ファイナルファンタジータクティクス(FFT)を攻略・分析するサイト

 


 ナンバリングシリーズには登場していないジョブで、話術を使って戦うという変わったアビリティを持っている。成功率は低めながら、すべて即時発動する上に盾やマントの回避率を貫通するため一発逆転を狙いやすい。

 服装は何とも言えないような恰好をしており、貴族のような恰好をしている。ジョブの意味合いからすれば商売人として成り上がった豪族や成金をイメージしていると思われる。

 このゲームに限った話ではないが、SRPGでは口達者な連中が多く、命がけで戦っている最中でも平気でベラベラ喋りだしている。少し不自然ではあるが便利なアビリティも多く、必要Jpも少ないので最低でも何名かはジョブチェンジさせておきたいジョブである。


各種成長・装備品等

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
補正率
 
 
 
 
 
MOVE JUMP 回避
 
 
 
武器 防具 アクセ
 
 
 
Jobチェンジ条件
 
備考
 

 魔法系のジョブツリーにいるにも関わらず魔法への信仰を捨て去っているようで、杖やロッドを装備できず、短剣や銃を装備できるという異色のジョブである。

 一応は帽子とローブを装備できため陰陽術程度であれば遜色なく使用することが出来る。陰陽術の成功率自体に魔法ATはほぼ無意味であるためできる芸当なので、反対に黒魔法などを使わせると必然的に威力はかなり物足りないものとなる。

 魔法銃が出てくる後半は火力不足が解消されて一変して強力なジョブになる。フェイス操作を考えるならばなるべく早めにジョブチェンジする必要があり、どうやって誤魔化しながら運用するかがプレイヤーの腕の見せ所だろう。

 

 

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 敵ユニットを味方ユニットに引き入れる。一時的に仲間にするのであればチャームなどのほうが簡単だが、装備品などを欲しい場合はこちらのほうが便利。

 勧誘で仲間にしたユニットの装備をすべて剥ぎ取り除名する通称「追い剥ぎ」と呼ばれる行為だけでは飽き足らず、クリスタル化させて継承させるという非道な手段をとるプレイヤーも多く、プレイヤーの良心が試されるアビリティである。

 ある意味では一撃で相手を戦闘不能にして、かつ味方ユニットを一人追加するアビリティであるので一発逆転要素が大きい。第3章のガフガリオン戦などでは、このアビリティの成否が決着がつくケースもあり、運ゲーを仕掛けるときに覚えさせておくと便利である。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 成功率が低く、対象も1人のみであり、行動不能にするわけでもないという使いどころに困るアビリティである。

 使用目的で言えば当然敵ユニットへの妨害であるが、それならばJp300で取得できるダーラボンのまねを使ったほうが成功率、範囲ともに優れており基本的にこちらの出番はない。

 しかしこちらは状態異常を付与する類のものではないため、リボンや状態異常をガードする装備で固めた相手にも通用するという意味で一応は差別化が図られている。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 ブレイブを4上昇させるアビリティ。基本的には便利なはずのアビリティなのだが、ラムザが第2章で上位互換である「はげます」を習得するため、劣化はげますとしての印象が強い。

 無論ラムザにガッツ以外をセットしたい場合や、はげますと併用して味方のブレイブ強化をしていきたい場合は有効ではある。

 戦闘終了後にはブレイブ変化量の1/4が戦闘終了後も引き継がれる関係で、これを1回成功させるたびに戦闘終了後のブレイブが1上昇する計算である。地味だが確実に強くなっていくので余裕がある場合は積極的に使っていきたいアビリティである。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 ほめるとは反対にブレイブを低下させるアビリティ。成功率が高い上に減少量もほめるの5倍であるなど、妨害に徹した性能を持っている。

 しかしチキン状態を狙うのであれば3回程度成功させなければならず時間がかかりすぎる感も否めない。成功率の高さを生かして埋もれた財宝の回収には使えるだろう。

 敵モンクやモンスターなどのブレイブと攻撃力が密接に結びついている相手に使えば攻撃力がガタ落ちする。覚えておくと意外な場面で役立つだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 意図的にフェイスを上昇させる数少ない手段。吟遊詩人のフェイスアップは実質男性限定である上に、発動条件が魔法のみと極めて使いにくいため、味方サイドでフェイスを上昇させるのであれば実質これ1択と言っても過言ではない。

 肝心の成功率は低めなため、上昇させたいユニットとは星座相性の良いユニットを事前に作っておくと良い。例えば誕生日がデフォルトのラムザのフェイスを97にしたければ巨蟹宮の女性ユニットを魔法系ユニットとして育てておけば、お互いに説法しあうことで簡単にフェイス97と84まで上昇させることが出来る。

