので可能な限り回収しておこう。なおパパスの手紙は取らなくても支障はない。そのためRTAなどでは放置されている姿を見ることが出来る。

 

アルカパ

 ラインハットに帰ることに抵抗があったようなヘンリーだが、てんくうのつるぎ入手後にここに泊ると、ラインハットに帰ろうかななどとツンデレ発言をしだす。

 ちなみにだが、ここでのヘンリーの発言を聞いておかないとラインハットにたどり着けないのでアルカパに寄って宿泊することは強制イベントである(´・ω・`)

 なお、アルカパの宿屋に2回以上泊って女将さんに話しかけると安眠まくらを貰うことが出来る。搦め手としてそこそこ便利なので貰っておこう。

 ■入手アイテム
・ちいさなメダル(左上の酒場から)
安眠まくら(名産品)

 

ラインハット

 ラインハットの中ではヘンリーは身分を隠しているため城内にはいることが出来ない。そのため城の右側にある船を使って城門の真下にある洞窟から侵入することになる。視点を回せば気が付けるが、分からなければ夜に城を訪れてみれば一目瞭然だろう。

 装備品がオラクルベリーのラインナップと多少違うほか、スライムナイトドラゴンキッズなども勧誘出来る地域のため、少し粘って戦っておくのも良いだろう。

 ヘンリーが居なくなった後のラインハットは悪政がはびこっており住民たちが重税で苦しんでいるのが伺える。ラインハット救出編のスタートである。

 

ラインハットの洞窟

 小舟を使って侵入した主人公とヘンリーだが、入口が封鎖されている。しかしどう見ても怪しい台座を踏めばすぐに開くので迷うことはまず無いだろう。

 マップの構造自体は単純のそのものなので迷う心配は無い。しかし敵がそれなりに強く、特にスライムナイトにマホトラを連打されるとMPがあっという間に枯渇してしまう。薬草を大量に持っていくと安心して探索を進める事が出来るので用意しておこう。

 また、ここにデールの母親が囚われているので城内の太后がニセモノだと気がつくことが出来る。なお、ヘンリーが生存していないとラインハット城内でのイベントが発生しない。戦闘不能になっていたら教会でたたき起こして再度訪れよう。

 ■入手アイテム
・はがねのきば
・かいがらぼうし

 スライムやエビルアップル向けの装備品が落ちているのでありがたく受け取っておこう。青年期前半は金欠になることが想定されていたのか有効な装備品が結構無料で入手できるので金策の腕の見せ所である。

 

ラインハット城内

 王様になっているデールにヘンリーが身分を明かすと城内の異変の調査のためにラインハットのカギをくれる。ラインハットのカギで城内を散策すると、オラクルベリーの南にある神の塔に真実を移すラーの鏡があることが分かる。

 城内で何が起こっているのかの真実を暴くために一行は神の塔に旅立つのであった。神の塔には教会で修業を積んだシスターの力を借りないと入場することが出来ない。海辺の教会に寄り道してマリアに話すと同行してくれるので忘れずに寄ってついでに泊っておこう。

 神の塔はボスは居ないものの、それなりに手強い相手が出現するため仲間をある程度厳選しておくとよいだろう。エビルアップル、スライムナイト、主人公、ヘンリー辺りがおススメなので装備品を強化しておこう。

 ■入手アイテム
・1,200ゴールド
・てつのよろい
・いのちのきのみ
・ちいさなメダル

 ここでも非常に強力なアイテムが落ちている。神の塔にはさまようよろいなどの強力なモンスターが出現するため、スライムナイトなどを強化しておくと安心して進められるだろう。

 

神の塔

 マリアの力を借りて入場することになる塔。海辺の教会の南に位置するが一本道なので迷うことは無いだろう。シスターの協力を借りないと入れなかったり、パパスとマーサの幻が見えたり、真実を映す鏡が安置されていたりといかにも「神聖な場所」なのだが、平然とモンスターが出現する謎の場所である。

 このマップでの目的はもちろん真実を映し出すラーの鏡を入手することである。マップ自体はシンプルではあるのだが、道がやや見にくく、壁ギリギリのところを歩く必要のある場所もあるため視点回転を活用しながら慎重に進んで行こう。

 ラーの鏡の前の道が途切れているのだが、両端は普通に道がある(見えないだけ)なのでそちらから渡ってラーの鏡を回収しよう。

 ■入手アイテム
・650ゴールド
・うろこのたて
・ふしぎなきのみ
・まほうのせいすい
・ラーのかがみイベントアイテム

 ラーの鏡入手以降は入場できなくなるダンジョンである。再入手不可アイテムは無いが、ホイミスライムを仲間にしたい場合はここで粘っておくのも悪くは無い。ここを逃すと妖精の村まで行かないと通常エンカウントしないからである。とは言えポートセルミ周辺でさまようよろいに呼ばせる方が簡単なので、別に無理して粘る必要も無いだろう。

 

ラインハット城内

 ラーの鏡を入手した一行は太后の正体を暴くべくラインハットに急ぐのだが、なんと道中に宿屋が存在しない。そのため宿屋によってからラインハットに戻ったほうが賢明だろう。

 ニセ太后の変装技術は相当に高いものらしく、ヘンリーはもちろんデールでも見分けがつかなかった。パッと見不自然に優しいほうが本物で、いかにもニセモノっぽいヒステリックのほうがニセモノなため、プレイヤーも結構驚いたと思われる。

 ラーの鏡で姿を現したニセたいこうとここで戦闘になる。国の平和のためラインハットに尽くす事になるヘンリーとはここで別れ、主人公たちは引き続き母と勇者を探す旅を続けるのであった。続いてはルーラ習得編である。

 ■入手アイテム
・福引券(ヘンリーから貰える)