ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

天空城復活編


 天空の城が墜落していると知った一行は、その墜落した原因を探るべく、天空の城の捜索を開始することになる。敵のステータスが大幅に上昇してくる時期であり、エビルアップルなどの序盤特化の早熟タイプはここら辺で爺さんおくりになる。

 装備品の値段もかなり上がってきており、慢性的な金欠になり易い。この先はしばらくの間馬車が入れないダンジョンが続くため、当面の間はスタメン4人だけ装備品があれば十分である。なのでスタメン4人以外の装備品は売ってしまって、その資金でスタメンの装備品を新調しても良いだろう。

 雷神のやり(敵グループにデイン系ダメージ)、こおりのやいば(敵グループにヒャド系ダメージ)など、攻撃アイテムが増えてくる時期でもあり、単純なステータスではなく、優れた耐性を持つ「アイテム係」という概念もここら辺から生まれる。特に祝福の杖入手以降はアイテム係が一人いると随分楽になるのでパーティ編成を上手く工夫しよう。



天空への塔

 場所で言えば世界地図の真ん中に位置している。船で付近までは来れるが地形の関係で魔法のじゅうたん入手後でなければ到着することが出来なくなっている。メダル王の城から向かうと簡単に到着できるだろう。

 馬車でしか入ることのできないダンジョンなのだが、ザキを使ってくるシャドーサタンが低層階ながら出現する。スライムナイトを使っている場合は天空の盾を使用させて対処したい。

 同じような地形が進むため迷いやすく感じるが、割と一本道のダンジョンである。ここには非常に強力なスライムベホマズンソルジャーブルと言った強力な仲間を勧誘することが出来る。ビヒーモスが戦闘を長引かせてくるが、休み系が有効なのでおたけびやカカシを投げつけながら効率的に勧誘すると良いだろう。

 ■入手アイテム
・せかいじゅのは
・ちいさなメダル
・すごろくけん
・ちからのたね
・ダイヤモンドネイル(再入手不可アイテム)
・マグマの杖(イベントアイテム)

 マグマの杖の入手したらこのダンジョンの目的は終了である。入手アイテムで注意なのがダイヤモンドネイルだろう。なんとここに落ちている一品物であり、再度入手することが出来ない。性能で言えば上位互換的な武器は多いが、アイテムコレクターの人は売らないでおいた方が良いだろう。

 

地下遺跡の洞窟

 一応「地下遺跡の洞窟」という名称が付いているが、「トロッコの洞窟」と言った方がファンの間ではお馴染みだと言えるだろう。オラクルベリーの東の山にマグマの杖を使うことで侵入できる。お馴染みの名前のとおりトロッコを操作しながら洞窟を攻略していく。他のゲームでは面倒なギミックになりがちなトロッコだが、ドラクエ5では総当たりすれば大した問題も無く突破できるように設計されているので安心である。

 厄介なのは敵モンスターで、特にサターンヘルムがMPへの呪い攻撃を頻繁に仕掛けてくる。これを喰らってしまうとMPがあっという間に枯渇してしまうので、シャナクを使える男の子を連れていきたい。しかしシャナク習得にはそれなりの経験値を要する。シャナク無しでくる場合はニフラムや風神の盾で消してしまおう。サターンヘルムが非常に素早いため星降る腕輪を装備していないと先制が安定しない点には注意。

 ノーコストの回復の無限リソースである祝福の杖が洞窟の後半で入手できる。ノーコストの回復は非常に便利であり、ブオーンなどの強敵との戦いの際などでも重要ななく割を担うので必ず回収しておこう。

■入手アイテム
・950ゴールド
・いのちのきのみ
・ちいさなメダル
・魔法のせいすい
・750ゴールド
・しゅくふくのつえ(個数限定アイテム)

 再入場可能なダンジョンのため、サターンヘルムに手を焼くような状態であればさっさと攻略を目指しても良いだろう。しかし祝福の杖は下手したら裏ボスまで使い倒せるアイテムなので、他のアイテムはスルーしてもこのアイテムだけは回収しておこう。

 

天空城

 天空城に着いた一行だが、天空城が水没していることに衝撃を受けることになる。トロッコ洞窟で出会った天空人のプサンによれば、天空城を浮上させる動力である片割れのゴールドオーブが魔の手によって失われてしまった事を知る。

