タクティクスオウガ攻略・分析

敵専用アンデッド


 味方サイドで使用できるアンデッドはスケルトンとゴーストのみだが、敵ユニットの専用クラスは9種類もいる。ゾンビは敵ユニットにするのはゲームの世界設定的にも扱いやすかった結果だろう。

 特徴としては成長値が一緒で初期値10ほど下げられているという点である。Lサイズのアンデッドは余計な肉が取れて身軽になるのかAGIが20底上げされているが、移動範囲が4になる。

 自動復活するという性能上、いくらかの下方修正を受けてはいるものの、まともに戦うと非常に厄介な相手達ではあるのでいずれの場合でもイクソシズムを用意して消し飛ばしてしまった方が得策である。



Lv ソルジャー
※ゾンビ
HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 3 5 4 5 5 5 5 -
1 ソルジャー
※ゾンビ
50 0 11 10 8 8 10 10 50
1 ソルジャー 60 0 21 20 18 18 20 20 50

 ゾンビになってしまったソルジャー。一部のマップに登場するほか死者の宮殿でワラワラ湧いてくる。数が多いのでイクソシズム等で処理をしないと何度も復活してくるので面倒な相手である。スターティアラがあれば他のアンデッドを含めてすべて消滅させられるのでそれまではイクソシズムなどで対処しよう。

 ステータスを見ると全ステータスが10ずつ下がっている。ゾンビソルジャーは大抵近接武器しか所持していないのでゾンビシリーズの中では危険度は低い方である。

 また神秘のハンマーを持ち逃げしたまま消滅してしまうのもこのゾンビソルジャーである。スケルトンに持たせるとかトロフィーを置いておくなどして使用可能にして欲しかったものである。

 

Lv ナイト
※ゾンビ
HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 8 1 6 4 4 5 4 6 -
1 ナイト
※ゾンビ
46 0 7 10 12 8 14 6 50
1 ナイト 56 8 17 20 22 18 24 16 50

 ゾンビになってしまったナイト。一部のマップに登場するほか死者の宮殿でワラワラ湧いてくる。数が多いのでイクソシズム等で処理をしないと何度も復活してくるので面倒な相手である。スターティアラがあれば他のアンデッドを含めてすべて消滅させられるのでそれまではイクソシズムなどで対処しよう。

 ゾンビナイトも同じく全ステータスが10ずつ下がっているが、こちらはゾンビソルジャーに比べて攻撃力が高いので後衛ユニットが接近されると危険である。とはいえ戦う頃には自軍サイドも戦力が充実している頃なのでさほど苦労しないで料理できるだろう。

 

Lv バーサーカー
※ゾンビ
HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 9 1 6 5 3 6 4 5 -
1 バーサーカー
※ゾンビ
42 0 7 6 16 4 14 10 50
1 バーサーカー 52 8 17 16 26 14 24 20 50

 ゾンビになってしまったバーサーカー。一部のマップに登場するほか死者の宮殿でワラワラ湧いてくる。数が多いのでイクソシズム等で処理をしないと何度も復活してくるので面倒な相手である。スターティアラがあれば他のアンデッドを含めてすべて消滅させられるのでそれまではイクソシズムなどで対処しよう。

 ゾンビソルジャーやゾンビナイトと同じく全ステータスが10下がっている。ゾンビナイトに次ぐ攻撃力に加えて打たれ強さもあるのでゾンビナイトよりちょっと厄介である。

 

Lv ウィザード
※ゾンビ
HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 5 5 3 2 7 6 4 4 -
1 ウィザード
※ゾンビ
58 0 19 18 0 4 14 14 50
1 ウィザード 68 10 29 28 17 20 24 24 50

 ゾンビになってしまったウィザード。一部のマップに登場するほか死者の宮殿でワラワラ湧いてくる。数が多いのでイクソシズム等で処理をしないと何度も復活してくるので面倒な相手である。スターティアラがあれば他のアンデッドを含めてすべて消滅させられるのでそれまではイクソシズムなどで対処しよう。