 はげますと違って必中ではないため、フェイスを上昇させるのに苦労したプレイヤーは少なくないだろう。陰陽術などはフェイスの高さで使い勝手がガラリを変わるため、なるべく早めに習得しておく事をおすすめしたい。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 おどすのフェイス版である。こちらも成功率が非常に高く、減少量も大きいためフェイス操作も減少のほうが簡単である。

 フェイスが低いというのは案外悪いことばかりではなく、敵からの魔法攻撃の大半を無効化出来るため意外と防御面では役に立つ。蘇生もモンクの蘇生やフェニックスの尾があるため割と何とかなる。

 シャンタージュ、リボン、エクスカリバーを装備させた状態のアグリアスであれば味方のサポートは一切不要であるため、思い切ってフェイス3まで下げてしまうのも一つの手だと言えるだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 名前からわかるように死の宣告を付与する話術。成功率が低めな上に死の宣告自体も3ターンの時間を要するため非常に悠長なアビリティである。

 死の宣告を受けた味方ユニットは敵から全くターゲッティングされなくなるとう謎の仕様があり、これを悪用(?)して敵陣に突っ込ませる戦法もなくはないが、モンクの秘孔拳辺りで行ったほうが簡単だろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 ギル盗りと同じだけのギルを入手できるアビリティ。こちらはハイト差に強く、遠距離からでも使えるため実質的には上位互換。エフェクトが多少長いものの、話術士でJp稼ぎをする場合はこれを連打しているだけで効率よくJpを稼げる。

 まじゅう語をつけておけばモンスターやルガヴィ相手にも商談することが出来る。色々とシュールでは有るが、パーティ強化には便利なので上手に使っていこう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 即発動で高低差にも強い、相手のフェイスに依存しないなど、勇猛狂符の上位互換的存在。敵を無力化するのであればダーラボンのまねのほうが良いが、味方に使用することでオート戦闘に利用したりできる。

 それ以外では睡眠耐性を持った相手に使うくらいだろうか。強力な効果であるのは間違いないが、原則として相手の射程範囲でバーサーク状態にしてしまうわけで白刃取りなどをセットして置かないと手痛い反撃を喰らいかねないので一応注意しておくべきだろう。

 
取得jp SP 消費 属性
 
 
 
 
射程距離 射程垂直 効果範囲 効果垂直
 
 
 
 
回避 効果
 
 
備考
 

 話術士の中でも際立って強力なアビリティである。魔法ATを上げておけば成功率を50%以上にすることも容易く、高射程で即時発動、高低差にもある程度強いなどJp300とは思えない破格の性能である。

 夢邪睡符とは一長一短の関係にある。こちらはモンスター相手だとまじゅう語必要である。どちらも強力なのでマップや自軍の編成でうまく使い分けよう。

 

リアクションアビリティ

 
取得jp 発動条件
 
 
効果
 
備考
 

 話術を無効化するアビリティ。話術はあらゆる回避手段を貫通して成功率が決まるため、任意で防御したい場合はこれ以外選択肢がないという事情がある。

 しかし実際に相手から話術を喰らう機会があるかと皆無であると言わざる得ない。このような事情があって実際にこれをセットして戦闘に挑んだ人は皆無であると思われる。

 

サポートアビリティ

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 銃は高射程で物理ATや魔法ATに威力が依存しないため、アイテム士や話術士などの低ステータスな連中でも一定の効果を発揮するため安定性が非常に高い。

 特に後半に入手できる魔法銃はフェイスさえ高めておけばかなりの高ダメージを叩き出すことが出来る。フェイスを97にできるラムザに使わせれば簡易剣技とも言えるほどの破壊力になるため、余裕があったら是非とも習得しておきたい。

 
取得jp 効果
 
 
備考
 

 モンスターは勧誘を使っても説得できるが、こちらは瀕死にすれば良いためこちらのほうがはるかに簡単である。

 成功させたときは当然残りHP20%以下の状態でゲスト状態になるので注意。仲間にしたい相手を最後に調教するか、別途手厚く保護する手段を用意しておきたい。

 

ムーブアビリティ

 ムーブアビリティは存在しない(´・ω・`)

 

Lv1から99まで上昇させた場合

能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
成長率
 
 
 
 
 
基本値(男)
 
 
 
 
 
基本値(女)
 
 
 
 
 
能力値 HP MP SP 物理AT 魔法AT
補正率
 
 
 
 
 
実数値(男)
 
 
 
 
 
実数値(女)
 
 
 
 
 

 魔法への信仰心を捨てたリアリストであるためなのか、MPの成長が非常に悪い。補正率も悪いため、MPはほとんど装備品に依存する形になる。

 MP以外の補正も悪いため、基本的に戦闘には不向きである。スピードこそ平均値であるため、なるべくなら銃を使わせて戦うべきだろう。

 平均以下のステータスであるが故に、どのアビリティから習得するかも重要である。ダーラボンのまねや悪口を筆頭に習得していき、Jp稼ぎ用に商談辺りも習得しておくと後々便利だろう。