タクティクスオウガ攻略・分析

水系魔法


 水系の魔法。他のゲームと同じでアイスブラストの様に氷で攻撃するイメージ。神聖系魔法以外で唯一の回復魔法を持つ属性でもある。少し珍しいのが毒を司るクラスでもあることだろうか。スペシャルだがポイズンハザードの様に毒にする魔法やクリアブラッドなど解毒する魔法があるなど関係性が強い。



アイスブラスト
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
攻撃 14 6 放出 13
備考 なし

 設定ミスなのかアイスブラストには他の初級魔法にあるような天候やアラインメントの補正はない。裏を返せば威力が安定しているので戦略に組み込みやすいとも表現できるだろう。

 ファイヤーストームと違ってこちらはヴァルキリー等が装備することが出来ない。エレメントを分散させておく意味でもアイスブラストの使い手はゴーストやウィザードにしておくと使いやすいだろう。

 

アシッドレイン
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
攻撃 38 6 放出 13
備考 雨天時に威力補正+1
アライメントCの場合威力補正+1
状態異常魔法と同じ確率で対象の装備品にメルトウェポンと同様の効果をかける

 多少の威力変動があるが基本的な威力はアイスブラストと同等。敵の装備品の劣化を促すのだが、確率であり装備品も選ぶことができないので戦略に組み込みにくい。

 ヴァルキリーやドラグーンはアイスブラストを装備できないので威力重視にする場合こちらを装備せざる得ない部分がありプレイヤーを悩ませる。そのような場合はあきらめて地形操作目的でファイアーストームを装備させることも検討しておきたい。

 

フェンリル
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
攻撃 40 5 召喚 13
備考 魔法技能に応じて連続攻撃を行う
敵味方を識別する
対象不在の場合使用者に降りかかる

 召喚魔法シリーズ水版。魔法技能に応じて連続攻撃回数が増えていく上、敵味方を判別して攻撃するので非常に使いやすい。射程が若干短いため使用者を前に出さなければいけない点や、オーバーキルになってしまいがちな点には注意しておきたい。

 後衛に持たせても良いが、ニンジャあたりに切り札として持たせる選択肢も悪くないだろう。

 

アイスレクイエム
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
攻撃 60 全体 全体 全体
備考 術者以外のすべてにダメージを与える

 禁術の水版。基本的には竜言語魔法のほうが圧倒的に使い勝手が良いためわざわざこちらを採用するケースは皆無と言っても良いだろう。

 使ってみれば別に使えないことはない、と言うよりも実は相当に強く、味方の水属性のRESを上げておいたりある程度固めてヒーリングプラスしたりすれば攻略上も相当に役立つ魔法である。竜言語魔法と言うより優れた魔法によって影が薄くなってしまった魔法の典型であると言えよう。

 

クリアブラッド
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
補助 18 7 放出 1
備考 毒状態を解除する

 クリアランスよりもMP消費が多いにもかかわらず毒しか治療することが出来ない。とはいえクリアランスは二章後半にならないとショップに並ばないため、序盤は毒の治療が絶妙に面倒なのも事実である。

 特に最大HPが低い序盤は毒によるスリップダメージがかなり強烈なため、すぐに治療が必要である。イマイチな性能の割に登場時期に恵まれているため序盤はそこそこ使用されるだろう。

 

スロウムーブ
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
補助 20 7 放出 1
備考 対象の最大WTの半分をWTに加算する
行動終了時のWT増加量が1.5倍になる
クイックムーブ効果を打ち消す
重ねがけすることが可能
敵リーダーにも100%命中する

 クイックムーブと対をなす補助魔法の一つ。敵リーダーにも100%命中するため強力な効果を持つ。二人以上で使用し続ければほとんどの敵ユニットは動くことが出来なくなるので暗黒騎士たちとの対戦で非常に頼りになる。

 射程は長いのだが、コマンド級の暗黒騎士は移動力が6なのでうっかり動かれると射程圏内に入ってしまう。ハメ状態になってもうっかり動かれないように注意しておこう。

 

マーシーレイン
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
回復 42 6 放出 13
備考 ヒーリング系と違ってアンデッド系のユニットも回復することが出来る

 神聖系以外で回復できる唯一の魔法。またアンデッドも回復をすることができる。ウィッチやウォーロックで回復を使用できる事は戦略の幅を広げてくれるのだが、消費MPがかなり重いことは留意しておくべきだろう。

 メインの回復魔法として使うならウォーロックなどの高MPユニット出ないと常用することは難しい。パーティの編成を考えて使用していきたい。

 

デフグルーザ
属性 系統 MP 射程 種類 範囲
補助 10 全体 全体 全体
備考 地形のエレメント効果を
炎 → +3 水 → -3
にする。重複使用可能

 地形のアラインメント補正を上下させるシリーズ水版。他のサイトで良く「重ねがけしないと意味がない」と表記されているがそんなことはない。攻防面において、天候補正強以上の差が出るため一回の使用でも結構な差となって表れる。

 特に終盤では小さな補正の変化であっても最終ダメージには如実に表れる傾向があるので終盤こそ影響が大きい魔法である。