ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト

 


 リメイクの際にたまねぎ剣士と一緒に追加されたジョブ。ジョブチェンジ条件はもはや趣味の領域ではあるためゲームバランス上の影響は皆無だが、ゲームとしての世界観に与えた影響は決して小さくはない。

 各種剣技はどれだけ鍛えても汎用ナイトでは扱うことができなかったため、騎士団長格だけが使用できる派手なエフェクトと高い威力をも持つ剣技は、汎用ジョブからすれば正に憧れの存在であった。しかし暗黒騎士が剣技キャラに匹敵する強さを持つため、鮮烈な印象を持った剣技キャラの印象が若干ぼやけてしまっている。

 しかしそれでも魅力的なジョブであることは疑いようのない事実であり、特に戦闘開始直後に画面端で叫んでいたラムザにとっては大躍進である。搦め手で誤魔化しながら倒していたウィーグラフをダメージレースで正面突破出来るようになったりと、遊び方の拡張性という意味では上手く調整ができた追加ジョブだと言えるだろう。


各種成長・装備品等

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
補正率
 
 
 
 
 
MOVE JUMP 回避
 
 
 
武器 防具 アクセ
 
 
 
Jobチェンジ条件
 
備考
 

 物理ATの補正値は全ジョブでも最高値を誇り、柔軟性の高いアビリティもあって火力の高さは汎用ジョブの中でも随一と言っても良い。

 反面戦士系ジョブにも関わらず、防御関連の成長値や補正値は低めである。防御に重きを置いたナイトに比べると火力重視の前のめりなジョブとして設計されている。何気に服を装備できるのでナイトよりも拡張性で上回っており、総合的な戦闘能力は汎用ジョブの中でもトップクラスである。

 ジョブチェンジ条件の撃破数とは相手を倒した上で、クリスタルか宝箱になるまで放置しなければならない。かなり時間がとられるため、暗黒騎士にするユニットは事前に決めておいて、集中的に敵を撃破させるようにしたい。

 

 

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 エフェクトも含めて基本的な仕様は闇の剣とほぼ一緒である。一応ダークナイトの完全上位互換にならないように最終ダメージが闇の剣の80%になるように設定されている。

 威力は下げられたが、高射程、即時発動、追加効果ありのアビリティという事を考えれば圧倒的に高い攻撃力を持っている。

 これを覚えてさえいれば強敵ウィーグラフ相手でも強引に正面突破することが可能である。カジュアルプレイの域は出ないが、ドラマチックな演出が好きな人は是非試してみよう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 エフェクトも含めて基本的な仕様は暗の剣とほぼ一緒。こちらも完全上位互換にならないよう、最終ダメージが暗の剣の80%になるように設計されている。

 とは言っても概ねの相手のMPを一撃で0にしてしまうことは容易く、使い勝手は特に変化は無いと思って間違いないだろう。

 本家の暗の剣はジョブ稼ぎなどで活躍の場があったのだが、暗黒騎士にジョブチェンジできる時点でジョブ稼ぎが不要なくらい育成は済んでおり、活躍の場面は少ないと思われる。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 技の仕様としては聖剣技の乱命割殺打に近い性能をしており、射程や高低差などに共通点が見られる。技の威力が若干低めの代わりに追加効果が強力なストップであるなど、どちらかと言えば廉価・マイナーチェンジ版と言った感じである。

 しかしそんな廉価版であっても汎用ジョブの中では破格の性能を持っているのは疑いようのない事実である。乱命割殺打が聖剣技の中では中堅クラスのアビリティである事を考えれば、このアビリティによって聖剣技がいかに狂った性能を持っているかについて再認識させられたプレイヤーも多いだろう。

 エフェクトは魔法剣のショック!と同じである。エフェクト自体はかっこ良いものの、魔法を唱える際に出るエフェクトまで使い回されており、溢れ出る手抜き感を隠しきれなくなっている。

 なお、名前の通り武器を使った打撃に近いフレーバーが付与されているためか、属性は武器に依存する。そのため聖属性を持つ暗黒を駆使することも可能であるため、どこかにいる謙虚なナイトは大喜びだったことは確定的に明らかである。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 特殊な範囲を持つアビリティで扇形に範囲が広がっている。遠くに行くほど威力が下がってしまうため、実は結構扱いが難しい。特に三段目の威力は激減してしまうため要注意。

 使用時に最大HPの20%をコストとして消費してしまう。止めを刺し損ねると反動ダメージが原因で地面に転がる羽目になりかねないので要注意。なお、消費コストはMPすり替えが有効であるので覚えておくと役立つ場面もあるだろう。

