ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

スライム(スラりん)


 言わずと知れたドラクエ界のアイドルにしてマスコット的な存在。ドラクエを知らなくてもスライムは分かると言う人は多いのではないだろうか。一部の作品を除けば最弱のモンスターとして知られている。

 最弱ではあるもののそのまま弱いモンスターとして出演させても面白くないとされたのか、素早さと便利な補助魔法を使いこなす便利屋のようなキャラクターとしてデザインされている。

 実際素早いと言うのはかなりの長所であり、ブーメランなどの強力な攻撃手段も持つため工夫して使えば非常に役立つ。終盤は流石に厳しいがピンポイントで馬車から飛び出しての活躍は十分に可能。耐性は無いが装備品に強力なものが多いため終盤でも意外と頑張れたりする。



覚える呪文・特技
Lv7 ニフラム Lv10 スクルト Lv15 ルカナン
Lv18 リレミト Lv22 メダパニ Lv25 トラマナ
Lv30 ザオラル Lv45 ぶきみな光 Lv77 めいそう
Lv99 灼熱炎 Lv- - Lv- -
装備なし状態の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
× × × × × × × × × ×
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
× × × × × × × ×

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×

 

幼年期

 オープニング後に船着き場から表に出ると一歩も動かなくても3匹出現する。最弱の敵としてチュートリアル的な戦闘に狩りだされた形である。

 ぬののふくなどの防具を全て外し、被ダメージ高乱数を引き続けると実は全滅できる事が知られている。

 無論そんなことをしても何の得も無いのでパパスが来るまでの間は適当に防御していて被ダメージを減らしておこう。

 

青年期前半

 オラクルベリー到着周辺に出現し、さらに高確率で仲間になるため大抵の人はこいつかブラウニー辺りが一番最初になるだろう。馬車に放り込んでおけばすぐに成長し、ビアンカのリボンを装備してブーメランで戦えるようになるはずである。スクルト、ルカナン辺りは非常に貴重なため割と主力の戦力である。

 HPもそれなりに成長する上に、オラクルやののれんがあれば異様な継続戦闘能力を発揮してくれるのも小さくない長所。そのうち打撃のダメージが通りにくくなるが、ほのおのゆびわやはじゃのつるぎなどを道具として使って「削り」という形で他の仲間をサポートするには十分に使用に耐えうる性能を持っている。

 先制の薬草回復も実は結構重要な役割であり、派手な強さは無いが他のキャラには無い長所を生かしてパーティを支えるいぶし銀的なモンスターである。

 

青年期後半

 ライバル的な存在である女の子がおり、流石に陰りを見せ始める。多くの人はこの辺りで爺さん送りにしているんじゃないだろうか。

 オラクルやののれんを主軸とした耐久力もぼちぼち耐性が重視させるこの頃になると結構つらい状況になってくるのもマイナス点。

 得意のニフラムもふうじんの盾で代用できるようになったためDS版でさらに厳しくなってしまった。とは言っても99まで安定して成長し続ける上、強力なブレス攻撃も覚えてはくれるのは高評価。スライム愛好家が好みで連れ歩いても何の不自由も感じない程度の戦闘力を持つのはありがたい限りである。

 

最終装備例
装備品の名称 上昇値・備考
メタルキングのけん 攻撃力+130
みずのはごろも 防御力+55
みかがみのたて 防御力+55
かぜのぼうし 防御力+28
エルフのお守り 各種耐性
星降る腕輪 すばやさ2倍
被弾する呪文・特技
呪文・特技 フバーハ無し フバーハ有り
しゃくねつ 120 60
はげしいほのお 35 17
かがやくいき 130 65
凍える吹雪 55 27
メラゾーマ 70 70
ベギラゴン 10 10
イオナズン 80 80
マヒャド 61 61
バギクロス 46 46
最終装備時の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
×
40
×
0
×
40
×
40
×
0
×
0
×
0
×
0
×
1/4
×
1/1
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
×
1/4
×
1/1

1/4
×
1/4
×
1/1
×
1/1
×
1/1
×
1/1

1/1
×
1/1

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×
・下の数字 → 装備品のダメージ減少量

 

耐性の解説・その他

 何の耐性も持たないが、装備品にはかなり恵まれている部類だと言えるだろう。リメイクで追加されたオラクルやののれんの存在はかなり大きかったと言える。また、炎に強力な耐性を得られるため耐性を理解した上で使っていけば終盤でも十分に活躍の場はあると言える。

 装備品が中盤以降寂しくなってしまうものの、タイミングを狙った可能ようにほのおのリングを入手できるので、先制でひたすら使用させると言うのも極めて有効。ノーコストノーリスクのイオ連打は使ってみればわかるが相当に強い。

 終盤では素早さを活かしたせかいじゅのしずく係にしたりも出来るため序盤のモンスターにしてはかなり恵まれている部類である。強くしすぎるとイメージが崩れてしまい、弱くしすぎると誰もつかなくなってしまうため、開発陣もかなり手を加えて調整したものと推測されている。

ステータスの推移
Lv HP MP 経験値
1 8 0 8 3 5 1 3 0
5 52 0 22 21 19 5 4 1028
10 68 10 32 48 25 17 5 3144
15 74 20 38 55 32 27 6 11439
20 104 30 50 72 36 31 15 36048
25 134 37 56 90 45 31 18 84022
30 164 44 63 108 55 31 22 170524
35 179 49 73 118 57 32 26 326457
40 202 58 84 129 60 35 32 607520
45 222 66 95 140 63 37 37 1100000
50 248 72 103 163 66 38 37 1662032
99 510 100 180 255 140 50 50 7169952