ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

たて01


 RPGというゲームにおいて、よろいに次ぐ防具として名を轟かせてきた防具達で、ドラクエ5でもその傾向は変わらないと言えるだろう。

 他のゲームだと物理・属性ダメージの減少はよろいの役割であり、盾は回避率が上がったりするのが例が多いのだがドラクエは鎧と余り差別は図られていない。

 一応、よろいは充実しているがたては貧弱というキャラは割と存在するため「片手で使う分腕力が必要」というフレーバーを出すのに一役買っていると言えるだろう。



はめつのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
4,200 2,100 0 0
使用時 備考
なし メラ系、ギラ系、バギ系、ヒャド系20増加
守備力0で固定
装備可能者
主、男、サ、ピ、重戦、剣士、人形、魔獣、魔族、人形、馬類

 呪いで防御力が0になり、さらに呪文ダメージまで激増するというデメリットだらけの防具。防御性能を目的に装備することはまず無いと思われる。

 その真価を発揮するのはやいばのよろいを装備させたときだろう。メタル系からの攻撃も素通しになるため反射が成功すれば簡単にメタル系の敵を倒すことが出来る。

 DS版では反射で倒したモンスターは仲間にならないが、レベルアップには極めて有用なので覚えておくと良いだろう。

 

おなべのふた
買値 売値 防御 ダメージ減少
40 20 2 0.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
ビ、フ、女、サ、ヘ、スラ、キノコ、爆弾

 シリーズ恒例となった盾であるが、実は初登場はドラクエ5からである。ビアンカの初期装備になっており「キッチンからとりあえず持ってきた感」を出すためにちょうど良かったと思われる。サンチョも初期装備として所持しているが、城内の台所から持ち出してきたのだろうか。

 以降の作品でも最初の町で台所のある壺やタンスに入っていることが多く、ずしおうまると戦っていた村人もこれを持って戦っていたのかもしれない。

 見た目はどう見ても木製である。普通に考えればかわのたてよりも防御力が高そうなのだがゲームの都合上そうはならないようである。
(´・ω・`)

 

かわのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
70 35 4 1
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、ビ、フ、男、女、サ、ピ、へ、重戦、剣士、魔法、キノコ、人形、魔獣、魔族、機械、馬類、爆弾

 装備可能者がやたら多い装備品である。とは言え仲間モンスターが加入する頃には別の盾が入手できるので装備するのは幼年期の主人公位だと思われる。

 人間キャラの中ではデボラだけ装備することが出来ない。見た目が悪いからなのか、それともスタッフが設定をミスったからなのかは不明である。

 素材的に言って敵の猛攻を本当に受け止められるのかが心配になる。まぁ序盤のみの使用になるのでなんとかなるのだろう、多分。

 

うろこのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
180 90 7 1.75
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、ビ、フ、男、女、サ、ピ、へ、重戦、剣士、魔法、キノコ、人形、魔獣、魔族、機械、馬類、爆弾

 かわのたてと装備可能者が完全に一緒である。デボラが装備できない事まで一緒なため、かわのたての存在感が危ぶまれる感じがする。

 実はこれ以上の盾を装備できないキャラや、装備出来ても終盤になるキャラが結構存在しているため以外に重要な盾であると言える。

 例えばビアンカ、フローラはこれが最強の盾であり、女の子や魔法系も終盤にならないとこれ以上に盾が登場しないため序盤装備の割にかなり長期間使うことになる装備である。

 

フラワーパラソル
買値 売値 防御 ダメージ減少
1,000 500 8 2
使用時 備考
なし なし
装備可能者

 DS版で追加されたデボラ専用の盾。デボラはこの盾しか装備できないのだが、防御力に関して言えばうろこのたてよりも1だけ防御力の高い完全上位互換品である。

 南国に売っていそうだが、実際に販売しているのはテルパドールである。砂浜はあるがここは砂漠である。メダル王の城辺りに販売でも良かったような気がするが。

 うろこの盾で裏ボスに挑むのもシュールであったが、パラソルで挑むようになったDS版はそのシュールさがちょっと上がったと言えるだろう。

 

せいどうのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
370 185 11 2.75
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男、サ、ピ、ヘ、重戦、剣士、人形、魔獣、魔族、機械、馬類、爆弾

 妖精の村を攻略する際に主人公が所持していそうな盾。鉄製になったためか女性や魔法系のモンスターが装備できなくなった。ある程度の筋力が必要なことが表現されていると言えるだろう。

 それでも装備可能者は非常に多くてつのたての半額で購入できる事もあってコスパ重視の人は普通に購入しても問題ない性能である。主人公、ヘンリー、スライムナイト、ブラウニーとかなり長い間使い回せるので一つは売らずにとっておくと便利だろう。

 

てつのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
720 360 16 4
使用時 備考
なし 炎、吹雪4軽減
装備可能者
主、男、サ、ピ、ヘ、重戦、剣士、人形、魔獣、魔族、機械、馬類

