ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト

 


 本作最強と名高いオルランドゥの専用ジョブ。聖剣技、暗黒剣、剛剣をすべてを使いこなせるという、頭がおかしいとしか思えない超性能を誇っている。

 確実に仲間になる上に初期状態から恐ろしい性能を持っているのが最大の特徴でバランスブレイカーと言うことで知られている。しかし現実的な話をすると、オルランドゥを仲間にするまでストーリーを進めていれば、もはやゲームバランスと言う概念は半ば形骸化しているのも事実である。

 彼の加入は形骸化しつつあったゲームバランスに止めを刺すような形になり、加入以降は発動されたら100%戦闘不能にされる「息止め」や長射程で100%石化状態にする「封印」などを敵が使ってくるようになる。他にも3回くらいあの世へ行けそうなトリプルフレイムも登場するなど、SRPGの概念を根本から覆す超次元の戦闘が平常運転で行われる。

 味方サイド、敵サイドの双方の火力バランスを破壊することでバランスを取るという斬新なバランス調整が行われておりこれはこれでバランスが取れているのがある意味では見事である。しかし終盤はお互いの強い部分を押し付けあうだけの大味な戦闘になりやすいのも事実であり、適度なゲームバランスを楽しみたいプレイヤーからは封印されてしまう事も少なくない。


各種成長・装備品等

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
補正率
 
 
 
 
 
MOVE JUMP 回避
 
 
 
武器 防具 アクセ
 
 
 
Jobチェンジ条件
 
備考
 

 全ての成長値、補正値が平均以上と言うとてつもないステータスをしている。特に魔法ATの伸びが素晴らしく、ドーピング育成でものまね士を経由しなくても済むため非常に育成が行いやすい。

 成長さえさせればアグリアス以上に魔法を使いこなせるのも長所である。さらに騎士剣を装備しつつ、帽子、服を装備できるのは、たまねぎ戦士を除けばラムザ、オルランドゥの他にはバルフレアしかいない。

 初期状態の装備からねじりの鉢巻きと力だすきを装備させ直すだけで、並大抵の相手は聖剣技の一撃圏内に入ってしまい、以降は一撃で敵を倒すだけの戦闘が繰り広げられることになる。

 

 

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 アグリアスの場合は一撃で倒せない相手に使用する機会はそれなりにあったが、オルランドゥの場合は火力自体が非常に高い上に、剛剣も持っているので使用機会はアグリアスよりも少ないと言える。

 しかしいくらオルランドゥでも星座相性最悪の敵戦士系であれば一撃で倒せないケースも無くはないため、限定的ではあるが使用する機会はあると言える。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 アグリアスの場合、無双稲妻突きが範囲の関係上選択が出来ない場合の消去法での選択肢であったが、オルランドゥの場合は剛剣で何とかなるケースもあるので、ただでさえ使用頻度が少ないのにさらに使用頻度が減ってしまっている。

 一応追加効果が発動しても致命的ではないという意味で、味方のパーティアタック用に仕えなくもない。特に天使の指輪装備のベイオウーフを殴るのであればデメリットはないに等しく、魔法剣のショック!を最大限に活躍させることが出来る。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 ランダム性はあるが相手を一撃で倒せるという効果は、オルランドゥのような強力なユニットであっても例外ではない。

 特に星座相性最悪の相手は一撃で倒せない相手も多いので、補助的な使い方をする聖剣技の中で特に選択がされやすい剣技であると言える。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 オルランドゥの奥義とも言える聖剣技。3種の剣技を使えるオルランドゥの中でも特に使用頻度が高く、複数の敵をまとめてなぎ倒していけるため最優先で習得させておきたい。

 余談だが、チャーム状態になったオルランドゥに使われると全滅の恐れがある危険な技である。ン・カイの腕輪を装備させるなどして対策を怠らないようにしたい。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 全剣技の中でも最大のダメージを誇る。チャージ状態の相手に向かって使えば星座相性次第で999ダメージが出ることも珍しくない、全剣技の奥義的な存在。

 オルランドゥ自体がかなり素早く、移動力も高い上、初期装備のエクスカリバーで縦横無尽に動き回れるために特殊な効果範囲でも複数の敵をまとめて攻撃しやすい。

 PSP版では装備箇所のない部位に対する強甲破点突きのダメージが上昇しこれと一緒になった。効果範囲や高低差への対応が異なるので使い分けると良いだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 対象者に通常攻撃と同じダメージを与えつつ体防具を破壊するという強力な剣技。相手が体防具を装備していない状態だとダメージが聖光爆裂破と同一まで上昇するのでモンスター相手でも極めて有効である。

 オルランドゥの場合は体防具を壊す以前に相手を戦闘不能にできてしまうケースも多いが、星座相性が悪いなどの理由で倒せない場合に選択肢に入る。

 しかしナイトのブレイク系と同じく、どうせ破壊するのであれば武器を破壊したほうが無力化出来るケースが多いため、強力な攻撃手段の割に優先度は低いほうである。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 頭装備を破壊するバージョン。頭装備は特殊効果を持っているものが多いため、命中させれば戦況を有利にしてくれる。