 エフェクトは地烈斬と一緒である。偶然にも高低差の有効範囲も2と一緒であるため、何となくイメージがつきやすいと言える。

 なお悪魔の刃のわりには属性は武器に依存する。ありがたくはあるが、習得Jpが1000と高めなのが少々気になると言えるだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 こちらは上記までのアビリティと違って侍の引き出すをモチーフとしてデザインされている。敵味方の識別は行わないものの、魔法ATの影響を強く受ける点や効果範囲など似ている点が多く、さらに言えばエフェクトも虎鉄と一緒である。

 最大の特徴は最大HPの30%をコストとして消費し、そのコストがダメージにそのまま上乗せされる点だろう。ダメージ計算式の関係上、威力に性別差が出にくく、固定ダメージの部分も多いため、正に暗黒の中の奥義とも言える存在。

 物理ATも魔法ATも上昇させやすいラムザにとって相性が良く、最もダメージを上昇させやすい。こちらもMPすり替えとセットで使えば反動コストを踏み倒せるので覚えておこう。

 

リアクションアビリティ

 リアクションアビリティは存在しない(´・ω・`)

 

サポートアビリティ

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 最大HPが20%上昇する。この上昇は装備品には適応されないためセットしても思ったほど最大HPが伸びないというジレンマを抱えている。例えばレベル50のナイトにセットするとHPの上昇は40前後であり、サポートアビリティとしては少々味気ないと言える。

 暗黒騎士のHP補正値が80なので、これをセットするとHP補正値96となるため、暗黒騎士の最大HP補強用としてデザインされていると思われる。

 悪くはない性能だが、やたら習得Jpが高いのに加えて後半は最大HPからでも平気でオーバーキルされるケースも少なくないため防御面では微妙である。どちらかと言えばイービルデッドの火力アップ兼耐久力の水増しで使われるケースがほとんどだろう。

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 自分が関与するすべてのダメージが1.5倍になるという漢らし過ぎるサポートアビリティ。暗黒騎士はややHPが含めではあるものの、広範囲のアクションアビリティを持つため一撃で多数の相手を仕留めるのであれば十分に使える。

 特に後半になるほど平然とオーバーキルされることも珍しくなく、HPなどあってないような状況に陥ることも少なくないためデメリットはそこまで大きくはない。

 但しアタッカー以外には全く無意味なサポートアビリティである。ジョブチェンジさせて回復役などとして起用するときに外し忘れるとデメリットだけ残ってしまうので注意しよう。

 

ムーブアビリティ

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 PS版では踊り子でしか習得することが出来なかったため、実質的には女性専用のムーブアビリティだったのだが、男性暗黒騎士で習得できるようになったおかげで性別に関係なく習得できるようになった。

 男性でも習得できるようになったのはありがたい点ではあるが、実質的にはテレポの下位互換のムーブアビリティであり、暗黒騎士にジョブチェンジできるキャラが積極的に起用することはあまり考えられないだろう。

 というよりも暗黒騎士にジョブチェンジできる育成環境が整ってさえいれば、時魔道士にしてテレポを習得することは簡単だと思われる。素直にテレポを習得してセットしたほうがずっと使いやすいだろう。

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 Jump+3とは反対で、こちらはPS版では吟遊詩人でしか習得することが出来ず、実質的に男性専用のアビリティであったのだが、女性暗黒騎士で習得できるようになったため女性でも習得出来るようになった。

 長い距離の移動を必要とする場合はテレポでは安定しないため、こちらはテレポとはまた別のベクトルのアビリティである。この点を考えれば、Jump+3が習得できるようになった男性よりも、Move+3を習得できるようになった女性のほうがリメイクの恩恵が大きいと言えるだろう。

 捨て身をセットした暗黒騎士の場合はテレポ失敗は割とシャレにならない事態である。確実に長距離移動できるこのアビリティと暗黒騎士との相性は概ね良好なため、男女問わず習得しておくと便利だろう。

 

Lv1から99まで上昇させた場合

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
基本値(男)
 
 
 
 
 
基本値(女)
 
 
 
 
 
能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
補正率
 
 
 
 
 
実数値(男)
 
 
 
 
 
実数値(女)
 
 
 
 
 

 単純な成長率で言えばナイトに劣っており、このジョブでわざわざレベルアップを繰り返すのは旨みがないと言える。とは言っても暗黒騎士になれる時点でかなり大量のレベルアップがされており、あまり気にする必要はないだろうが。

 物理ATの補正率は味方の人間キャラの中ではトップを誇り、この状態で繰り出される暗黒は強力の一言である。反面防御面での補正値が低くなっており、HPの高めな連中が多い固有キャラと比べるとやや打たれ弱さが目立つ。

 このジョブのまま使っても十分に強いものの、アビリティの暗黒自体が非常に強力なため、必要なアビリティを習得した後は他のジョブで暗黒を使ったほうが良いだろう。特に見習い戦士のラムザと暗黒は相性が良く、アグリアスと肩を並べて剣技を使えるため、華やかさと言う意味で、リメイクにあたって大きく貢献したジョブである。