ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

ルーラ習得編の攻略チャート


 ラインハットでヘンリーと別れを告げた一行は母と勇者を探すという目的のもと、新大陸に渡ることになる。まさに母を捜して3千里だと言えよう。

 新しい大陸と言うことで敵モンスターも一新され、ステータス的にも手強くなってくる時期でもある。また、ヘンリーと別れるため味方の戦力が減り、より仲間モンスターの重要性が高まる時期だと言える。

 とは言ってもここら辺まではブーメランを投げまくっていれば楽に戦闘が終わるため、苦戦する要素は少ないだろう。



ビスタの港

 ラインハットの国政が安定したことによって、再び船の往来が復活している。しかしポートセルミへの片道切符であり、なんとモンスターが出るので復路は存在しないという往来船となっている。往来しない往来船って何だ?と思えるが、ゲームの事情なので仕方ない。

 そんなわけで短い間ではあるが、ルーラ習得までラインハット大陸に戻ってこれないので、やり残したことが無いか確認しておこう。

 装備品の選択はともかくとして、スライムナイトをまだ仲間にしていなかった場合は、仲間にした後にポートセルミへ向かった方が賢明だろう。

 

ポートセルミ

 大型船が行き来している大きな港町である。主人公たちが到着すると、モンスター達のせいでしばらく船が出せないと言われる。町人に話を聞いても船が出せない事を深刻に考えている住民は存在しない。港町で船が出せなければ経済的に深刻なダメージを受けそうな気がするが本当に大丈夫なんだろうか。

 船は出せず、宿屋・酒場ではゴロツキが暴れているのだが、この状況を「平和だ」などと言っている住民まで居る。治安とは何だったのかと考えさせてくれる町である。

 前述のとおり宿屋・酒場に行くとイベントが発生し、キラーパンサーを加入させるイベントが発生する。別に必須のイベントではないが、キラーパンサー自体がそれなりに強く、おたけびやコワモテのカカシがそれなりに便利なのもあってこなしておくとよいだろう。ルーラ習得後でも間に合うので先にルーラを習得したい場合はルラフェンに急ごう。

 ■入手アイテム
・1,500ゴールド(宿屋で貰える)
・ちいさなメダル
・ちいさなメダル(教会周囲の花畑)
・50ゴールド
・すごろくけん
・きぬのエプロン(個数限定アイテム)

 後からでも回収できるアイテムしか存在しない。ちいさなメダルだけは忘れずに回収しておけば問題ないだろう。

 

カボチ村

 さまざまな誤解や憶測のせいでドラクエシリーズの中でもあまり評判がよろしくない村。他にはドラクエ7のレブレサック等が知られている。ポートセルミで聞いたとおり、村の貴重な収入源である農作物を食い荒らす動物がおり、生活に困っている様子である。

 こういった小さな村では少額な被害であったとしても経済的に与えるダメージはかなり大きいと言える。カボチ村の安定した生活のために一行は西にある洞窟を目指すのであった。

 なお、フローラかデボラを嫁にしていると、青年期後半に神秘のよろいを貰える村として知られているが、青年期前半にこのイベントをこなしていないと神秘のよろいは貰えないので必ず青年期前半にこなしておくことをお勧めする。

 ■入手アイテム
・メガンテの腕輪
・ちからのたね
・かわのぼうし
・ちいさなメダル
・ちいさなメダル
・すごろくけん
・まほうのせいすい

 農村であるためなのか、消耗品として優秀なアイテムが多数手に入る。忘れずに回収しておこう。

 

まもののすみか

 カボチ村の畑を荒らす魔物がやってくると言う洞窟。周辺の敵よりも更に強い敵が出現し、特にデススパークのベギラマ連発がかなり強烈である。

 しかしレベルさえ上がってしまえばかなり倒しやすい敵が多く、メタルスライムも出現する上に馬車で入れるので経験値稼ぎに非常に向いているダンジョンである。グランバニアの洞窟侵入までの経験値稼ぎはここで決まりである。

 ボスのキラーパンサーは主人公にビアンカのリボンを使用させると過去の記憶を思い出して仲間になる。主人公だけで何故思い出さなかったのかは謎である。うっかり準備をし忘れていた場合は逃げるコマンドで確実に逃げられるので準備を整えてから再戦しよう。

 ■入手アイテム
・いしのオノ
・ちいさなメダル(骨の上に落ちている)
・ひとくいばこ
・鉄の胸当て
・パパスのつるぎ

 基本的にいつでも再侵入出来るダンジョンなので神経質にならなくても良いが、マップの構造がかなり単純なため取りこぼすことは無いだろう。ひとくいばこだけには注意。図鑑にドロップを登録させたい場合は1/8で小さなメダルを落とすまで粘る必要がある。面倒なら放置しておいてレベルを上げてからチャレンジしよう。

 

カボチ村

 キラーパンサーを連れてカボチ村に戻ると、村人たちに勘違いされてしまう。どうも「主人公とキラーパーンサーの悪だくみよって村人をだまし、お金を受け取った」と思われてしまったようである。

 もう一度キラーパンサーをけし掛けられても困ると言う理由で1,500ゴールドはちゃんと貰えるが、なんだか後味の悪いイベントになっている。

 宿屋の女将は邪見せず感謝してくれるし、青年期後半には村人も早とちりを認めて反省しているのだが、初期のインパクトの衝撃からか、ドラクエ界の評判の悪い村として認知されることになった。

