ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト


 ダメージ=武器攻撃力×物理ATとなっている武器。

 見習い戦士、ナイト、風水士、暗黒騎士に加えてたまねぎ剣士が装備できる。

 ナイフと違ってダメージの計算方法が素直であり、武器の交換の影響を大きく感じることが出来る。特にためるを連打した際の攻撃力の上昇幅が大きく、原始的な殴り合いになりやすい第2章辺りまでは有効な攻撃力強化手段。

 各種剣技を使用するのにはこれらを装備している必要があるのでブレイクをされることに気を付けたい。連戦などで武器を買いに行けない状況で武器破壊を喰らうと剣技そのものを封じられてしまうため注意して置こう。



 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ラムザやディリータが初期装備しており、雇用した男性見習い戦士もこれを装備している。

 見習い戦士の「ためる」を使用するとダメージが4ずつ上昇していく。2回ほど使えばマンダリア平原の殴り合いで格段に有利になるのでためるは最優先で習得しておきたい。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 アルガスの初期装備。アルガス初登場時にはこの剣による打撃でラムザやディリータを凌ぐ攻撃力を発揮するため、新しい武器の重要さを演出するのに一役買っている。

 イグーロス城到着後に買えるようになるが、かなり値が張るのが困りものである。序盤はポーションが生命線になることが多いので、ポーションやフェニックスの尾を買った上でさらに資金に余裕があったら買うくらいで良いだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ロングソードからさらに攻撃力が1上がった剣。これが出てくるころには流石にブロードソードでは厳しいため、ここら辺で武器の新調を行いたい。

 ドーターのスラム街の戦利品で一本は入手できるので、アルガスの初期装備のロングソードを取り上げるなり、店で一本新しく買うなりしてパーティ間で不足が出ないようにしよう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 意外かもしれないが、第1章から販売している。ミルウーダ戦終了後にショップに並ぶのだが、レナリア台地に到達して以降は目的地までの間に町はないため、購入したければ一度引き返す必要がある。

 ジークデン砦のアルガス戦は全戦闘を見直しても上位に入る鬼門であるため、苦戦するようなら戻って購入してくるのも悪くないだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ヒドラからの密猟がかなり難しいことを考えれば、実質的にガフガリオンから盗まないと有効に活用が出来ない特殊効果を持った剣。

 攻撃と回復を同時に行うことが出来るため、原始的なダメージレースで大幅に有利になれる。カウンターやハメどると組み合わせて使うと有効なため、使用者を選んで有効に使っていきたい。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ゼイレキレの滝攻略後に購入可能になる剣。ゼイレキレの滝でディリータが装備しているのもこの剣である。

 アグリアスに一本買い与えておくと、城塞都市ザランダとバリアスの丘での火力が一段階上昇してずいぶん楽になる。

 一時離脱の際に持ち逃げすることもなくちゃんと返却してくれるので、余裕を持った戦闘をしたい人は買い与えておくと良いだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ドンムーブの追加効果がある剣。第3章初期から売っている割には攻撃力も追加効果も優秀で、しばらくの間主力になるケースも。

 敵ナイトの攻撃力も上がってきている時期であり、これで殴られて大ダメージを受けた後ドンムブ状態にされることもある。この時期から敵ナイトにはうかつに近寄らないような立ち回りを心がけたい。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 古代の剣の亜種で、こちらは対象を睡眠状態にする。ドンムブとどちらのほうが優れているかと問われると難しいが、敵魔術師系も無力化出来るこちらの方がどちらかと言えば優れていると言える。

 しかし睡眠状態は敵ユニット間でパーティアタックを行いたたき起こしてくることも多いため過信は禁物である。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 追加効果がなくなった代わりに攻撃力が一段階上昇した古代の剣or眠りの剣。通常ユニットが打撃目的で使うのであれば眠りの剣辺りを使っていたほうが良いため、購入は微妙である。

 アグリアスに使わせるのであればこちらのほうが良いが、ほどなくしてルッソがアイスブランド(攻撃力13)を持って登場してしまう上に城塞都市ヤードー到着後にプラチナソード(攻撃力12)を購入出来てしまうため活躍の期間が短い。

 資金不足に陥っているのであればこれはスルーしてしまっても良いだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ラファ初登場の城塞都市ヤードー攻略後にショップで購入できるようになる。眠りの剣などと比べれば攻撃力が3も増えているため、聖剣技の威力が激増する。

 同じく城塞都市ヤードー攻略後にショップに並ぶブレイサーと一緒に装備させると非常に強力で、ねじりの鉢巻き+力だすき+ブレイサーで物理AT+7から繰り出される聖剣技は、中衛以下の相手を一撃で戦闘不能にしうる強さである。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 氷属性を持つ剣で、第四章開始直後から販売している。この氷属性と言うのがポイントで、力だすきを装備できないナイトであっても黒のローブ(属性強化)を装備すれば攻撃力を上昇させられるため、力だすきを装備できないという弱点を緩和して使うことが出来る。

 黒のローブ自体は城塞都市ヤードー攻略後から販売しているため、タイミングを見て購入して置いてセットで使うと良いだろう。

 リメイクの追加キャラであるルッソが一本持って来てくれるため、早いタイミングで黒のローブとの組み合わせが可能になったのはありがたい限りだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 オルランドゥ加入後になるため入手はかなり遅れてしまうが、それを差し引いてもかなり強力な剣。攻撃力14は他の武器では簡単に到達できない数値であり、オプションでついている魔法AT+2のおかげで魔法AT依存のをサポートアビリティにセットしているキャラにとっては最終武器の筆頭である。

 特に風水士と相性が良く、二刀流にして魔法AT+4にしたり、イージスの盾+魔法攻撃力UPで風水術の攻撃力を最大限高めたりも出来る。便利なので最低でも一本は買っておいた方が良いだろう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 ネルベスカ神殿に埋まっているおもちゃ。この剣に限らず武器の追加効果は1/8の確率で発動するが、頼るには少々頼りない確率である。

 異様に低い攻撃力はパーティアタックを行う時に便利。オルランドゥやベイオウーフなどを育てる場合、これを装備させて味方ユニットを延々と殴っていれば順調に成長するため出来るだけ拾っておこう。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 クラウドがリミットを使う際に必須になる剣。ベルベニア活火山の山頂に埋まっている以外はレベル96以上の敵忍者が投げてくる以外は入手できず、実質的には一品物である。

 それだけにブレイクされてしまうことには細心の注意を払っておきたい。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 PSP版では共同戦線の報酬として入手できるようだがスマホ版ではゲームクリアデータがある端末では第3章以降に毛皮骨肉店で売り出される。

 エクスカリバーの剣版とも言えるとてつもない性能を持つが、使えるのはゲームクリア後からである。とは言っても同一端末内であれば別のセーブデータで第3章から使用できるので、周回プレイの時には驚異の強さを発揮する。

 
価格 売却 攻撃 回避
 
 
 
 
販売時期 備考
 
 

 たまねぎ剣士専用。たまねぎ剣士は「たたかう」しか選択できないため、ただのネタ武器と化している悲しい剣である。