ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト


 ナイト、弓使い、風水士、竜騎士、暗黒騎士に加えてたまねぎ剣士が装備できる。

 物理回避の判定は正面と側面のみに対して行われるのに対し、魔法回避は背後まで含めて全方向に対して行われる。物理攻撃を回避するリアクションアビリティは多いが、魔法を回避できるリアクションアビリティは限られているため、物理回避だけでなく魔法回避も重要な判断要素である。

 装備できるジョブが限られており、体装備や頭装備のように最大HPが上がるわけでないため、購入の優先度は結構低めである。

 特殊効果持ちの盾を優先的に購入しておけば、残りは途中加入してくるナイト系キャラのおさがりを使いまわすだけでも十分に効果を発揮できるだろう。



 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 一番最初に手に入る盾。物理攻撃回避は10%と低めではあるが、星座相性次第では一撃で戦闘不能になりかねないこのゲームで、10%の確率で生き残れるようになることを考えれば馬鹿に出来る確率ではない。

 人間キャラの攻撃だけではなく、モンスターの攻撃にも有効であるのは重要な一要素である。ジョブ特性の正面回避やスモールマントと組み合わせて使えば75%程度まで命中率を落とせるため、最低でも1枚は購入して置こう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 エスカッションから回避率が3しか上昇していない割には値段が倍近い水準まで上がってしまっている。

 時期的に言えば、物理攻撃よりも相手の黒魔法が怖くなってくる時期であるため、購入はコストパフォーマンスが悪いと言える。購入は見送ってしまって問題ないだろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 以降は黒魔法など物理攻撃以外の攻撃手段が脅威になってくるマップが多く、物理回避よりも魔法回避を優先したくなることが増えてくる時期である。

 決して悪い性能ではないものの、わずかにでも魔法回避はあったほうが良いため、エスカッションを装備させておいた方が有効に働くケースも多い。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 第2章から購入できるようになる盾。約20%の確率で物理攻撃を防いでくれるため、原始的なダメージレースを繰り返すランダムバトルでの利用価値は高い。

 しかし当面の間であれば、ガフガリオンとアグリアスが持っている盾を頂いてしまうだけでも十分に事足りるため、よほど重厚な騎士団でも編成していなければ購入しなくても事足りるだろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ゼイレキレの滝攻略後に購入できる盾。ちょうどこのタイミングでガフガリオンが味方ユニットから離脱し、ゴールドシールドを置いて行ってくれるため、あまりお呼びがかからない。

 またアグリアスの初期装備で一つ手に入ってしまっているわけで、そういう意味でも購入する意味は薄い。よほどのもの好きで無ければ、他のアイテムを優先して購入したほうが楽に攻略を進めることが出来るだろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ライオネル城到着後にショップに並ぶが、前述のとおりガフガリオンが一つ置いて行ってくれるため、わざわざ金を払って購入するかと言う疑問にぶち当たることになる。

 以降の戦闘は弓使いが出現することが多く、矢かわしや白刃取りなども習得が容易なタイミングでもないため、装備可能者が複数いる場合は購入を検討しても良いだろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 物理回避云々よりも、魔法の吸収、軽減効果が注目されている盾。これにラバーシューズを履いてしまえば敵の黒魔道士はそのユニットに対して有効打がなくなるため、状況次第で劇的に刺さる盾である。

 ラバーシューズの無しの場合は雷が弱点になってしまう点が少々痛く、サンダーなど直撃すると高確率で戦闘不能になってしまう。汎用性で言えばフレイムシールドのほうが使いやすいだろう。

 なお、ブレイズガンを無効化し、アイスブレスも無効化するためベイオウーフイベントでは大活躍である。氷吸収を利用してHP回復も出来るため、最低でも1枚買っておこう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 アイスシールドの属性変化版かと思いきや、何故かこちらの方が物理回避が上である。無効化出来る属性の違い分の差の調整だろうが、仕掛けられる機会が少ない水属性が弱点になるこちらの方が汎用性に優れており、なんだが統一感のない感じになってしまっている。

 雷に弱点属性がつかないため、単品で使うのであればアイスシールドよりもこちらの方が使いやすいと言える。水属性を被弾する機会は少なく、忍者のひょうすいのたまを被弾した時くらいだろう。

