ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

エルヘブン編


 10年余りの月日の経過後に、自分の子供たちに救出された主人公は自分の子供が勇者であったことを知る。グランバニアに戻り情報を確認すると、母であるマーサの故郷がグランバニアの北の島にあることを知る。

 そのため、母と嫁の救出の手掛かりを得るためにエルヘブンを目指すというのがストーリーの本筋である。しかし青年期後半になったことで細かいサブイベントも発生しているのでそれらを先に回収すると良いだろう。

 仲間になった直後の男の子と女の子もサブイベントを進めていればそれなりにレベルもあがるだろう。重要なアイテムや仲間も加入するのでサブイベントをこなした後にエルヘブンに向かう方が得策だろう。ちなみに青年期開始直後からブオーンと戦う事が出来るが、強さ的に言えばボブルの塔突入後くらいの強さなので、その辺りに攻略するようにチャートを作成してある。腕に自信にある人は早めに戦ってみても良いだろう。



グランバニア

 サンチョがルイーダの酒場に登録されており、宿屋に居るピピンに話し掛けることで、彼もルイーダに登録される。最強クラスの仲間モンスターに比べれば流石に分は悪いがそれでも十分強いので仲間に加えても良いだろう。

 装備品は別の場所で強力な装備品が販売され始めるのでこの時点で購入する必要はないので注意しておこう。

 ■入手アイテム
・おもいでのロケット(名産品:サンチョから貰える)
・モンスターチェス(名産品:ピピンから貰える)

 モンスターチェスは入手がちょっと面倒で、ピピンを仲間に加える→ピピンをルイーダに預ける→宿屋で待機中のピピンに話しかける、というフローを踏む必要がある。一応記載しておくと、青年期前半にピピンの父親であるパピンからもらう事も出来る。どちらでも好きな方で回収すると良いだろう。

 

北の教会

 十数年の歳月が過ぎたのか、パオームのインクが完成している。

■入手アイテム
パオームのインク(名産品)

 

ルラフェン

 ベネット爺さんは余生をかけて古代呪文を探究していたようで、パルプンテを教えてくれる。

 ■入手アイテム
・主人公がパルプンテを習得

 

ルラフェン

 ベネット爺さんは余生をかけて古代呪文を探究していたようで、パルプンテを教えてくれる。

 ■入手アイテム
・主人公がパルプンテを習得

 

サンタローズ

 少しずつではあるが、村の再建が始まっているようで、武器屋が復活している。非常に値が張るものの、終盤まで使い倒せる武器が揃っているので購入するのも検討しよう。

 ドラゴン系に突きささるドラゴンキラーや、特殊能力が強力な氷の刃、道具使用効果が魅力的ならいじんのやりなど揃っており、戦力不足を感じたらここで武器を調達すると良いだろう。

 

テルパドール

 伝説の勇者である男の子を連れていくと、天空のかぶとを入手することが出来る。

■入手アイテム
天空のかぶと

 

カボチ村(嫁がフローラかデボラの場合のみ)

 青年期前半にキラーパンサーを仲間にしていた場合かつ、嫁がフローラ又はデボラである場合、なんとルドマンから神秘のよろいをプレゼントしてもらえる。実質的にスライムナイトの最強装備であり、エスターク戦まで使い倒せる超性能を誇る鎧である。これが目的でビアンカと結婚しないプレイヤーも多いんじゃないだろうか。

■入手アイテム
神秘のよろい

 

ラインハット

 かつてヘンリーが誘拐されたパロディイベントが、主人公とヘンリーのとの子供たちの間で再度行われる。イベントが終わるとコリンズから風の帽子を貰える。当面の間は女の子の最強装備になるのでありがたく受け取っておこう。

 また、ラインハットにはまじんのよろいを持ったカンダタこぶんが潜伏している。デメリット付きではあるが、確実に後攻が取れるというのは戦力を立てやすくなるので強敵相手では積極的に使っていきたい防具である。サンチョ、ゴーレム、オークキング辺りの最終装備にもなりえるので早めに回収しておこう。なお、倒し方についてはカンダタこぶんの倒し方を参照すると良いだろう。

