ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

さまようよろい(サイモン)


 ドラクエシリーズでは戦士タイプの登場人物として「サイモン」を名乗るキャラクターが登場していたが、リメイクにあたってさまようよろいにこの名前が与えられた。

 道中はスライムナイトの素早さを若干削って力に振り分けたような成長を持つためアタッカーとしてはまずまずの強さを発揮してくれる。

 最大HP510の壁を突破するキャラであり、最後は650までHPが伸び続ける。総合的な強さはスライムナイトには劣るがそれでもバランスの良いステータスと装備のおかげで十分に活躍が出来るだろう。



覚える呪文・特技
Lv- - Lv- - Lv- -
装備なし状態の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
× × × × × × × ×
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
× ×

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×

 

幼年期

 幼年期には出現しない(´・ω・`)

 

青年期前半

 この辺りはスライムナイトと比べて若干低い素早さが気になるころである。耐性装備も登場していないので素通しのダメージ耐性もちょっと気になる。

 もえさかるかえんやベギラマなどの直撃を受けてスライムナイトの優秀さを再認識したプレイヤーも多いだろう。

 とは言え装備品に優れ、主人公、スライムナイトと使い回しがしやすいのは大きな長所で普通に活躍できるだろう。スラムナイトの耐性がこの時期とマッチしすぎているだけである。

 

青年期後半

 神秘の鎧を装備させるとかなりの固さを見せてくれるようになる。無論スライムナイトと取り合いになってしまうのだが。

 優秀な装備品を活かしてボスに合わせて装備品を使い分けたい。通常プレイだと全属性に弱体性を持つアンクルホーンが最大のライバルとなる。

 常時1.5軍ぐらいのポジションに落ち着くところも共通している。カンストを狙うほど育てない限りアンクルホーンのほうが強いんじゃないだろうか。

 

最終装備例
装備品の名称 上昇値・備考
ふぶきのつるぎ 攻撃力+100
ほのおのよろい 防御力+70
みかがみのたて 防御力+55
グレートヘルム 防御力+45
エルフのお守り 各種耐性
星降る腕輪 すばやさ2倍
被弾する呪文・特技
呪文・特技 フバーハ無し フバーハ有り
しゃくねつ 145 72
はげしいほのお 60 30
かがやくいき 115 57
凍える吹雪 40 20
メラゾーマ 95 95
ベギラゴン 35 35
イオナズン 80 80
マヒャド 46 46
バギクロス 46 46
最終装備時の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
×
15
×
15
×
15
×
15
×
0
×
15
×
0
×
0

1/4

1/1
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当

1/4

1/1

1/4

1/4

1/1

1/1

1/1

1/1
×
1/1
×
1/1

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×
・下の数字 → 装備品のダメージ減少量

 

耐性の解説・その他

 まずまずなステータスと優秀な装備品を持つモンスターなのだが、ライバルが初心者救済四天王の2匹だったのが運のつきだった感のあるモンスター。十分に強いモンスターなのだが比較対象がゲームバランスの段階から計算した上で配置されているモンスターなので、まぁ仕方ないだろう。

 ただ殴らせるにしても「呪文つかうな」に設定しておけばあまり性能差は発生しないため、通常プレイの範囲内では彼らの下位互換な感じが否めない。

 HPの差をもっと早い段階でおこなうように調整するとか、みのまもりが200まで伸びるとかにすれば、もう少し差別化出来たような気がする。

ステータスの推移
Lv HP MP 経験値
1 60 0 60 15 45 20 25 0
5 97 0 75 27 46 20 30 1891
10 125 0 78 39 49 25 31 5263
15 148 0 85 49 52 32 40 14666
20 175 0 105 59 55 41 52 51819
25 198 0 115 68 57 47 60 114857
30 225 0 125 74 58 52 66 201376
35 277 0 133 76 58 58 68 348239
40 300 0 145 82 60 62 72 612942
45 325 0 156 90 60 68 74 1076759
50 365 0 165 91 68 74 81 1606076
99 630 0 255 138 121 111 132 6793384