 若干のブレス耐性がついた代償からなのか、爆弾系の味方が装備できなくなった。爆弾系の味方は耐性装備を一切装備できないため正直嫌がらせにしか見えない処置である。

 基本的には武器を優先したほうが良い時期ではあるのだが、偽太閤が吐いてくるもえさかるかえんに対抗するための数少ない手段なので余裕があれば購入しておくと良いだろう。

 

マジックシールド
買値 売値 防御 ダメージ減少
3,400 1,700 22 5.5
使用時 備考
なし 炎、メラ系、ギラ系7軽減
装備可能者
主、男、スラ、剣士、魔族、機械

 6以降に登場して以来すっかり常連になったまほうのたてであるが、初登場はドラクエ5でなぜかカタカナ表記のこの盾である。6以降に和名に戻されたこの盾とちがってシルバーメイルはそのままなのだがその線引は一体何だったのかちょっと気になる。

 実は終盤の装備品と比べても実用に耐えるほど高い耐性を持っており、メラゾーマ対策にキラーマシンに所持させるのも検討して良いくらいである。

 サラボナの火山やグランバニアへの道中でも遺憾なくその性能を発揮するので最低でも一つは買っておきたいアイテムだと言える。

 

ドラゴンシールド
買値 売値 防御 ダメージ減少
7,100 3,550 30 7.5
使用時 備考
なし 炎、吹雪を10軽減
装備可能者
主、男、ピ、重戦、剣士、人形、魔族、機械、馬類

 ブレス系の攻撃を軽減する貴重な装備品。耐性盾の中では平凡な性能なのだが、非売品のオーガシールドを除くと人形系や重戦士系の仲間モンスターはこれしか耐性盾が存在しないため普通に最終装備になる。

 剣士系や機械系のモンスターはより防御力が高いふうじんのたてが存在するためそちらをメインに使うと良いだろう。装備可能者でちゃんと住み分けが出来ており、意外とちゃんと設定されていることが分かる。

 

ふうじんのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
4,700 2,350 35 8.75
使用時 備考
敵全体にニフラム 炎、吹雪を10軽減
装備可能者
主、男、サ、剣士、機械

 敵全体にニフラムを発動すると言うとてつもなく強力なアイテム。ジャハンナ周辺でも普通に有効なため、完全耐性のグレイトドラゴンを勧誘するときにも大いに役立つ。

 ドラゴンシールドと同じブレス耐性が備わっているのだが正直強すぎるんじゃないかと思える。系統的にこれより強力な盾は非売品のオーガシールドしか存在しないにも関わらず青年期前半で購入できてしまう。オーガシールドをセルゲイナスからドロップしてない場合は剣士系、機械系共にこれが最強の盾候補である。シリーズでも最強クラスに強い風神の盾だと言えるだろう。

 

ダークシールド
買値 売値 防御 ダメージ減少
- 4,900 37 9.25
使用時 備考
自分にマホキテ なし
装備可能者
剣士、魔法、人形、魔族、機械、爆弾

 呪われていそうで呪われていないシリーズの1角。使用することで自分にマホキテをかける割と便利な盾。コロやプチシリーズのMP供給に便利に使えるほか、回復役に使わせてMP供給させておいたりといぶし銀的な活躍が出来る。

 また、魔法系のモンスターにとってはこれが最強の盾である。MP回復とも相性が良いのだが、AI操作にすると不要な場面でもこれを使って無駄に遊んでしまうため注意しておきたい。

 

おおきなメダル
買値 売値 防御 ダメージ減少
- - 40 10
使用時 備考
なし なし
装備可能者
サ、重戦系

 メダル王の城でお使いイベントをこなしていくと貰える結構強力な盾。時期的にブラウニー辺りが装備可能なのだが、彼はこの時点では防御力16のてつのたてを装備している時期なので、無料で入手できてこの防御力を誇るのは非常に重要である。

 巨人ですら装備できないほど重たいためなのか、あるいは美的センスが壊滅的に悪いためのかは不明なのだが、なんと巨人が装備していたと言われるオーガシールドの装備可能者であっても装備することが出来ない。まぁオマケ装備だと思ってありがたく使わせてもらおう。

 

ほのおのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
17,000 8,500 40 10
使用時 備考
なし 吹雪、ヒャド系を15軽減
装備可能者
主、男、ピ、重戦、魔獣、馬類

 吹雪系のダメージを大幅に減らしてくれるありがたい盾。みかがみのたてが割と非力な連中でも装備可能であったのに対してこちらは筋力な必要なようで力自慢な連中しか装備出来ないようである。この盾の装備可能者が少ないことが全体を通して見ても「吹雪耐性を得にくい」というゲームバランスに大きく影響していると言えるだろう。

 ほのおのよろいと一緒に装備させたいのだが、実際に使うことになるのはピピンとケンタラウスくらいである。スライムナイトやヘルバトラーが装備出来たら非常に強力な組合せだったのだが残念である。むしろ強力すぎる組合せのため意図的に外された感も否めなかったりする。

 

ちからのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
25,000 12,500 45 11.25
使用時 備考
自分にベホイミ なし
装備可能者
主、男、剣士

