ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト

 


 特徴的な名前から知名度は高いが、意外とナンバリングでの登場が少ないジョブ。シリーズの中でも一貫して他のキャラのマネをする特徴を持っており、コストの大きい召喚魔法などもマネできるため、多少工夫するだけで十分強力であった。

 と言うのもナンバリングは普通のRPGであったため、ものまねするタイミングを任意で調整できたというのが大きい。変なタイミングでターンが回ってきても他のキャラを待ってから行動すればよいため、不確実性に対応しやすかったわけである。

 FFTの場合は味方ユニット、ゲストユニット、一時的に味方になったチャームユニットの行動を勝手にマネてしまい、しかも向きなどの調整も困難であるため上記のような汎用性は失われており、非常に扱いが難しいものになっている。


各種成長・装備品等

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
補正率
 
 
 
 
 
MOVE JUMP 回避
 
 
 
武器 防具 アクセ
 
 
 
Jobチェンジ条件
 
備考
 

 HP、物理AT、魔法ATの成長が凄まじい数値を誇り、ドーピングレベルアップで大活躍している。特に魔法ATはごく一部の固有ジョブを除けばものまね士でしか成長させることが出来ず、最強ユニットを作りたければものまね士へのジョブチェンジは必須である。

 反面MPの成長と補正値は壊滅的な数値になっている。ものまね行動の魔法にはMPの消費はないため普通の戦闘要員として起用する場合は問題ないが、カンストユニットを作りたい場合はそれなりに障壁になる。その場合は召喚士を混ぜてMPを成長させよう。

 女性専用装備も含めて装備を一切できず、アビリティも一切セットできないため優れた物理成長値、補正値を持っていてもかなり打たれ弱い。使う場合はプロテスやシェルなどで保護しないと、ものまねする間もなく沈んでしまうので注意が必要だろう。

 

 

勝手にセットされているのでアクションアビリティと扱って良いのか微妙だが、ものまね行動の使用をここで解説しておくことにする。他のサイトでも解説されていたりするが、より詳しく解説しておくことにする。


上記のような仕様があるため、ものまね士を活用することは簡単ではない。また、防具を装備できず、リアクションアビリティも付けられないこともあって、ものまね云々の前に打たれ弱いため、ものまね士を自在に操るのは非常に困難である。


 それでもものまね士を使ってみたい人のために現実的な運用方法を紹介しておくことにする。これらは大きな工夫は不要であるため、テクニカルな戦闘を楽しみたい人は導入してみても面白いだろう。

 

リアクションアビリティ

 リアクションアビリティは存在せず、またほかのジョブで習得したリアクションアビリティもセットできない。

 

サポートアビリティ

 サポートアビリティは存在せず、またほかのジョブで習得したサポートアビリティもセットできない。ただものまね士には精神統一、格闘、まじゅう使いがデフォルトでセットされている。

 

ムーブアビリティ

 ムーブアビリティは存在せず、またほかのジョブで習得したムーブアビリティもセットできない。とは言えMove4でJump4であるためテレポには流石にかなわないがそれなりの移動力を持っている。

 

Lv1から99まで上昇させた場合

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
基本値(男)
 
 
 
 
 
基本値(女)
 
 
 
 
 
能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
補正率
 
 
 
 
 
実数値(男)
 
 
 
 
 
実数値(女)
 
 
 
 
 

 HPの成長率は正に驚異的とも言える成長をする。物理AT、魔法ATの成長率も素晴らしく、ドーピングレベルアップの際の主要ジョブとして扱われているのがわかるだろう。

 ただしMP成長はもはや無いのに等しく、レベル99まで上昇させても基礎値が60程度までしか上がらないという絶望的な数値である。

 しかしやりこみ前提であれば、MPを必要としない攻撃手段も多く、風水術などでもダメージがカンストしてしまうためMPが重要でないのも事実ではある。ドーピングレベルアップで迷ったら、とりあえずものまね士と忍者でレベルアップを行い、アイテム士や吟遊詩人などでレベルダウンを行っておけば間違いないと覚えておこう。