■入手アイテム
・風の帽子
・まじんのよろい(個数限定アイテム)

 

山奥の村

 カンダタこぶんはこちらにも出張している。ビアンカの家の床下と言うかなり発見しにくい所に隠れている。所持しているのはレースのビスチェである。このアイテムの調達元はやっぱりビアンカ宅なんだろうか。

 カンダタこぶんが守っている割には、妖精の村で普通に購入することが出来る。金欠なら売ってしまってかまわないだろう。なお、倒し方についてはカンダタこぶんの倒し方を参照すると良いだろう。

 なお、カンダタこぶんはもう一人いるのだが、出現場所がジャハンナなのでこの時点では倒しに行くことは出来ない。素直にストーリーを進めよう。

■入手アイテム
・レースのビスチェ

 

海の神殿

 マーサの故郷は高い山々に囲まれており、船でしか進入することが出来ない。そんなわけで船で海の神殿を経由してエルヘブンに向かうことになる。

 敵のステータスも大幅に強くなっており、概ね有効だった休み系も耐性を持つ相手が増えて来ている。また、ブリザードマンが結構な脅威になりうるので吹雪耐性を持つ仲間が居ると随分と楽になる。

 マップ自体は簡単な作りなので迷う事は無いが、敵の強さがワンランク以上上がっているため、いよいよ後半開始だと思わせてくれるダンジョンである。

■入手アイテム
・サタンヘルム
・ちいさなメダル

 サタンヘルムはこの先で仲間になるゴーレムが装備することが出来る。ゴーレムは非常に強力な仲間で、裏ボスまで先頭に立つことが出来る強力な仲間である。レベル25にならないと起き上がってくれないので、その場合は海の神殿かグランバニアへの洞窟でメタル狩りを決行しレベルを上げてから勧誘しよう。

 

エルヘブン

 太古の昔に、神が住む天界、人間が住む人間界、魔物が住む魔界の3つの世界を隔てる扉が作られたのだが、この門番役としての役割を神に命じられたのがエルヘブンの民である。要するにエルヘブンは神に仕える秘境の民族たちと言うことである。

 現在のエルヘブンの民たちはそういった神通力が弱くなってきており、4長老を残して失われてしまっているようである。マーサはこの力が非常に強かったため魔界に攫われたと言うのがストーリーの概ねの流れである。

 しかしマーサの発見時には何故か魔界に居る。マーサを攫おうにも魔界から人間界に来ることは出来ないはずなので、一体度やってマーサを魔界につれて行ったのかが全くの不明のままである。そんなわけでマーサの救出を依頼されるのであった。また、天空城が墜落しており、こちらの調査も旅の目的に追加されることになる。

■入手アイテム
・ちいさなメダル
・まもりのたね ・魔法のカギ
・魔法のじゅうたん

 二つのキーアイテムを入手したことで、活動できる範囲が広がるのは大きい。また、エルヘブンにはかなり強力な装備品が売っているので是非調達しておきたい。仲間によっていは最終装備品もここで買うことになるので上手く財テクをしよう。

 

魔法のカギで取れるアイテム

 カギを入手したらそのカギで回収できるアイテムを真っ先に回収しに行くのがドラクエの定番である。魔法のカギで入手できるアイテムは恒例として微妙なアイテムが多いのだが、非常に強力なほしふるうでわを入手できるので忘れずに回収しておきたい。

■入手アイテム
・15ゴールド(アルカパ)
・いしのキバ(アルカパ)
・いばらのムチ(ポートセルミ)
・いのちのきのみ(ポートセルミ)
・ほしふるうでわ(グランバニア)
・3,000ゴールド(グランバニア)

 グランバニアで入手できるアイテム以外は今更感漂うアイテムを入手できる。青年期前半に入手予定のアイテムを転用したようにしか見えないが、もう少し良いアイテムを配置しておいてほしかったものである。
(´・ω・`)

 いずれにせよ、アイテム回収が終わったら魔法のじゅうたんに乗って、天空への塔を目指そう。天空城復活編の始まりである。