ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

くさったしたい(スミス)


 お馴染みのゾンビ系のモンスター。加入確率は1/32なのだが、各地での出現率が高いためあっさりと起き上がることもしばしばである。

 ゾンビをベースにデザインされているからか、ザキと麻痺に完全耐性をもつ。リメイクされるたびに貫通力が上がっているのでようやくスポットが当たる姿も見られるようになった。

 問題は装備品だろう。耐性つきの防具を一切装備できず、序盤は装備品自体がほぼ手に入らないなどかなり不遇な時期が続くことになる。スタッフの見落としかと思われていたが、リメイクされた際でも改善されることは無かった。つくづく装備品に恵まれないかわいそうなキャラである。



覚える呪文・特技
Lv5 なめまわし Lv5 毒こうげき Lv10 冷たい息
Lv15 さそうおどり Lv20 どくの息 Lv25 もうどくのきり
装備なし状態の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
× × × × × × × ×
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
× × × × ×

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×

 

幼年期

 序盤は残念ながら出現しない(´・ω・`)色違いも出ない。

 

青年期前半

 イメージに違わず地下が好きなようで、サンタローズの地下やラインハットの地下に出現する。前述のとおりやたら出現率が高いので起き上がるときはあっさり起きあがる。

 ラインハット編では装備品に欠点を抱えており、オラクルベリー到着以降に調達できる装備品で装備させると、素手、ぬののふく、せいどうのたて、てつかぶとが最強装備である。武器はルラフェン、防具はチゾットまで行かないと次の装備品を調達できない。

 滝の洞窟で麻痺全滅を回避したり、ザキ無効を活かしてミミックへの打撃係としてそれなりに役割があるが、メインで使う性能ではないと言える。

 

青年期後半

 ゴンズに誘う踊りを使うことで動きを止めると言う戦法があったのだが、こわもてのカカシの登場によってその役割も失ってしまった。

 サタンヘルムやデビルアーマーなど入手できるため、最低限の物理戦闘能力を得ることが出来るようになるのはありがたいが、上位互換的な存在が次々に登場するため居場所は無くなってしまうだろう。

 ステータスが順調に伸び続ければ、ゲマ対策としてそれなりに存在価値があっただけに調整不足感が否めないモンスターである。

 

最終装備例
装備品の名称 上昇値・備考
デーモンスピア 攻撃力+99
デビルアーマー 防御力+65
ダークシールド 防御力+37
ちりょくのかぶと 防御力+40
エルフのお守り 各種耐性
星降る腕輪 すばやさ2倍
被弾する呪文・特技
呪文・特技 フバーハ無し フバーハ有り
しゃくねつ 160 80
はげしいほのお 75 37
かがやくいき 130 65
凍える吹雪 55 27
メラゾーマ 110 110
ベギラゴン 50 50
イオナズン 80 80
マヒャド 61 61
バギクロス 46 46
最終装備時の耐性
メラ ギラ イオ ヒャ バギ ザキ 麻痺
×
0
×
0
×
0
×
0
×
0
×
0
×
0
×
0

1/4

1/1
眠り 幻惑 呪封 混乱 休み 魔吸 ルカ 自爆 体当
×
1/4
×
1/1

1/4

1/4

1/1
×
1/1

1/1

1/1
×
1/1
×
1/1

・完全耐性 → 完
・強耐性  → ○
・弱体性  → △
・無耐性  → ×
・下の数字 → 装備品のダメージ減少量

 

耐性の解説・その他

 装備品がオラクルベリー周辺からきちんと入手できれば「耐久性を犠牲にした代わりにザキ・麻痺完全耐性を得たキャラ」として個性があったのだが、なんだか調整ミスが拭えない感じのモンスターになっている。

 焼けつく息はともかく、ミミックはマホトラをしたり天空の盾を使用したりすればどうにでもなる要素のため、活躍できる時期が極めて限られているキャラクターである。

 また装備品も使い回しがあまり効かないため実際にスタメンにされることは少ないだろう。装備品が豊富であれば十分に使用に耐えうるスペックを持つだけになんだか残念な気分になれるモンスターである。

ステータスの推移
Lv HP MP 経験値
5 90 0 58 10 8 10 0 2021
10 100 0 65 13 15 21 1 6004
15 150 0 72 20 20 25 3 17850
20 210 0 84 27 22 30 6 50852
25 250 0 91 31 26 40 8 108403
30 290 0 99 35 30 50 11 196698