ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

コロマージ(コロマジ)


 コロボックル族の魔法使い。メラゾーマがある分だけプチマージよりも恵まれていると言える。まぁどの道使う機会は皆無なのでフレーバー的な意味合い以上の価値は薄いが。

 こちらも魔法使いとしてのデメリットの部分だけ特徴を引き継いでおり、力や最大HPが結構低め。ただでさえあまり強くないコロボックルシリーズの中でも戦闘力は最低クラスである。

 とは言ってもこいつが居ないとコロボックルシリーズが揃わないので、何だかんだで愛好家たちは彼を仲間にするべく妖精の国へ乗り込むのであった。



覚える呪文・特技
Lv1 イオナズン Lv5 メラ Lv8 ヒャド
Lv10 ルカニ Lv20 ルカナン Lv30 メラミ
Lv40 メラゾーマ Lv55 ドラゴラム Lv- -
装備なし状態の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
× × × × × × × ×
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
× × × × ×

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×

 

幼年期

 妖精の国フィールドで出現する。ルカニ後にダメージが集中すると戦闘不能になり易いので地味に危険な存在である。

 

青年期前半

 青年期前半は出現しない(´・ω・`)

 

青年期後半

 妖精の国フィールドに出現し、同じく1/16で加入する。シリーズの宿命として、最大HPが耐久力の大きな指針となるのだが、そこの伸びが悪いためにコロボックルシリーズの中でもかなり打たれ弱い。

 プチマージもそうだが、せめて素早さが非常に伸びるとかであればまだ使いようがあったのだが、ヒーローと同程度までしか伸びないので先制行動も安定しない数値である。

 1回程度使用可能な程度のMPを持ち、幸せの帽子を装備出来ていたらずいぶん話は違っていただろう。調整不足感が半端ない仲間モンスターである。

 

最終装備例
装備品の名称 上昇値・備考
グリンガムのムチ 攻撃力+100
みずのはごろも 防御力+55
ダークシールド 防御力+37
サタンヘルム 防御力+30
エルフのお守り 各種耐性
星降る腕輪 すばやさ2倍
被弾する呪文・特技
呪文・特技 フバーハ無し フバーハ有り
しゃくねつ 135 67
はげしいほのお 50 25
かがやくいき 130 65
凍える吹雪 55 27
メラゾーマ 85 85
ベギラゴン 25 25
イオナズン 80 80
マヒャド 61 61
バギクロス 46 46
最終装備時の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
×
25
×
0
×
25
×
25
×
0
×
0
×
0
×
0

1/4

1/1
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当

1/4
×
1/1

1/4

1/4
×
1/1

1/1

1/1
×
1/1
×
1/1
×
1/1

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×
・下の数字 → 装備品のダメージ減少量

 

耐性の解説・その他

 プチマージと同じく、魔法使いとしての短所の部分だけ色濃く表現されてしまった悲しいモンスターである、耐久力が低い上、特技も実質使えないとなると役割が持てない。

 もう少しなんとか設定出来なかったのかと思わずにはいられない雑な調整である。ちなみにモデルになったドラクエ3の魔法使いは後半に素早さが伸びて割と先制できる水準に落ち着くのだが、最後こそそこそこ伸びるものの道中はヒーローと同程度である。

 コレクションモンスターと言えと結構あんまりな調整だと言えるだろう。レベル99にすればエスターク戦でメラゾーマが活きるかもしれないが。

ステータスの推移
Lv HP MP 経験値
1 25 0 18 15 17 20 25 0
5 47 0 20 15 24 30 31 2988
10 65 1 30 25 30 55 30 9467
15 86 1 37 40 34 76 40 27382
20 109 2 42 57 41 92 51 71453
25 153 3 50 63 49 113 57 138414
30 191 5 57 70 58 131 64 230315
35 208 6 59 77 64 152 66 386335
40 222 10 65 84 65 173 69 667570
45 244 14 68 93 65 190 72 1160363
50 250 21 72 99 64 201 80 1722758
99 350 52 126 180 131 255 130 7234227