タクティクスオウガ攻略・分析

女性クラス前衛


 男性の前衛クラスが各種方面に特化していたのに対して、女性の前衛クラスはヴァルキリーに代表される魔法戦士のような「器用なユニット」としてデザインされている。

 男性ユニットだけで編成を組むとどうしても大振りな編成になる傾向があるが、そんな時にバランスの良い女性クラスを組み込むと隙を少なくすることが出来る。調整役としての役割を求められているため必要であればクロストレーニングなどを利用してパラメータを調整すると良いだろう。



Lv アマゾネス HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 3 5 4 5 5 5 5 -
1 ソルジャー
※ゾンビ
50 0 11 10 8 8 10 10 50
1 アマゾネス
※ゾンビ
48 0 10 10 8 7 10 12 50
1 アマゾネス 58 0 20 20 18 17 20 22 50
1 デニム 68 4 27 25 26 24 20 26 50
1 システィーナ 73 4 2 25 24 23 26 28 47
1 ゴブリン 65 0 26 25 23 23 25 25 50

 ソルジャーの女性版的な存在。こちらも大体レベル5~レベル7あたりでクラスチェンジができるようになるので方向性を決めてクラスチェンジさせると良いだろう。ちなみにアマゾネスのほうが天候補正が強に設定されていたり水中に侵入可能だったりと、ソルジャーに比べて若干だが優遇されている。

 基本的にはソルジャーと同じような扱いだが、アラインメントがLのユニットを育成するときには最速のAGIを誇っているという点には価値を見いだせるだろう。

 しかしアマゾネス経由でエンジェルナイトにしてしまうと実に微妙なユニットになってしまいさほど有効な選択でもなかったりする。打たれ強さと機動性を重視してプリーストにするのであればなかなかに意味があると言えるだろう。

 

Lv ヴァルキリー HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 8 2 6 4 6 5 4 5 -
1 ヴァルキリー 54 4 16 20 14 17 24 22 50
1 セリエ 70 7 23 25 21 23 29 28 45

 単純に前衛クラスとして使用するのであればビーストテイマーなどより優れたクラスが存在するのだが、魔法を使用できるという他の前衛ユニットとは一線を画する差別化が図られているユニット。杖を2本装備+天候補正強+属性一致魔法を使用させて打たれ強い魔道師として運用するとその性能を最大限発揮できるだろう。

 ウィザード等と違いホークマンやニンジャに接近されても平気で返り討ちにするのは非常に頼りになる。敵の弓兵などの位置も多少無茶して位置取りしても平気なので初心者にも扱いやすい。

 また、Lサイズや重戦士相手も横か背後からナイトメアを打ちこめば十分に行動不能にできるなど地味に小回りが利く点も良い。もちろん通常の前衛としても十分に耐えうるスペックを持っているため装備品での微調整が楽しいユニットでもあると言えるだろう。

 但しヴァルキリーは炎か風のエレメントにしておかないと使いやすい範囲魔法を使用できない点には要注意。地や水にするとMP消費の多いグラッグプレスやアシッドレインになってしまって魔術師として機能しにくくなってしまう。

 顔キャラはセリエがおり、通常のヴァルキリーより強いもののLUK45が前線に出すのを難しくしている。

 

Lv アーチャー HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 7 2 4 5 4 5 6 7 -
1 アーチャー 58 4 24 16 22 17 16 15 50
1 アロセール 73 7 29 22 27 23 23 25 53

 このゲームの中でも強力と言われる弓を得意武器としているクラスであり、VIT5とAGI6のおかげでかなりの耐久力も持ち合わせている。魔法を使うことはできないが咄嗟の壁として前線に出すことが出来るため器用なクラスが多い女性クラスの中でも特に重宝されているクラスである。

 しかしながら得意武器補正を除けばダメージ自体はアマゾネスと一致しており、後半出現するドラゴンなど装甲の固さに手を焼くユニットが増えてくる点には留意しておきたい。

 移動範囲が5であり段差に強いわけでもないので、とカノープスやホークマン、ニンジャなどと比べると機動力には結構な差をつけられている。基本的には自軍と足並みを揃えて運用することになるだろう。ミルディンという強力なライバルがいるためスペックの割にはスタメン入りできないこともしばしばある。

 反面敵として出てくると状況は一変し強力なユニットとしてプレイヤーの前に立ちはだかってくる。敵ユニットサイドは初期位置が高所に設定されているマップが大半なので、前述の微妙に足りない機動力が解消されているからだ。そのため打たれ強く、状態異常にも強いという長所と相まってかなり厄介な相手となる。

 顔キャラは最強の弓使いと名高いアロセールがいる。初期パラメータの底上げの効果は、微妙に火力不足になりがちなアーチャーにとって非常に恩恵が大きく、全体を通して見ても隙の少ないユニットに仕上がっている。

 

Lv ドラゴンテイマー HP MP ST VI IN ME AG DE LU
- 基本成長値 8 1 6 2 5 6 4 6 -
1 ドラゴンテイマー 54 18 16 48 28 3 24 8 50
1 オクシオーヌ 69 20 23 51 34 10 29 15 56
15 ヴァルキリー 180 46 114 90 112 101 94 104 50
15 ドラゴンテイマー 180 46 114 90 112 101 94 104 50

 レベル20あたりでクラスチェンジできるようになるクラスの一つ。STR6、MEN6、DEX6で魔法も行使可能とナイトとバーサーカーとヴァルキリーの攻撃性能を併せ持つようなクラス。天候補正強によってナイトの物理攻撃力と、バーサーカーのスペシャル技の威力を上回り魔法も十分実用の範囲、と汎用クラスの中でも指折りに攻撃的なクラスである。

 しかしその代償からかVITの成長が2と耐久性に不安を抱えており、最前線のドラゴンの支援効果を生かせる機会が失われてしまっている。基本的には専ら弓や魔法による攻撃かスペシャルによる攻撃に専念することになるのだが、その場合とっさの壁として機能させやすいバーサーカーやヴァルキリーと比べて緊急時の対応に弱いことを留意しておく必要がある。

 顔キャラはオクオシーヌがおり、レベルが高レベルで加入するのでスタメン入りはやや厳しいか。しかしLUK56という優れた数字で加入するので使いようは十分ある。

 内部データ的にみるとレベル15の時点でヴァルキリーと同一のステータスになるように設定されており、ヴァルキリーの上位クラスとしてデザインされていることが分かる。