ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト

辞書


 ダメージ=武器攻撃力×(物理AT+魔法AT)/2となっている武器。

 陰陽士、算術士に加えてたまねぎ剣士が装備できる。

 射程で言えば自動弓に近く、直線軌道であるため間に他のユニットがいるとそちらに直撃してしまう。計算式に物理ATが組み込まれているため威力を出しにくくなっている。さらに言うと、陰陽士、算術士のどちらも魔法AT依存の棒を装備できるため、ダメージ目的で装備させることは皆無だろう。

 低い威力で攻撃出来るため、経験値稼ぎ手段としてはそこそこ有効である。固有キャラで陰陽術をじっくり育てたい場合に活用すると良いだろう。



 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 割と早い段階で入手できるが、これと同時に棒であるバトルバンブーもショップに追加されてしまうため、基本的にこちらを買う意味はない。

 キュクレインを命吸唱で撃破する場合、複数人の陰陽士が必要になる。アグリアスに陰陽術を覚えさせるときに使用させればそれなりに便利だろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 王都ルザリア攻略後から購入が出来るが、同じ時期に棒の鉄扇(攻撃力9)が追加されてしまうため、相変わらず肩身が狭い。

 経験値稼ぎで使うならバトルディクトのほうが良かったりと、辞書の中でもとりわけ不遇な扱いを受けているアイテムである。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 オーボンヌ修道院攻略後に買えるようになる辞書。こちらも怪物辞典と同じ境遇に立たされており、同時期の棒のゴクウの棒が販売開始されてしまう。

 一応こちらは店売りで購入できる最強の辞書と言うことで、怪物辞典よりは存在価値があると言えるだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 密猟が必要だが一応最強の辞書。モルボルグレイトのレア枠での入手になるのでかなり手間がかかってしまう。それでも通常は棒のほうが強かったりとはっきり言って割に合わないと言える。

 モルボルは第2章からアラグアイの森(ゼイレキレの滝経由)で出現してくれるため、どうしても欲しければ事前に勧誘して置き、養殖がうまくいった段階で密猟すれば一応第3章開始時に入手することが出来る。