ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

装備グループ(魔法系)の概要


 名前の通りに魔法使いをイメージした装備品が並んでいる。貧弱な装備品しか装備出来ないイメージとは違い、実はそれなりに装備品は優秀な部類である。魔法使い系の割に、覚える呪文が微妙なラインナップだったり、MPが微妙に低かったりと、テンプレート通りの活躍は難しいのが特徴。

 代わりに武器の面ではそこそこ優れており、モーニングスターを装備できる上に、エルヘブンまで行ってはがねのムチを購入出来れば打撃もそれなりにこなすことが出来る。耐性と耐性装備の相性も良く、総合的な耐久力は魔法使いのイメージよりはかなり固いと言えるだろう。

 しかしながら全体的に最大HPの伸びが悪いので、装備品で耐久力の貧弱さを補い切れていない感がある。有効に使えばそれなりに活躍できるが、居ないなら居ないで全く困らない連中が揃う装備グループだと言えるだろう。



モンスター名 火炎 吹雪 メラ ギラ イオ ヒャ バギ
まほうつかい ×
ゴースト × × × × × × ×
エンプーサ × × × × × × ×
ネーレウス ×
コロプリースト × × × × × × ×
コロマージ × × × × × × ×
プチプリースト × × × × × × ×
プチマージ × × × × × × ×

 

装備可能鎧

 魔法使い系らしく、重たい鎧などは一切装備することが出来ない。代わりに水の羽衣を装備出来るので、鎧では十分すぎるほど優秀な装備が出来ると言える。

 リメイクにあたってグランバニアへの洞窟で一つ確定入手が増えたので、使用するのであれば優先的に装備させると良い。

 けんじゃのローブを装備できないのが残念ではあるが、ダークローブを装備することが出来るので、耐性の優秀な連中は、実は剣士系に勝るとも劣らない耐久力を持つ。

装備品の名称 火炎 吹雪 メラ ギラ イオ ヒャ バギ
ぬののふく+4 0 0 0 0 0 0 0
たびびとのふく+7 0 0 0 0 0 0 0
けがわのマント+18 0 0 0 0 0 0 0
みかわしのふく+28 0 0 0 0 0 0 0
やすらぎのローブ+33 0 0 0 0 0 0 0
まどうしのローブ+37 0 0 15 15 0 0 0
ふしぎなボレロ+37 0 0 0 0 0 0 0
みずのはごろも+55 25 0 25 25 0 0 0
ダークローブ+55 0 0 20 20 0 20 20

 

装備可能盾

 鎧や服と違って盾は割と貧弱な部類であるが、うろこの盾止まりの嫁連中から比べれば、十分な防御力をもつダークシールドを装備出来るだけ恵まれていると言える。

 耐性こそないものの、この装備グループの連中とみずのはごろもの耐性は概ね弱点を補うような形になっているため、盾に耐性装備が無くてもあまり問題なくなっていると言える。

 問題はダークシールドが手に入るタイミングである。ボブルの塔まで魔法使い系を連れて歩いている人は果たしてどれくらい居るのだろうか。

装備品の名称 火炎 吹雪 メラ ギラ イオ ヒャ バギ
かわのたて 0 0 0 0 0 0 0
うろこのたて 0 0 0 0 0 0 0
ダークシールド 0 0 0 0 0 0 0

 

装備可能兜

 帽子類も割と変則的な装備品が揃っている。魔法使い系であれば装備しておきたい幸せの帽子が装備できないと言う悲しみを背負っており、魔法使いとしての技能を嫁や女の子に明け渡している感がある。

 しかしサタンヘルムを装備出来るのはそれなりに重要で、風の帽子(守備力+28)よりも優れた装備品に間違いは無いので、帽子類に関しては及第点だと言えるだろう。

 盾もそうだが、ダークシールドもサタンヘルムも敵ドロップを頼らないのであれば、拾える1点しか入手できない事には注意。あまり無いだろうが、複数の魔法使い系をパーティに加えたい場合の意外な落とし穴になるので注意しておこう。