 天空上を再び浮上させるにはこのゴールドオーブを何としてでも入手しなければならない。プサンによればゴールドオーブは太古の昔に妖精が作成したものであるらしい。

 ゴールドオーブを再度入手するために、世界のどこかにあると言われる妖精の国を探して旅を続けることになる。当たり前だが、妖精の国は幼年期に訪れたポワン様が治めている国である。

 

迷いの森

 妖精の国へは迷いの森を通って行くことが出来る。秘境?のためなのか、場所がかなり分かりにくい。サラボナの東に位置するが、魔法のじゅうたんを乗り降りしないとたどり着けない設計になっている。

 人間界で妖精を見ることが出来るのは子供だけのようなので、男の子か女の子の最低でもどちらかはパーティに加える必要がある。パパスがベラを認識することが出来なかったのは、「パパスが大人だから」という理由が一連のイベントで補完されている。

 一応無限回廊のようなマップではあるが、そこまで凶悪なものでもないので多少頭をひねれば突破はたやすいだろう。たき火があるマップに出ると、子供たちが「焚火のそばに誰かいる」と気が付き、妖精の国へ案内してもらえる。

 ■入手アイテム
・ちいさなメダル
・エルフの飲み薬
・すごろくけん
・1,500ゴールド
・ようせいのけん

 道具として使用するとスカラの効果がある妖精の剣がかなり強力。ブオーン戦などで大活躍するので忘れずに回収しておこう。

 

妖精の国

 ポワン様とベラと再会する。ポワン様にこれまでの経緯を説明すると、妖精の女王に出会うための「妖精のホルン」貰う事が出来る。

 人間界で20年近い年月が経過しているためか、妖精の国も多少の変化が見られる。防具屋にみずのはごろもや力の盾などの非常に強力なアイテムが並んでいるので覗いておこう。

 また妖精の村以外でも変化が起こっており、ドワーフの洞窟ではザイルが仲間になるほか、氷の館はなんとすごろく場になっている。

■入手アイテム
・やくそう(すごろく場)
・すごろくけん(すごろく場)
・ようせいのホルン(イベントアイテム)

 すごろく場の景品は、奇跡のつるぎと幸せの帽子である。どちらもラストまで使い倒せる強力なアイテムのため、粘って入手しておくとずいぶん冒険が楽になるだろう。

 

妖精の城

 天空への塔のすぐ北側にある湖から訪れることが出来る。湖の中心に小舟で進み、水面に浮かぶ水連(?)の付近で妖精のホルンを演奏すると妖精の城が姿を現すという、なかなか凝った演出である。

 妖精の女王によると、ゴールドオーブは既に作成を試みたが、本物のように強力な力を持つオーブは作ることが出来なかったとのこと。それでも何かの役に立つかもと言う事で光るオーブを渡してもらう事が出来る。

 妖精の城の2階から行ける絵画から過去のサンタローズへと移動し、少年主人公の持つ本物のゴールドオーブと光るオーブをすり替えて本物のゴールドオーブを入手しよう。

■入手アイテム
・いかずちのつえ
・プリンセスローブ

 非常に強力なプリンセスローブをここで入手できる。女の子をブオーン戦で起用する場合はプリンセスローブを着せておくとかなり優位に戦闘を進めることが出来る。いかずちの杖の入手は今更感がかなりた漂う。一応敵のドロップで無限に入手できるアイテムなので金欠なら換金してしまっても良いだろう。

 

天空城

 ゴールドオーブをプサンに渡すと天空城が浮上する。浮上した天空城で情報を収集すると様々な情報を教えてもらう事が出来る。

 話を要約すると、天空城の主であるマスタードラゴンが不在である、マスタードラゴンはその力をドラゴンオーブに封じ込め、ボブルの塔に封印したことが分かる。

 マスタードラゴンの手掛かりを求め、ボブルの塔を目指すと言うのがストーリーの大まかな流れである。

■入手アイテム
・ちいさなメダル
・すごろくけん
・せかいじゅのしずく(何度でも入手できるが一つしか持てない)
・フックつきロープ
・せかいじゅのなえぎ(名産品)

 天空にある城と言う事で貴重品が入手できる。ベホマズンの効果がある世界中のしずくは何度でも入手が出来るので強敵相手にタイミングを見て使用していきたい。世界中の苗木も聖なる水差しとセットで使うと無限に世界中の葉を入手できるのでおススメである。イベントアイテムのフック付きロープの入手場所には注意。どう見ても暖炉にしか見えないような入口の奥に座っている老人から入手することになる。くまなく城内を探せば問題なく見つかるだろう。