タクティクスオウガ攻略・分析

回復アイテムvs属性ペンダント


回復アイテムvs属性ペンダントのご紹介(´・ω・`)!


 回復アイテムvs○○シリーズ第四弾(´・ω・`)!

 状況によってはオーブよりも優先して装備させたい回復アイテムだが強力なライバルが登場である。地味だが属性ペンダントとはとてつもなく強力なアイテムで下手したらオーブより強いんじゃないかと思えるほど強い。

 但し埋もれた財宝の限定品であり狙って入手しないといけないので購入できるオーブよりもさらに数を集めずらいという入手に難儀するのものになっている。埋もれた財宝については別途項目を設けて解説することにする。

 オーブと同じく反属性に僅かだが属性RESが付いており、何よりも装備時LUK+5が強烈である。計算式の関係上LUKは最終ダメージの後に計算されるため非常に強力。4つ装備させれば攻撃時・防御時・命中回避のすべての分野で20の数値を有利にしてくれる。感覚的には竜玉玉みたいな支援アイテムに似ている。

 防御時の柔軟性が高い回復アイテムだが、属性ペンダントのLUK+5の柔軟性は群を抜いており、基本的にどのユニットに装備させても強い。特に万能ユニットであるカノープスやミルディンとの相性は最高だろう。この二人は状態異常を回避するためにオーブを装備させる必要性があまりなく、火力や場合によっては後衛の護衛も兼任するためすべての状況で役立つ属性ペンダントの特性が見事にマッチしている。

 店売りされていないため実はオーブよりも入手が難しく数を揃えるのに苦労する。流石に最前線ユニットであれば回復アイテムを持っていた方が良い気がするが、数がそろうなら属性ペンダントを優先的に装備させておきたい。