 自分にベホイミの効果を発揮するという珍しい「道具として使用できる防具」である。ベホイミであっても回復呪文の使えない味方が自力で回復できる点は非常に評価できる点だと言えるだろう。

 やいばのよろいやミラーアーマーのように反撃効果のある防具を装備させておいて先頭に配置し、ひたすらこれで回復すると言う戦法もボス戦ならかなり有効である。

 但し雑魚戦ではこれを持たせていると戦闘中回復を優先してしまい戦闘が無駄に長引いたりするので要注意。強力なアイテムなので工夫して有効に使っていきたい。

 

オーガシールド
買値 売値 防御 ダメージ減少
- 16,000 48 12
使用時 備考
なし 炎、吹雪を10軽減
装備可能者
主、サ、重戦、剣士、人形、魔族、機械

 かつて巨人族が使用していたと言う伝説がある盾。その名に恥じぬ防御力を誇り、重戦士タイプのキャラにとっては最強の盾となっている。重戦士タイプの仲間はこれを逃すと守備力が18低いドラゴンシールドが最強装備になる。そこまで低いわけではないが気になる数字でもあるので重戦士タイプに装備させた方が良いだろう。剣士系や機械系はふうじんのたてが装備出来るのでそちらを使わせておこう。

 ラストダンジョンで拾える非売品なのだが、セルゲイナスが結構な確率でドロップしていくのでヘルバトラー辺りを勧誘していると人数分は意図せずとも集まってくれるのは割とありがたかったりする。

 

みかがみのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
33,000 16,500 55 13.75
使用時 備考
なし 炎、メラ系、ギラ系を15軽減
装備可能者
主、男、女、スラ、剣士、魔族

 ドラクエ1から登場している由緒正しい盾。実は2やSFC4で欠席していたのだが、5で炎系のダメージに耐性が追加されて以降に耐性盾の常連となった少し変わった経緯を持つ盾である。比較的非力な連中でも取り扱えるのが最大の長所と言えるだろう。

 水の羽衣の盾版とも言える耐性を持ち、両方を装備出来るスライム系には非常にありがたい存在であり、この組合せによってスライム系は炎に対して一定の耐性を保っているとも言える。他にも炎耐性が弱体性のメッサーラやソルジャーブルとも相性が極めて良く、彼らの優れたダメージ耐性を裏から支える縁の下の力持ち的な存在である。

 反面元々炎耐性を持つスライムナイトとはさほど相性が良くないため風神の盾やオーガシールドを装備させておいた方が賢明だと得るだろう。

 

てんくうのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
- - 60 15
使用時 備考
自分にマホカンタ 炎、吹雪を15軽減
装備可能者

 ルドマンから貰えるため、かなり早い段階で入手することが出来る盾。専用装備らしくその性能はオーガシールドを大きく上回る素晴らしい性能を誇っている。しかしそれ以上に注目をされるのは道具使用時にマホカンタの効果がある点だろう。ミミック系ののザキ系対策やローテンションを読んだイオナズン対策などゲームシステムを理解してくると生きてくる要素である。

 そんなわけで本来の装備者である男の子が所持していない事は結構多いという他のナンバリングタイトルではあまり見られない現象を見ることが出来るのもドラクエ5の特徴であると言えるだろう。

 

ひかりのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
- - 65 16.25
使用時 備考
なし 炎、吹雪を20軽減
装備可能者

 防御力とブレス軽減値が天空の盾よりも5多いという凄まじい防御性能を誇る盾。一応こちらはマホカンタとして使用できないため完全上位互換品ではない。些細な要素だが。

 裏ダンジョンでのみの入手のため、ミルドラース戦ではみかがみの盾あたりで攻略することになるだろう。王者のマントが天空のよろいの耐性と同じように見直されたのだが、こちらの耐性はSFC版からと変わらないままの数字である。見落とされたのか、あるいはマホカンタ分のおかげで意図的に見過ごされたのかがちょっと気になる仕様である。

 

メタルキングのたて
買値 売値 防御 ダメージ減少
- 12,500 70 17.5
使用時 備考
なし ザキ、ラリホー・マヌーサ・メダパニ系の被弾率1/2
装備可能者
主、男、サ、ピ、スラ、重戦、剣士、人形、魔族、機械、爆弾

 ダメージ軽減能力が無いポンコツな盾としての知名度が高いかもしれない盾。実はエルフのお守りと状態異常耐性が微妙に違うが、マホトーン耐性がマヌーサ耐性に置き換わっただけである。防御率も向こうのほうが1/4と強力な数値を持つので結構肩身が狭く、通常プレイでは神秘のよろい辺りと交換しておいた方が快適に攻略を進められるだろう。

 一方はぐれメタルなどに最強の物理耐性を持たせたい場合はお呼びがかかる装備品である。リメイクにあたってすごろく場で1つ入手できるようになったのでそれでもわざわざ交換される機会は少ないだろうが。

 一応エルフのお守りと耐性が重複する部分については耐性が重複され、被弾率が1/8になる。他の属性はともかくザキ耐性は優秀なので一応覚えておくと良いだろう。