ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

プチマージ(プチマジ)


 プチット族の魔法使い。「MPがロクに成長しない」というプチット族の宿命の影響をもろに受けることになった悲しみに満ちた仲間モンスターである。

 プチプリーストが謎に肉弾戦が出来るように調整されていたのに対し、こちらは力は半分程度、最大HPは350程度と魔法使いとしての短所だけを忠実に割り当てられてしまった感がある。

 どの道趣味で使う仲間モンスターと言えど、肉弾戦で戦うしかない連中のためこのような調整は実際先頭にさせる分には結構きつく、プチット族の中でも謎の格差が生まれたとも言える。



覚える呪文・特技
Lv1 イオナズン Lv5 ギラ Lv8 ルカナン
Lv10 イオ Lv20 ベギラマ Lv30 イオラ
Lv40 ベギラゴン Lv- - Lv- -
装備なし状態の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
× × × × × × × ×
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
× × × × ×

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×

 

幼年期

 幼年期には出現しない(´・ω・`)コロマージは出る。

 

青年期前半

 青年期前半には出現しない(´・ω・`)

 

青年期後半

 プチプリーストの出現地域とまったく同じで、天空への塔周辺及び迷いの森周辺で出現する。元になった魔法使いがベギラゴンを早期習得するのに対しこちらは習得してもMPが足りないと言う悲しい状況。

 みずのはごろもを装備出来るがどの道ダメージ耐性が皆無なため戦線に出したとしても安定しない。ザキ・麻痺に強耐性なのが唯一の救いだがゲマ戦でもとても使えないだろう。

 なぜマージだけここまで力や最大HPが下げられたのだろうか。プリースト450程度、マージ400程度にすればそれっぽくて良かったような気がするのだが。

 

最終装備例
グリンガムのムチ 攻撃力+100
みずのはごろも 防御力+55
ダークシールド 防御力+37
サタンヘルム 防御力+30
エルフのお守り 各種耐性
星降る腕輪 すばやさ2倍
被弾する呪文・特技
呪文・特技 フバーハ無し フバーハ有り
しゃくねつ 135 67
はげしいほのお 50 25
かがやくいき 130 65
凍える吹雪 55 27
メラゾーマ 85 85
ベギラゴン 25 25
イオナズン 80 80
マヒャド 61 61
バギクロス 46 46
最終装備時の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
×
25
×
0
×
25
×
25
×
0
×
0
×
0
×
0

1/4

1/1
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当

1/4
×
1/1

1/4

1/4
×
1/1

1/1

1/1
×
1/1
×
1/1
×
1/1

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×
・下の数字 → 装備品のダメージ減少量

 

耐性の解説・その他

 プチット族の宿命としてダメージ耐性を全く持っていない。魔法使いとしてのフレーバーを出すために下げられた最大HPも謎の低さと相まってプチット族の中でも随一で耐久力が無い。

 イオナズンを打てるのもレベル50付近までレベルが上がってからとなる。趣味で使うモンスターと言えど正直言って雑すぎる調整であると言わざる得ないだろう。

 しかしこいつが居ないとプチット族パーティが組めないため、趣味パーティを組みたい人は上記のデメリットなど全く気にせずパーティに組み込むようである。可愛さの勝利だと言えるだろう。

ステータスの推移
Lv HP MP 経験値
1 25 0 18 15 17 20 25 0
5 47 0 21 15 23 31 31 2988
10 66 1 31 25 30 54 30 9467
15 85 1 37 41 34 75 40 27382
20 108 2 42 56 41 91 51 71453
25 152 3 49 63 50 112 57 138414
30 192 5 56 70 59 133 64 230315
35 207 6 60 77 63 153 66 386335
40 224 10 64 84 64 172 69 667570
45 243 14 68 92 65 191 72 1160363
50 251 21 72 100 64 201 79 1722758
99 350 52 125 180 130 255 130 7234227