ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト

 


 ウッドマン系の上位種。名前の由来はタイジュ=大樹だと思われる。今まで英語名が多かったのになぜ突然漢字表記が名前の由来になったかは不明である。

 中位種が持っていた回復能力は失われたが、味方モンスターの中で唯一プロテスとシェルを付与できるモンスターとなっており、一定の個性を発揮しているモンスターではある。


出現地域・密猟アイテム

モンスター名 初登場 出現場所 出発場所
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モンスター名 密猟(通常) 密猟(レア)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出現地域・密猟の解説
ディフェンダーは店売りでは購入できないものの、メリアドールやダイスダーグから盗むことが出来るので入手自体は簡単である。しかし第3章で入手できた場合は圧倒的な火力になるため、アグリアス愛好家などは粘っても良い。中位種を第2章で捕獲して置いて適当に散歩していれば良いので、養殖自体は簡単である。

 

 

平均値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
MOVE JUMP 回避
 
 
 
備考
 

 スピードこそウッドマンに劣るものの、特徴であった最大HPがさらに上昇しており非常に打たれ強くなっている。炎弱点は痛いが多少無理させても沈むことが少なくなっている。

 プロテスとシェルを両方付与できるため、ある程度相手によって使い分けが出来るようになっており、アビリティの質で言っても劣化チョコボからは完全に脱却しておりある程度は使いやすくなっている。

 
技タイプ SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
 
レベル Brave65 Brave97
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
回避不可な魔法AT攻撃で、上位種であっても攻撃手段は基本的にこれのみになっている。タイジュは味方へのサポートが豊富であるため、使用機会は非常に少ないものの、迎撃目的であれば結構なダメージを出すことが出来る。自軍サイドで使う場合はなるべく平坦な地形に誘導して戦闘を開始するべきだろう。
 
技タイプ SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
 
レベル Brave65 Brave97
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲーム終盤ではプロテスの有無で敵からの攻撃を耐えられる回数が変わることが往々にして存在するため侮れないアビリティである。高レベルになると成功率も著しく上昇するため、モンスター縛りなどでは戦闘開始時に付与しておくと格段に勝率が上がるのでお勧めである。
 
技タイプ SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
 
レベル Brave65 Brave97
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モンスターの攻撃の中にもシェルで軽減できるものは多いのだが、直感でわかりにくいものも少なくないので使い分けが肝心である。ゲームスピード的に言って、上記のプロテスと片方しか付与している暇がないこともあるため、相手を見てどちらを優先的に付与するか決めていこう。
 
技タイプ SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
 
レベル Brave65 Brave97
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まじゅう使い効果発動時専用のアビリティ。MPを回復するということで、実質的には人間パーティに組み込んだ時用のアビリティである。自陣のMP回復が恒久的に必要な状況であれば、モンスターなどを使っている余裕はなく、素直にチャクラ辺りを使えるユニットを組み込んだ方がよいため珍しいわりに使用機会が少ないアビリティと化している。

 

 

 異様に高いHPと味方の防御性能を上昇させるアビリティで、文字通り大黒柱をイメージしていると思われるモンスターである。しかしほとんどのプレイヤーからは密猟・養殖用のモンスターとして認識されてしまっている。

 味方サイドとして使う場合はプロテスとシェルにどこまでの価値を見出すかによって評価が変わるモンスターである。基本的には火力で押し切ったほうが簡単なゲームバランスにはなっているため、戦力として認識しているプレイヤーは少ないだろう。