装備品の名称 火炎 吹雪 メラ ギラ イオ ヒャ バギ
かわのぼうし+2 0 0 0 0 0 0 0
けがわのフード+11 0 0 0 0 0 0 0
シルクハット+20 0 0 0 0 0 0 0
サタンヘルム+30 0 0 0 0 0 0 0

 

装備可能武器

 魔法使い系なのにイマイチ頼りにならない魔法のラインナップと、魔法使い系ないのに無駄に充実した装備品の影響によって、活躍させたければ強力な武器の配布は必須である。

 魔法使いを仲間にできる時点で、ポートセルミでモーニングスターを購入できるのでそれなりに攻撃が出来るようになる。最速で仲間にしてもベギラマを覚えるのが割と遅いため、モーニングスターを振り回していた方が早いケースも少なくない。

 魔法を覚えないエンプーサもこの装備グループに割り当てられているせいで結構割を食ってしまっている感がある。最速でラインハット編で仲間になるが、実際に活躍できるのは結局モーニングスター購入からである。

装備品の名称 攻撃力 特殊効果他
ひのきのぼう 2 なし
たけのヤリ 5 なし
かしのつえ 22 なし
どくがのナイフ 24 1/6で麻痺にする
いかずちのつえ 29 使用でベギラマ
てんばつのつえ 35 使用でバギ
まふうじのつえ 40 使用でマホトーン
モーニングスター 45 グループ攻撃
りりょくの杖 55 攻撃時MP3消費。MP0でも攻撃力+55
はがねのムチ 65 グループ攻撃
ふっかつのつえ 66 使用でザオラル。移動中も使用可能
グリンガムのムチ 100 グループ攻撃

 

耐性・装備品の総評

 耐性装備はローブ系の装備しかないものの、作中でも強力な部類に入る水の羽衣を装備出来るため、素の耐性がそれなりに優秀な連中が多いのもあり、割と困らないだろう。

 前述のとおり、盾と兜は複数名の魔法使い系をパーティに加えると装備の取り合いになってしまう点には注意が必要である。実は武器以外は全て拾い物で最強装備が揃ってしまい、武器もマグマのつえが拾えるため、中盤辺りまでなら装備品に金がかからない装備グループである。

 

アイテム係としての素質

 魔法使いとネーレウスに関しては耐性や、耐性+装備品の相性が良いので使えない事も無い水準である。どちらも最大HPが低いのが気にはなるが、計算した上で運用すればまず問題にはならないだろう。

 しかし強敵相手であれば星降る腕輪を男の子辺り装備させておいた方が安定感があり、素の素早さが中途半端なのもあって、わざわざこの装備グループで行う必要があるか疑問ではある。

 キラーマシン対策にピンポイントでベギラゴンを使用できる魔法使いであれば、ジャハンナ周辺での稼ぎにそれなりに使えるだろう。アンクルホーンのほうが良いが。

名前 火炎 吹雪 メラ ギラ イオ ヒャ バギ
マーリン 108
40
43
18
68 20 64 20 46
ドロン 135
50
130
55
85 25 80 61 46
キャシー 135
50
130
55
85 25 80 61 46
ネレウス 45
16
43
18
28 8 64 20 46
コロプリ 135
50
130
55
85 25 80 61 46
コロマジ 135
50
130
55
85 25 80 61 46
プチプリ 135
50
130
55
85 25 80 61 46
プチマジ 135
50
130
55
85 25 80 61 46

※上記の数値は装備品込みの被ダメージ
・火炎 → しゃくねつ炎(上段)
      激しいほのお(下段)
・吹雪 → かがやくいき(上段)
      凍えるふぶき(下段)
・メラ → メラゾーマ
・ギラ → ベギラゴン
・イオ → イオナズン
・ヒャ → マヒャド
・バギ → バギクロス