 上記の戦士系ゾンビに加えてステータスの低下がより顕著になっているのは多分遠距離攻撃ができるからだろう。レベル30付近でこのINT成長から繰り出される魔法攻撃は、通常のウィザードのものと大差がないため結構厄介である。

 さらに言えばゾンビウィザードは軽歩に設定されているので通常のウィザードが通過できないルートで進軍してくる場合がある。総じてゾンビシリーズの中で最も厄介な相手と言えるだろう。

 

Lv アマゾネス
※ゾンビ
HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 3 5 4 5 5 5 5 -
1 アマゾネス
※ゾンビ
48 0 10 10 8 7 10 12 50
1 アマゾネス 58 0 20 20 18 17 20 22 50

 ゾンビになってしまったアマゾネス。一部のマップに登場するほか死者の宮殿でワラワラ湧いてくる。数が多いのでイクソシズム等で処理をしないと何度も復活してくるので面倒な相手である。スターティアラがあれば他のアンデッドを含めてすべて消滅させられるのでそれまではイクソシズムなどで対処しよう。

 元がアマゾネスなだけあって、ゾンビになってもソルジャーとほぼ同じ。ソルジャーに比べると若干だが弓を装備している場合が多い気がするが恐れるほどでもないだろう。

 

Lv アーチャー
※ゾンビ
HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 2 4 5 4 5 6 7 -
1 アーチャー
※ゾンビ
48 0 14 6 12 7 6 8 50
1 アーチャー 58 4 24 16 22 17 16 15 50

 ゾンビになってしまったアーチャー。一部のマップに登場するほか死者の宮殿でワラワラ湧いてくる。数が多いのでイクソシズム等で処理をしないと何度も復活してくるので面倒な相手である。スターティアラがあれば他のアンデッドを含めてすべて消滅させられるのでそれまではイクソシズムなどで対処しよう。

 ゾンビウィザードと同じく遠距離攻撃ができるからかステータスの低下に違いがみられる。ゾンビになっても高命中・高回避は健在なので中途半端な命中精度のイクソシズムだと回避されてしまう場合があるので注意しておこう。

 

Lv ドラゴンゾンビ HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 10 0 8 7 3 5 2 6 -
1 ドラゴンゾンビ 29 0 24 -28 16 24 48 -52 50
1 ティアマット 39 0 34 -18 26 34 28 -42 50

 アンデッドと化したティアマット。能力はAGI以外のステータスが10下がった代わりに何故かAGIが20も上昇している。WT基本値自体も105から75と素早くなっているため総合的にみてかなり素早くなっている。普通のティアマットは耐久力過剰気味なのでむしろこちらのほうが使いやすいような…。まともに相手するとかなり強いため、うっかり除霊手段がない状態で戦闘に入ると厄介である。

 他の特徴として移動範囲が4まで下がっており機動力自体は下がっていいると言えるだろう。恐怖効果を持つため、移動力が低下しているからと言って油断しないようにしたい。謎のAGI上昇と移動範囲4という特徴は他のアンデッド化したLサイズにも共通して見られる。

 

Lv デスヒドラ HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 9 0 9 6 1 9 2 4 -
1 デスヒドラ 50 0 20 -10 5 -10 50 -10 50
1 ヒドラ 60 0 30 0 15 0 30 0 50

 アンデッドと化したヒドラ。ドラゴンゾンビと同じくAGI以外が10低下。AGIが20上昇という特徴を持つ。基本的にはスターティアラやペトロクラウドで固めてしまう相手なので深く考える必要はないが、ペトロブレスの被弾率が上がっている点は留意しておいても良いだろう。ドラゴンゾンビと同じく恐怖効果を持つため、接近される前にイクソシズムなどで消し去ってしまおう。

 

Lv デスジャイアント HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 8 0 7 6 1 7 3 3 -
1 デスジャイアント 60 0 25 -15 32 -14 25 15 50
1 サイクロプス 70 0 35 -5 42 -4 5 25 50

 アンデッドと化したサイクロプス。ステータスの調整具合は上2匹とまったく同じである。サイクロプスのウリであった軽歩による微妙に高い機動力が移動力4によって潰されてしまっており、アンデッドのLサイズシリーズの中では一番悲惨な状況になっている気がする。