ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

コロプリースト(コロプリ)


 コロボックル族の僧侶。ベホマを覚えない代わりにベホマズンとマヒャドを覚えると言うずいぶんと大振りな習得特技になっている。どの道使用できるだけのMPが無いのであっても無くても変わらないが。

 他のコロボックルシリーズと同様にステータスはプチット族のコピペ。僧侶なのに最大HPが510まで伸びるなど謎が多い仲間モンスターである。

 コロボックルシリーズだけでエスタークを撃破したい場合は、一回だけ打てるベホマズンはそこそこ貴重かもしれない。が使うとしてもそれぐらいしか使いようが無いモンスターである。



覚える呪文・特技
Lv1 ベホマズン Lv5 ホイミ Lv8 キアリー
Lv10 ベホイミ Lv20 キアリク Lv30 ザオラル
Lv40 ザオリク Lv55 バギクロス Lv- -
装備なし状態の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
× × × × × × × ×
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
× × × × ×

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×

 

幼年期

 妖精の国のフィールドで出てくる。ホイミで仲間を回復させるのでちょっと面倒である。

 

青年期前半

 青年期前半には出現しない(´・ω・`)

 

青年期後半

 他のコロボックルシリーズと一緒で妖精の国のフィールドで出てくる。加入確率は1/16とまぁまぁのため粘れば仲間にはできるだろう。

 相変わらずの劣化人間キャラぶりを発揮してくれるのだが、装備品はみずのはごろもを装備出来るので趣味でで使えなくもない。

 それなりに伸びるHPを活かせばアイテム係くらいは勤まるかも知れないが、安定性にかなり欠ける。観賞用のモンスターの域を出ることは少ないだろう。

 

最終装備例
装備品の名称 上昇値・備考
グリンガムのムチ 攻撃力+100
みずのはごろも 防御力+55
ダークシールド 防御力+37
サタンヘルム 防御力+30
エルフのお守り 各種耐性
星降る腕輪 すばやさ2倍
被弾する呪文・特技
呪文・特技 フバーハ無し フバーハ有り
しゃくねつ 135 67
はげしいほのお 50 25
かがやくいき 130 65
凍える吹雪 55 27
メラゾーマ 85 85
ベギラゴン 25 25
イオナズン 80 80
マヒャド 61 61
バギクロス 46 46
最終装備時の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
×
25
×
0
×
25
×
25
×
0
×
0
×
0
×
0

1/4

1/1
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当

1/4
×
1/1

1/4

1/4
×
1/1

1/1

1/1
×
1/1
×
1/1
×
1/1

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×
・下の数字 → 装備品のダメージ減少量

 

耐性の解説・その他

 シリーズ恒例のザル耐性である。プチット族よりもコロボックル族のほうがザキ耐性に弱いようで、プチプリーストが完全耐性なのにこちらは強耐性止まりである。どの道ゲマ戦で活躍は厳しいスペックなので大したもんでもないのだが。

 種で補強すれば結構使えるんじゃないかと思いきや、ザオリク、フバーハまで使える上にメガザルまで使えるスライムベホマズンが居るのが辛い。さらに言えばスライムベホマズンは種による補強が不要な上にあっという間にカンストする。比較される相手が悪すぎた感じがある。

 コロボックルパーティでゲームクリアを目指す際であれば、エスターク戦で奥義的なポジションでベホマズンが光るかもしれない。

ステータスの推移
Lv HP MP 経験値
1 40 0 20 15 45 20 25 0
5 64 0 29 15 44 32 30 2988
10 83 1 39 25 48 52 30 9467
15 134 1 51 40 52 73 40 27382
20 161 2 58 60 57 91 50 71453
25 204 3 64 65 57 112 57 138414
30 251 5 69 72 58 133 64 230315
35 271 6 74 89 60 152 66 386335
40 288 10 84 87 61 170 68 667570
45 312 14 92 94 60 187 71 1160363
50 339 21 104 102 69 196 78 1722758
99 505 52 200 180 130 255 130 7234227