タクティクスオウガ攻略・分析

亜人クラス


 空を飛べる、水中に入れる、便利なスペシャルを持つ、といった感じで人間クラスには無い特徴を持つクラスと言った感じでデザインされている。クラスチェンジこそできないが最終盤でも十二分に使って行けるユニットは実に多い。

 リザードマンやホークマンなど最序盤から雇用の機会があり、リッチやゴーゴンなど最終盤で登場するユニットが存在するなど登場機会にも恵まれているほか、「人間以外の生物」として世界設定にも重要なポジションを占めている。ラスボスも人間を超えた存在である。…理性を失っているので本当に超えたのかは不明だが。



Lv リザードマン HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 8 0 6 5 2 5 5 4 -
1 リザードマン 64 0 20 20 22 18 24 16 50

 前衛として非常に優れた成長値と初期値を有している。STR6、VIT5かつAGI5という成長は他の前衛ユニットとは一線を画す成長値である。さらに物理RESも105と優れており、天候補正強かつ水中侵入可能と機動力でも恩恵を受けている。

 初期値や成長値、天候補正などの関係から実際はナイトどころかバーサーカーよりも強い。ちょっと強すぎるような気がする。属性攻撃には弱めに設定されており、中盤以降に魔法が飛び交うようになると辛くなってくるが、それでも十二分に活躍することが出来る。

 また竜族と同じ扱いなので竜玉石の一つでも装備させておけばこの辺の弱点も解消できる。アラインメントもCに出来る上に属性も自由に選択可能であるなど、竜玉石を一つ装備させたリザードマンは正直いってホワイトナイトよりも強いのではないだろうか。

 敵に回ると攻撃力もそうだが、硬い耐久力に加えて微妙に高いAGIのおかげでかなりしぶとく水中も平気で移動してくるなど相当に厄介な相手として立ちはだかってくる。

 

Lv ホークマン HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 3 5 3 5 5 6 6 -
1 ホークマン 60 0 21 24 18 18 20 16 50
1 カノープス 75 0 25 25 26 24 23 21 55
35 ホークマン 332 136 225 160 222 222 258 254 50
35 カノープス 347 0 263 195 230 228 261 225 55

 AGI6、移動範囲6、飛行移動というゲーム内においても屈指の機動力を持つユニット。このゲームはほぼ全てのマップで自軍側が低地からスタートするため、これらの高機動ユニットが持つ役割は非常に重要である。

 高台を占拠して敵陣の要職を叩いて行くのが自軍を勝利へと導く黄金パターンだと言える。大体カノープスとホークマンの2名~3名くらい編成にするのがメジャーだろうか。

 機動力の代償として肉弾戦能力がバーサーカー等に比べて一回り弱く、前衛ユニットには殴り負けるが後衛ユニットには殴り勝つぐらいの絶妙な調整になっている。得意武器の斧は持たせずに前述のように弓を持たせ高台の制圧をさせるのが最も輝く運用方法といってよいだろう。

 比較はやっぱりカノープスだろう。STRとVITの成長がホークマンに比べて1高くなっており、弓での遊撃に加えて緊急時には肉弾戦もこなせるようになっているのでかなり強い。人によってはMVPになりすぎて困ってしまった経験もあるのではないだろうか。

 

Lv フェアリー HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 5 0 3 2 3 7 6 7 -
1 フェアリー 72 0 34 34 32 3 13 8 50

 実に器用なクラスでホークマンと同じく飛行移動、状態異常回復、パラダイム効果、アンデッド除去と便利なスペシャル技を覚えてくれる亜人の中での便利屋。機動力を生かして救急車代わりににしても良い。序盤なら弓を持たせればそれなりに戦力になるが中盤以降はサポートに回ることが多いだろう。MENの成長が高いので各種指輪のスペシャルを使えば十分な火力を発揮できるが反動ダメージが結構厳しい。

 死者の宮殿でグレムリン共々複数出現することがあり、その場合弓やマジックミサイルを連打してくるので結構な驚異である。特にアンデッドを使っている場合はほぼ確実に消滅させられてしまうのでLサイズユニットを盾に配置するなどして保護したやらないと危険である。そのためアンデッドをスタメン入りさせるのが難しくなっており、死者の宮殿の難易度が上がるのに一役かってしまっている。

 

Lv グレムリン HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 5 0 6 1 3 2 7 8 -
1 グレムリン 58 0 22 38 32 23 9 4 50

 ホークマンを凌ぐ攻撃性能を誇るが紙といってよいほど打たれ弱い極端なクラス。魔法を数発食らうだけで退場になってしまうほどである。その分攻撃力は非常に高くドラグーンの成長値に匹敵する。スペシャルもフェアリーとは対をなす構成で味方の支援ではなく敵の妨害や攻撃をする種類を所持しており使いこなすと非常に強力なユニットとなっている。

 仲間にできれば強力なのだが説得でしか仲間にできない点、出現するマップが限られている点などが自軍に加える際のハードルを上げてしまっている。事故死を防ぎつつ運用できる上級者向けの職といえるのではないだろうか。

