ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト


 ダメージ=武器攻撃力×魔法ATとなっている武器。

 白魔道士、時魔道士、召喚士、陰陽士に加えてたまねぎ剣士が装備できる。

 物理ATがダメージ計算に組み込まれていたロッドと違い、こちらは魔法ATが計算式に組み込まれている。そのためロッドと比べると打撃面でもある程度期待が持てる性能になっており、大体剣での打撃の半分程度のダメージは十分狙える。

 ロッドに比べると特殊な効果があるものが少なく、クリア前では魔術師の杖かいやしの杖の二択状態である。ロッドに比べると随分選択の幅が狭い。

 杖とロッドの両方を装備できる召喚士や陰陽士はともかく、ロッドを装備できない白魔道士や時魔道士が魔法攻撃力不足になりやすい一つの原因になっているため、帽子やローブなどは高性能なものをなるべく渡すようにしたい。



 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 基本的な性能はロッドと同じと思いきや、こちらは魔法ATを参照するため殴りつけるとそれなりのダメージを出すことが出来る。弱った相手への止め程度なら十分に狙えるだろう。

 ロッドほどではないが、回避率が15と高いためこちらも装備武器ガードとの組み合わせが有効である。おこぼれJpで習得できることも多いため、習得出来たら是非組み合わせて使おう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 死の宣告を解除できる以外はオークスタッフと一緒である。死の宣告を喰らう機会は早々無く、喰らったとしても3ターンの間に戦闘のケリがついてしまう事も多いため、わざわざ購入してまで対策する必要はないだろう。

 一応オヴェリアの初期装備で持ってきてくれるため、何もしなくても一本は勝手に手に入る。役に立つような代物ではないが金にはなるためありがたく頂いておこう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 殴るとHPを回復できる杖。ウッドマンのレア枠に設定されているため入手が面倒に見えるが、アルマが持ってきてくれるため、一本は自動的に入手できる。

 陰陽士など味方を回復させる手段を持たないユニットに装備させると効果的で、ユニットの役割をアビリティ枠を節約しながら増やすことが出来る。常用するようなものではないが便利であるのは間違いないため、間違って売り飛ばしたりしないようにしたい。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 アグリアス加入後から販売開始される杖。魔法AT+2のウィザードロッドと比べてしまうと少し物足りない気がするが、杖全体から見れば店売りで購入出来て性能も良いという、正に杖の中の優等生である。

 これより後半に登場する杖はクリア後限定だったり、個数限定だったりするため、基本的に汎用ユニットの杖はこれで固定で良いと思われる。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ゼイレキレの滝攻略後から購入できるようになる杖。なんの特殊効果も持たないため、殴るときはこれで!と言うスタッフからのメッセージだと捉えることが出来る。

 以降はムスタディオの救出や、敵召喚士からの魔法攻撃が増えてくるため、白魔道士がこれで悠長に殴っている暇がない戦闘が続く事になる。

 アイテムコレクター以外は進んで購入する必要は無いと言えるだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ゲームクリア後に販売されるリメイク版限定の杖。聖属性を持っているが、聖属性強化もも吸収もしないため、算術ホーリーなどで役立てることはできない。故に使用する意味合いは薄く、下記のドリームエイドを使ったほうが良いだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ニルヴァーナと同じくリメイク限定品。魔法ATの上昇量が大きいので、基本的にはこちらの方をメインに使うことになるだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 店売りで購入できる杖の中では最大の打撃力を誇る。ちょうどプラチナソードの半分の破壊力を魔術師系が打撃で出せる考えればそう悪い杖でもない。

 しかし魔術系のユニットが打撃を行うのは、精々戦闘終了間際の残党の処理程度であり、これを買ったからと言って勝てない戦闘に勝てるようになるという事態はまず起きないだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 リメイク含めても個数限定品。PS版は埋もれた財宝の1個のみ、リメイク版ではブレモンダ戦の戦利品としてもう一個手に入る。

 魔法AT+1は良いとしても物理AT+2とはいったいどういうことなのか謎である。せめて魔法AT+2であったならと思ったプレイヤーは多いだろう。

 一応風水術は物理ATと魔法ATの両方を参照にするため、サブアビリティにセットしている場合に出番があるだけマシだと言えなくもない。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ディープダンジョンに眠る最後の杖。リメイク版を含めてたった一つしか入手することが出来ない貴重品である。

 ここまで見ると強そうだが、実態は何の特殊効果のない杖である。「どこにでもありそうな棒切れ」と言うヘルプメッセージはこのアイテムのすべてを体現している。アイテムコレクターでもなければ無視しても良いんじゃないだろうか。