タクティクスオウガ攻略・分析


 剣に比べて重いものが多いがその分若干攻撃力が高めの傾向がある。属性武器もそれなりにあるもののフランシスカを除けばすべて両手武器となってしまっており小回りが利かなくなっている。



フランシスカ
装備 重量 威力 属性
片手 8 16 物理
備考 なし

 最軽量の斧で基本的な使い勝手はショートソードとほぼ同等。ロデリックの必殺技を打つ際の最軽量の装備でもあるので後半に利用されることもある。

 

バルダーアックス
装備 重量 威力 属性
両手 34 34 物理
備考 INT+5

 バルダーソードと違い両手武器になってしまったため取り回しが悪くなってしまった感がある斧。得意武器でないクラスだとしても、概ね盾と併用できるバルダーソード等のほうが使いやすい場面が多いだろう。

 

ヘビーアックス
装備 重量 威力 属性
両手 49 45 物理
備考 なし

 名前のとおり相当に重い武器。特殊な能力等はなく属性も付いていないのがつらい。武器として重宝されることはなく基本的にはコレクター用のアイテムと言って差し支えないだろう。

 

グラムロック
装備 重量 威力 属性
両手 30 32
備考 水RES+5

 暗黒騎士オズ愛用の斧。かなり早い段階で入手できるほか、火竜の剣と比べても若干軽いので十二分に活躍の場が見込める。

 火竜の剣もオークションを利用しないと量産はできないので面倒であればこちらを使ってしまうのもありだろう。

 

プロクス
装備 重量 威力 属性
両手 37 36
備考 水RES+5

 第4章でザパンが持ってくる斧で、大体はグラムロックと同一の性能である。風属性のザパンが何故炎属性の斧を所持していたのかは謎である。

 グラムロックと同じく火竜の剣が行き渡らない仲間に持たせて使うと良いだろう。

 

凍てついた戦斧
装備 重量 威力 属性
両手 31 33
備考 炎RES+5

 第4章のハイムで入手できる水属性の斧。
城門前ルート:フレイムフレイル・ブラックキャット
城門裏ルート:凍てついた戦斧・ファランクス
という内訳になっている。
 この時点でアクアハンマーを入手しており場合によっては凍土の弓も所持しているためエレメントが水のユニットが多い場合に利用されるだろう。水属性の武器は他にもアイスブレードやベンティスカ等が入手できるためこの斧が活躍するのは少々苦しいかもしれない。

 

地竜の戦斧
装備 重量 威力 属性
両手 30 34
備考 竜殺効果
風RES+5

 オークションでのみ入手できる斧で地属性に加えて竜殺効果を兼ね備えており、両手ということを除けば結構優秀な武器。

片手の金剛刀やアースワンド、場合によってはアースジャベリンよりも後に入手することになるというのが結構つらい点である。活躍の場は専ら死者の宮殿ということになるだろう。

 

ボレアス
装備 重量 威力 属性
両手 42 40
備考 地RES+5

 四風神器の一つ。性能だけでいえばノトス等と変わらないが、貴重な風属性の武器である。やや重めなもののザパン等に装備させるのであれば属性一致+得意武器とあって好相性と言えるだろう。

 風属性武器はこの四風神器シリーズのせいで属性武器の登場が遅くなっている節があり特に風の前衛は割を食う形になってしまっている。

 

サタンブローパー
装備 重量 威力 属性
両手 51 48
備考 使用:ライフフォース
聖RES+5

 何よりの特徴はライフフォースを使える、という点だろうか。ライフフォースは射程が微妙に短くこの武器が両手かつ重いということもあって耐久力を犠牲にしてまで選択するべきかどうかについて問われることになる。外伝のラスボスほど異様に固い、という敵ユニットは死者の宮殿にも存在しないため環境のせいか扱いづらい武器になってしまっている。

 

ルーンアックス
装備 重量 威力 属性
両手 43 42
備考 レベルアップボーナスINT+1
闇RES+5

 斧を得意とするユニットは大体アラインメントがCであり、聖属性を持つこの斧との相性は正直言ってよろしくない。ホワイトナイトやエンジェルナイトもペニテンスやオラシオンと言った高性能な聖属性武器があるのでわざわざこの斧にお呼びがかかることは少ないだろう。

 レベルアップボーナスも片手で同一の効果を持つアイテムがあるためレアアイテムのはずなのにあまり扱いがよろしくないアイテムとなっている。