ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

ケンタラウス(ケンタス)


 天空への塔で出てくるモンスター。ドラクエ6でも高い塔にてユニコーンが登場し、さらには馬車の馬がペガサスになったりしていたのだが、ドラクエシリーズには塔と馬はセットの組合せのようである。

 習得する特技は便利なものが揃っているが、いかんせん必要経験値が多すぎると言える。ベホマ一つを覚えるにしても30万以上の経験値が必要なためラスボス戦に間に合わない可能性が高い。

 フバーハも習得する頃にはスライムベホマズンがカンストしてしまっている頃である。ダメージ耐性も低いので結構使いにくい感が目立つ仲間モンスターである。



覚える呪文・特技
Lv3 ベホイミ Lv5 やけつくいき Lv9 トヘロス
Lv15 イオラ Lv20 バイキルト Lv23 ベホマ
Lv27 フバーハ Lv- - Lv- -
装備なし状態の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
× × × × × ×
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
× × ×

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×

 

幼年期

 幼年期は出現しない(´・ω・`)ジャミは出るけど

 

青年期前半

 青年期前半は出現しないが、青年期前半のラストが色違いのジャミである。

 

青年期後半

 天空への塔にて出現する。ここにはスライムベホマズンやゴーレム、ソルジャーブルなども出現するので仲間モンスター集めに悪くないので覚えておくと良い。

 悪くないステータスに優れた特技を持つのだが、必要経験値が非常に高いのがその特徴を台無しにしている感がある。まともにプレイしていたらバイキルトを覚えるのがせいぜいだろう。

 魔界到着くらいでベホマ、バイキルト、フバーハが揃っていれば結構有用だったのだが時期や成長テーブルに恵まれなかったと言える。

 

最終装備例
装備品の名称 上昇値・備考
ふぶきのつるぎ 攻撃力+105
ほのおのよろい 防御力+70
ほのおのたて 防御力+40
グレートヘルム 防御力+45
エルフのお守り 各種耐性
星降る腕輪 すばやさ2倍
被弾する呪文・特技
呪文・特技 フバーハ無し フバーハ有り
しゃくねつ 160 80
はげしいほのお 75 37
かがやくいき 100 50
凍える吹雪 25 12
メラゾーマ 110 110
ベギラゴン 50 50
イオナズン 80 80
マヒャド 31 31
バギクロス 36 36
最終装備時の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
×
0
×
30
×
0
×
0
×
0
×
30

0

0

1/4

1/1
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当

1/4

1/1

1/4

1/4

1/1

1/1

1/1
×
1/1
×
1/1
×
1/1

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×
・下の数字 → 装備品のダメージ減少量

 

耐性の解説・その他

 吹雪耐性に偏らせているが、別に好みで選んでも良いだろう。習得特技自体は優秀で、特にベホマとバイキルトとフバーハを同時に習得できるのはケンタラウスだけである。

 こいつを強くしすぎると男の子と女の子の存在意義が薄れてしまうためこのような調整になったと考えられる。三つ揃う頃にはとっくに戦いのドラムを入手しているタイミングなので、要するに必要経験値を多めにすることで有用になりすぎないように設定したわけである。

 成長させればそれなりに強いことは間違いないので、気になる人は使ってみるのも悪くないだろう。リメイクで1/16加入になるなど加入させやすくなっているので、その実力を試しやすくなっている。

ステータスの推移
Lv HP MP 経験値
1 122 22 89 69 84 25 54 1370
5 130 29 89 71 84 25 59 12064
10 164 39 95 80 84 30 67 62154
15 200 75 115 81 85 37 82 175421
20 240 89 123 88 85 44 110 311962
25 278 101 130 96 86 50 128 138414
30 316 113 137 104 87 56 128 585045
35 350 123 139 112 88 59 134 721586
40 384 133 141 120 89 63 140 860688
45 397 142 148 130 89 66 145 1057691
50 410 151 155 141 90 70 150 1359819