ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト


 ダメージ=武器攻撃力×(1~物理ATまでのランダム値)となっている武器。

 見習い戦士、風水士、暗黒騎士に加えてたまねぎ剣士が装備できる。

 ダメージのばらつきが非常に大きく、通常攻撃武器としての使用には耐えない性能をしている。反面ジャンプであれば攻撃力が常に最大値で計算されるため、ジャンプ用の簡易武器であると言える。

 ジャンプをするのであれば基本的に槍のほうが良いが、斧装備可能は見習い戦士で安価に習得できる上、斧は同時期の武器に比べると攻撃力が非常に高いため槍の代用品として認識されている。



 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 攻撃力が9もあるのになんと第1章のミルウーダ戦以降から販売されている。この時点で竜騎士になれる人は少ないだろうが、ジャンプで最大の打点を取りたいのであれば一考の余地はある。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 第2章のライオネル城到着後から販売される斧。槍がスピア(攻撃力9)であることを考えれば、基本的には槍を装備してジャンプするべきである。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 第3章王都ルザリア攻略後から購入できる斧。同時期の槍であるミスリルスピア(攻撃力10)に比べると、攻撃力が6も大きく、竜騎士以外でジャンプを使う場合に使用することも不可能ではない。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 クリア後に毛皮骨肉店で売られている斧。この頃になれば槍装備可能をセットしてのジャンプも容易いため、槍の代用品として価値はなくなってしまっている。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 同じくクリア後限定品の斧。金の斧らしく、売却価格が高めに設定されているが大した意味はない。こちらもジャンプ用の簡易武器としての価値は失われており、観賞用の武器以上の価値は見いだせなくなっている。