 

Lv パンプキンヘッド HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 4 0 3 7 2 7 4 4 -
1 パンプキンヘッド 76 0 34 14 36 3 21 20 50

 AIで動いている敵ユニットにとってパンプキンヘッドは特殊な存在のようで、クレリックだなんだろうが全力で殴りにくるという面白い光景を見ることができる。VIT7というSサイズユニットの中でも最高の成長をするが、STRやHPの成長が低いが故に実質的な打たれ強さはビーストテイマーに劣る程度なので囮にする場合は要注意である。

 スペシャルも便利なことは便利だが最大HPが低いので余裕があるときに使うぐらいだろうか。死者の宮殿ではアンデッドは囮役として利用がしにくいのでこちらを使うと良いだろう。但しアンデッドと違って倒されても自動で復活したりしない点を忘れないようにしておこう。

 

Lv ゴブリン HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 3 5 4 5 5 5 5 -
1 ソルジャー
※ゾンビ
50 0 11 10 8 8 10 10 50
1 アマゾネス
※ゾンビ
48 0 10 10 8 7 10 12 50
1 ソルジャー 60 0 21 20 18 18 20 20 50
1 デニム 68 4 27 25 26 24 20 26 50
1 システィーナ 73 4 2 25 24 23 26 28 47
1 ゴブリン 65 0 26 25 23 23 25 25 50

 成長値自体はソルジャーと同一という平凡なものだが、技能面で色々と強化されており、移動範囲6、強力な防御補正に得意武器にハンマーと強そうなクラスに仕上がっている。しかしながら攻撃・防御・俊敏性どれも中途半端の範囲に収まってしまっており絶妙に使いづらいクラスになってしまっている。

 STRとVITが1ずつ高いリザードマンが存在する上に、あまりに強くするとホワイトナイト並みの成長値になってしまうため仕方なかったのだろう。何かスペシャルが使えたりとかHP成長を10にするとか出来なかったのだろうか。全体的に調整不足が悔やまれるユニットである。

 

Lv ゴーゴン HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 0 5 4 5 5 6 6 -
1 ゴーゴン 60 0 24 25 23 22 21 23 -

 アマゾネスの成長値にAGIとDEXが+1された強力な弓使いと言えば分かりやすいだろうか。アマゾネスよりも優れているのは成長値だけでなく初期値もかなり優れている。さらに天候補正強であり、欠点である鈍歩も同時にワープリングが手に入って一瞬で解消されるなど非常に優秀なクラスである。

 スペシャルの邪眼も炸裂すれば正に一撃必殺技であり、かなり優秀なクラスなのだがそれでもスタメン入りできるかというと難しいのが死者の宮殿の厳しさでもあったりする。

 

Lv リッチ HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 4 7 1 1 7 7 3 3 -
1 リッチ 87 -38 67 47 10 -5 43 43 50

 死者の指輪を装備させた状態で死亡すると転生できるクラス。魔術師としては非常に能力が高くまとまっており、また優れた属性耐性を持つのでエクソシストなどある程度VITが成長するクラスからクラスチェンジさせるとかなり硬い辺りはウォーロックと共通している。

 竜言語魔法と神聖系魔法以外の全ての魔法を使用できるのが大変ありがたく、通常の魔法攻撃から召喚魔法や補助魔法、マーシーレインなど装備させる魔法に悩むほどである。

 死者の指輪を消費してしまうのは勿体ないというのであれば死者の宮殿に出現するのを勧誘すればよい。敵リッチは防御ステータス部分以外は概ねレベル20の時点でウィザードと一致するように設定されており、まずまずの魔法攻撃力を兼ね備えており十分使用に耐えうるだろう。

 

Lv エンジェルナイト HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 8 5 7 4 7 5 5 5 -
1 エンジェルナイト 54 0 -1 20 8 17 20 22 50

 アラインメントがLの女性ユニットがある程度高レベルになって死亡すると転生することがある。狙わずとも前衛・後衛問わず30を超えたありから条件を満たしてしまい、望まぬ転生になることもしばしば。

 成長値自体はホワイトナイトに匹敵するほど高く、飛行に加えて1つだけだがエクソシストと同じ魔法を行使できるなどハイブリッドな職業である。最強の職業…かと思いきやこれだけのスペックを持っていながら大活躍と行かないのがSRPGの難しい所でもある。

 高台も占拠するならカノープスに機動力で劣り、前衛を任せるにしても恐怖効果に弱いアラインメントLと天候補正弱と厳しく回復役にしてもクレリックに劣ると絶妙に能力が足りないのである。ドラクエのように少人数で戦うゲームなら大活躍なのだが特化したほうが使いやすいSRPGならではの現象といえるだろう。

 ステータスを見ると、レベル18でヴァルキリーの攻撃力に並び、以降は追い抜いていく。AGI、VIT、DEXはアマゾネスと同等と肉弾戦の強さは割と平均的である。