 ■入手アイテム
コワモテのかかし(名産品:キラーパンサー加入後に民家の住人から)

 コワモテのかかしは敵1グループに休み系攻撃を行うと言う非常に優れたアイテムである。誰でも使用できる点が素晴らしく、火力不足に陥ってきたスライムにひたすら投げさせると言う作戦は結構便利なので覚えておきたい。

 

ルラフェン

 ポートセルミから西側にある町。魔物の侵入を防ぐために作られた町なので非常に入り組んでいる。しかし魔物の侵入を防ぐのであれば城壁のような町にしてしまえば良かったような気もするのだが。

 ここでの目的はルーラを習得することである。他の作品では当たり前に習得できたルーラだが、ドラクエ5では古代呪文として登場しているため習得がちょっと面倒になっている。

 ルーラの習得にはベネットじいさんの家に訪れてルラムーンそうを彼に手渡してあげる必要がある。彼に話しかけて話が進むと強引に取ってくるようにとイベントが進んでいくのでとっとと取ってきてしまおう。

 ■入手アイテム
コワモテのかかし(名産品:キラーパンサー加入後に民家の住人から)

 コワモテのかかしは敵1グループに休み系攻撃を行うと言う非常に優れたアイテムである。誰でも使用できる点が素晴らしく、火力不足に陥ってきたスライムにひたすら投げさせると言う作戦は結構便利なので覚えておきたい。

 

ルラムーンそうの入手

 位置的にはルラフェンから南西に位置するが、西の滝を越えなければならないため、西側から滝を超えた後に南下して取りに行くことになる。

 爺さんの言うとおり夜にならないと発見することが出来ないが、普通にルラフェンからまっすぐ向かえば自然に夜になる距離なので安心である。それでも心配の場合はやみのランプを使用すればすぐに見つかるだろう。

 見つけたらキメラのつばさでルラフェンに戻り爺さんに渡そう。するとすぐにルーラを習得できる。試しに使用してみろと言われるのでラインハットに飛ぼう。

 ■入手アイテム
ルラムーンそう(イベントアイテム)

 夜に光っている草なので見分けはすぐに付くだろう。見つけたら普通に調べるだけで入手できる。

 

ラインハット城内

 ラインハットに戻るとなんとヘンリーがマリアと結婚している。このちゃっかり者め!(´・ω・`)

 結婚式に出てほしかったそうだが、どうしても見つからなかったとのことで、代わりに記念のオルゴールを貰うことが出来る。

 このルーラ習得は色々なアイテム入手やイベント進行の条件になっている。入手アイテム欄でまとめておいたので確認しておこう。

 ■入手アイテム
記念のオルゴール(名産品。ヘンリーからもらう)
モンスター図鑑(名産品。実はニセたいこう撃破後からオラクル屋で売ってる)
オラクルやののれん(名産品。モンスター図鑑の後にオラクル屋で買える)
ルラフェンのじざけ(名産品。ルーラ習得後のルラフェンの教会裏の爺さんから)
サラボナへの到達条件(ルーラ見習得だとラインハットの兵士が邪魔して入れない)

 中でもオラクルやののれんは非常に高い防御力に加えて自動回復効果のおかげでスライム等が装備してもかなり固くなる。5,000ゴールドと値が張るが忘れずに買っておこう。

 

うわさのほこら

 ほこらと名が付いているが、ただの宿屋である。キラーパンサーに関することやルーラに関すること、そして次に訪れるサラボナやフローラの事を聞くことが出来る。

 要するにポートセルミ大陸で「プレイヤー側に忘れたことが無いか」を確認させてくれる施設である。ポートセルミ大陸は広い割にイベントが少なく、フラフラと歩いているプレイヤーがうっかりここにたどり着いてしまった時に「まだやることがあるぞ!」と教えてくれる施設だと言えるだろう。

 上記の目的のために作られた施設なので仕方ないが、住人の情報力が高すぎるせいで違和感満載なことになっている。とは言え宿があり教会がありと便利な施設なので有り難く使わせてもらおう。

 ■入手アイテム
・ふくびきけん
・ちいさなメダル
・うわさのノート(名産品。宿屋の親父に裏口から話しかけてノートをコマンドから「調べる」と貰える。

 情報を伝達してくれる施設なだけあって、メダル以外は大したものが落ちていない。そもそも施設がかなり小さいので回収は容易にできるだろう。

 

ルラフェン南の洞窟

 ルーラを覚えてラインハットのヘンリーに顔見せしないと、ラインハットの兵士が意地のディフェンスを見せてくるせいで通れなかった洞窟である。

 一応ダンジョン扱いだが、ぶっちゃけるとただの連絡通路である。迷う心配は皆無と言って良いだろう。

 一応焼けつく息を仕掛けてくるへびこうもり初登場マップである。このマップに出てくる全ての敵モンスターは休み系に弱耐性か無耐性の連中しか存在しないため、コワモテのかかしを投げまくると非常に効果的である。中でも厄介なヘビコウモリとデススパークは安眠まくらも良く通るので試してみよう。

 ■入手アイテム
・ちいさなメダル

 ただの連絡通路かと思いきやちいさなメダルは落ちているので忘れずに回収しておこう。いよいよサラボナ編である。