 しかし武器を破壊したほうが早いという事実は変わっておらず、習得は後回しにしてしまったほうが良いだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 武器を破壊できるバージョン。基本的に武器さえ破壊できてしまえば大抵の前衛ユニットは機能不全に陥る。

 オルランドゥ加入後に戦う剣技の使い手は基本的に剛剣使いばかりのため、敵の剛剣を封じるのにも便利な手段である。

 しかし相手の剣技使いは強力な騎士剣を持っていることも多いので、必要に応じて盗むと使い分けるのを忘れないようにしたい。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 アクセサリを破壊できるバージョン。戦技ではアクセサリを破壊できないので、盗む以外でアクセサリをひっぺがす貴重なアビリティである。

 しかし基本的にアクセサリの役割は補助であるため、使い勝手が良いかと言われると微妙と言わざる得ない。他の剛剣と同じく武器を破壊したほうが無力化を行いやすいため、習得は後回しにして問題ないだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 敵のMPにダメージを与えて同量の数値のMPを回復する。これを使用できるということは他の剣技も使えるわけで、必然的にMP補給目的でこれを使用することは皆無である。

 ほぼすべての相手のMPを一撃で0にできる関係で、敵の魔術系キャラを簡単に無力化することが出来る。稼ぎの部分で役立つアビリティなのだが、習得Jpが若干大きいのが気になるところだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 ガフガリオンのイメージが強いこの技だが、当然ながらオルランドゥも行使することが出来る。ジョブの性能差もそうだが、装備品の向上の影響もあってガフガリオンのものよりも威力が格段に向上している。

 剣聖のHP補正値は非常に高く、この剣技によってHP供給が簡単に行えるため、原始的なダメージ耐性は味方キャラの中でも屈指の高さである。

 習得Jpもかなり低めに設定されているので真っ先に習得させておけば長期戦でも無類の強さを発揮してくれる。

 

リアクションアビリティ

 
取得jp 発動条件
 
 
効果
 
備考
 

 HPが高いため、対ダメージ関してはかなりの撃たれ強さを持つオルランドゥとこのアビリティの相性はそれなりである。

 しかし敵モンスターの上位クラスはこちらを行動不能にしてくるケースも多く、ノックバックによって余計な状態異常攻撃を喰らう機会が増えないとも言い切れない。

 時期も時期であり、余計なランダム要素がないほうが戦況は安定する時期である。最初から習得してセットされているケースも多いが、基本的には解除しておいた方が安定するだろう。

 

サポートアビリティ

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 これをセットするくらいであれば剣装備可能をセットしたほうが良いのはアグリアスと一緒である。

 オルランドゥは聖剣技以外にも暗黒剣と剛剣を使えるためなおさらその傾向が強い。趣味で習得する以外の価値は見いだせないだろう。

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 魔法系ユニットとして動かせなくもないが、オルランドゥでそれをやる必要性は皆無である。

 これも習得するのは趣味の範囲と言って間違いないだろう。

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 かなりの序盤に加入するオルランドゥとしては、手軽に習得出来て見切る状態になれる数少ない手段である。

 エクスカリバー自体の回避率が35と高いので、装備武器ガードと組み合わせて使った時の手軽な防御効果を紹介しているサイトは多い。

 更に防御まで併用するとエクスカリバーの回避率だけで70%まで到達する。単純なダメージ防御だけでなく、ブレイクや盗むにも耐性が取れるの手軽に防御効果を高めたい特に導入するのは悪い話ではない。

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 火力が高すぎるせいで、パーティアタックを繰り返すJp稼ぎが行いにくいため、Jp稼ぎを行う際はこれをつけて行うことが必須である。

 一番原始的な方法は、ラムザのおなじまいとポーションを双方に掛け合う稼ぎ方だろう。カエルなどでも良いが、下準備なしで始められることらは手軽さと言う意味では圧倒的に楽である。

 パーティの主軸である関係上、メンテナンス、オートポーション、Move+2、テレポ辺りまでは頑張って覚えておくと汎用性が出て便利だろう。

 

ムーブアビリティ

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 剣聖のMoveが4であるため、最低限これを習得しておけばMove5になるため移動に苦労することは少なくなるだろう。

 更に習得する各種剣技も射程や高低差に優れたものばかりであるためなおさらである。闇の剣の次ぐらいに習得させても良いんじゃないだろうか。

 

Lv1から99まで上昇させた場合

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
オルランドゥ
 
 
 
 
 
能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
補正率
 
 
 
 
 
オルランドゥ
 
 
 
 
 

 全ステータスの成長、補正値ともに非常に高く、ドラグナーのレーゼを除けば他のキャラクターの追随を全く許さない。男性でカンストユニットを作りたければオルランドゥで確定だろう。

 魔法ATが高い成長をしているため、魔法ユニットとして使っても一級品の強さを発揮するユニットである。強さを求めるプレイヤーであれば加入直後からラスボスまでエースを張り続けるであろう最強クラスのユニットである。