 ラバーシューズと組み合わせて使うならアイスシールドを、そうでないならこちらを使うと属性の弱点の関係から優れている。使い分けてこその盾であるため、敵の編成やマップを見ながら上手に使い分けていきたい。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 魔法回避50と言う素晴らしい数値に目が行く盾。他にも魔法AT+1と言うオプションも兼ね備えており、風水士や見習いラムザなどと高い親和性を持つ。

 その使用目的は多岐にわたり、単純に魔法回避目的で白刃取りをセットしたユニットに持たせても強く、また風水術や引き出すの威力上昇目的で持たせても強力である。

 意外と発動してしまった魔法を回避する手段に乏しいゲームであるため、よほどの資金不足でもなければ1枚~2枚程度は購入しておくと良いだろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 特殊効果こそないものの、1/3を超える確率で物理攻撃を回避し、魔法も回避を期待できるだけの水準を持つ盾。

 派手さはないものの、着実に打たれ強くしてくれるため、打たれ強さを補強したいユニットがいる場合は購入を検討しても良いだろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ダイアシールドに比べると物理回避が若干の上昇を見せたものの、魔法回避が下がってしまっているせいで逆に使いずらくなってしまっている。

 コストに合うだけの効果が得られるとは言い難く、資金の節約のためにも購入は見送ったほうが賢明だろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 オルランドゥ加入後に購入できる盾で、店売りの中では最大の物理回避率を誇る。オルランドゥの初期装備でもあるため、何もしなくても一つは勝手に手に入る。

 4割の物理回避は、戦技などのブレイク系を受けるときに大きく貢献するため、オルランドゥは基本的にこれを装備させっぱなしで問題ないと思われる。

 強力な盾ではあるが、複数購入するようなものでもないので基本的にはオルランドゥが持ってくる一枚だけ持っておけば十分だろう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 PSPで入手可能になったアイテムは基本的にゲームクリア後に毛皮骨肉店で売られているのだが、PS版からデータが存在していたこの盾は仲間に入れてもらえなかったようである。

 仮に手に入れられたとしても、総合的な耐久力で言えばクリスタルの盾に劣っており、ファッション目的以外では装備させる必要のない観賞用のアイテムになっていたと思われる。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 属性強化が嬉しい強力な盾。純粋な盾としての性能もクリスタルの盾を上回っており、非売品の設定に恥じぬ強力な盾である。

 PS版では一品物であったが、スマホ版では北天騎士団残党から一つ盗むことが可能で、PSP版では共同戦線で無限に入手することが出来る。

 黒のローブや百八の数珠無しで三属性を強化できるのは便利なため、編成に自由度が広がるため上手に使っていこう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 攻撃的な面が大きかったカエサルプレートとは反対で、防御に重点を置いているのがこのベネチアプレートである。

 三属性を半減するため黒魔道士にはかなり強く出れるようになっている。しかしティアマットなどを相手にする場合は半減でもあの世行きなることも少なくないためフレイムシールドなどとは上手く使い分けていきたい盾である。

 なお、この盾を装備した状態で見切るをセットしてしまうと、物理回避が100になってしまい敵ユニットが攻撃を仕掛けてこなくなる。逆の言い方をすれば相手に無駄行動を誘発させることが出来なくなるためデメリットになる面もあり、カエサルプレートと上手に使い分けたいところである。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 全属性を半減するというとてつもない性能を持った盾。ゲームクリア後に販売されているのだが、周回プレイをしている時などに使う場合、その汎用性は随一である。

 とがった性能こそないものの、思考停止で装備させて全く問題がないため、一度装備させたらそのままラスボスまでもっていってしまっても問題ないのは装備選択の負担を軽減してくれていると言える。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 たまねぎ剣士専用品であるオニオンシールドを除けば最大の回避率を誇る強力な盾。レーゼイベント中に一回しか入手する機会が無いため、面倒でもやり直して手に入れたい。

 非常に優秀な盾ではあるが、シナリオ上オルランドゥがすでに仲間に加わっており、装備での回避率などお構いなしにこちらを戦闘不能にしてくる相手が多いのも事実である。

 ヒュドラ系や魔法銃を相手にするのであれば属性耐性のついた盾を装備したほうが良いのは言うまでもないため、性能こそ最強だが、思考停止で装備させ続けるのは得策ではない。面倒がらず他の盾と使い分けよう。

 
価格 売却 物理回避 魔法回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 たまねぎ剣士専用の盾。カタログスペック上の性能こそエスカッション(強)を上回るものの、レバリーシールドに汎用性で大きく劣っており、何よりもたまねぎ剣士自体が使いにくいため、観賞用の装備に成り下がってしまっている。