ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

武器02


 この辺から中盤に差し掛かってくる装備品たちの一覧である。安い割にコスパの良かった序盤の装備品と違い、装備品のインフレが襲いかかってくる時期でもある。

 見境いなく買ってしまうとあっという間に資金不足に陥るので注意しておきたい。誰をアタッカーにするか決めて資金と相談しながら購入していきたい。

 道具使用時に特殊な効果を持つアイテムの登場もここら辺からである。特に中盤辺りまではノーコストで使用できるので利用価値が非常に高く、有効に使っていきたい。



のこぎりがたな
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
1,200 600 27 13.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
サ、馬類系、爆弾系

 のこぎりのようにギザギザがついた刀である。どっかの漫画の国取りしていたアイツもこんな武器を装備していた気がするが別に火がついたりはしない。

 パッと見は普通の剣なので剣士系の味方が装備できそうな気がするのだが、何故か異様に装備可能者が少ない。そのためパーティ全員が装備できないとかは極々普通の出来事である。

 

チェーンクロス
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
1,200 600 28 14
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、フ、女、ヘ、キノコ系、魔獣系

 これを装備出来るほとんどの仲間がやいばのブーメランを装備出来てしまう。しかしこれは幼年期のラインハットで購入できるというのが最大の特徴だろう。パパスとの合流までに持ってこいの装備として購入するプレイヤーは多い。

 青年期前半になったらそのままヘンリーに渡して、主人公はやいばのブーメランを装備させると非常に資金効率がよろしい。仲間が増えてくるとこういった装備の使い回しが財政を助けるので是非とも覚えておきたい。

 

いかづちのつえ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- 10,000 28 14
使用時 備考
ベギラマ なし
装備可能者
主、ビ、フ、魔法系、キノコ系

 入手が妖精の城と言う事もあって武器としての活躍は皆無と言っても良い状態である、妖精の城の悲しい財宝。せめてもうちょっと早く入手できていればと思わずにはいられない。

 既にらいじんのやり等を購入できる状態であり、この時点でのベギラマも正直言えばかなり威力不足である。全体攻撃ならかなり活躍できた気がするが。

 一応デッドエンペラーが1/128の確率でドロップするので無限に入手できる。使う機会は皆無なので不要なら売ってしまって資金に回した方が良いだろう。

 

おおかなづち
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
1,800 900 30 15
使用時 備考
なし なし
装備可能者
デ、サ、重戦系

 おおきづち、いしのオノに続く実質ブラウニー専用装備の第三弾。まじんのかなづちを装備出来るからかデボラも装備可能に設定されている。デボラは前者二つを装備できないなど設定の甘さがみられる。

 主人公とスライムナイトで使い回せるはがねのつるぎと違ってこちらはほぼブラウニー専用になってしまうため資金効率が非常によろしくない。

 ブラウニーをスタメンで使いたい人以外ではほとんど使用されない武器なんじゃないだろうか。もう少し安価で販売されてれば便利なアイテムだったのに残念である。

 

はがねのつるぎ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
2,000 1,000 33 16.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男、ピ、ヘ、剣士、人形、魔族、機械、爆弾系

 長らく待ちに待っていた「正統派の剣」である。これを装備するといよいよ中盤、と言った感じである。二次作品や、他のRPGなどでも「これを使うことが一人前の証」とされており、「RPGの世界観」に多大な影響を与えた剣だと言えよう。

 そのためなのか装備可能者が異常に多いのも特徴的である。とは言っても時期的には主人公とスライムナイト辺りで使い回して役目を終えるだろうが。

 しかしプレイヤーによっては主人公がブーメランを投げていたり、コスパ優先でくさりがまを購入していたりするので買われない事も多い。こういった例はナンバリングタイトルの中でも珍しかったりする。

 

キラーピアス
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- 750 35 17.5
使用時 備考
なし 2回攻撃する
装備可能者
嫁、女、スラ系

 はがねのつるぎよりも攻撃力が高いのになんと2回攻撃することが出来る。はやぶさの剣と違い攻撃力に補正がかからないので高レベルになってくると最強装備の候補に挙がってくる。カジノ限定なのが面倒だが。

 但し通常プレイでは比較的非力な連中しか装備が出来ないのでそこまでバランスブレイカーでもない。どちらかと言えばメタル狩りの武器として重宝されているイメージが強い武器である。

 

はがねのキバ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
2,000 1,000 35 17.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
ネコ系、スラ系、子竜系、宝石系

 値は張るがラインハットの地下で一つ入手できる。スライム系はブーメラン系を装備出来るのでコドランやキラーパンサー用には買わなくても十分に間に合うだろう。

 キラーパンサーからの素早い一撃は中盤あたりでも十分に役立つため、売らないで取っておくと良いだろう。

 

てんばつのつえ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- 2,150 35 17.5
使用時 備考
バギ なし
装備可能者
ビ、フ、女、魔法系、キノコ系、鳥類系

 チゾットからグランバニアまでの道のりで入手できる一品物。ドロップするモンスターも存在しないので売る際には一応注意しておきたい。

 しかし打撃をあてにするにしても装備可能者に打撃を得意とするキャラクターが存在せず、バギもみずのリングで使用できるので存在価値が非常に薄いアイテムであるのは間違いない。

 後々袋から引っ張り出して使うという事もまず無いため、アイテムコレクターで無ければ売ってしまっても構わないだろう。

 

パパスのつるぎ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- - 40 20
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男

 パパスが使用していた剣でキラーパンサー加入時に入手できる。しかしグランバニアの国王が使っていた割には実に平凡な能力だと言えるだろう。城内でまどろみの剣でも調達してきた方が良かったような気もするが。

 ストーリーに重きが置かれるDQ5なだけあって入手時は何とも言えない気分になれる。しかしブーメラン派のプレイヤーからは思い出ごと袋に放り込まれてしまい、そのまま使われない事もしばしば。

 男の子がモーニングスターを初期装備にしているがこれを初期装備で装備して登場したら面白かったのに何故そうしなかったのか少し疑問が残る。

 

まふうじのつえ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- 2,000 40 20
使用時 備考
マホトーン なし
装備可能者
ビ、フ、女、魔法系、キノコ系、鳥類系

 サラボナの火山で入手することが出来る。てんばつのつえと違ってこちらはワイドキングがドロップするので別に売っても最入手できるのはそれなりにありがたい存在。

 しかしながらマホトーン自体は有効な効果であり、メラミを連打してくるホースデビルやベギラマを連打してくるまほうじじいを黙らせることが出来るのは非常に有用である。故に売らないで有効活用したほうが良いだろう。

 

シャイニーネイル
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- 1,750 40 20
使用時 備考
なし 2回攻撃
装備可能者
デボラ

 デボラの初期装備として登場。ドロップ及び購入が出来ないので事実上の一品物である。はやぶさの剣の早期入手版と言うべき性能で2回攻撃だが攻撃力に3/4の補正がかかる。

 チゾットでほのおのツメを買うまでの間ではあるが、デボラの意外な攻撃力の高さに驚いたプレイヤーは結構いたようである。ネイル=爪なのでただ単に引っ掻いているだけなのだが手が痛くならないのか心配である。

 

スネークソード
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
3,900 1,950 42 21
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、ピ、人形系、機械系、爆弾系

 ルラフェンで購入できるちょっと変わった剣。立ち位置的にはデビルアーマーやサタンヘルムの剣版であると言える。正統派の剣士や勇者は装備出来ず、スミスや人形など闇の側面を持つ連中が装備出来る。

 しかしルラフェンからはじゃの剣を販売しているサラボナまでの道のりはかなり短い。実質的にはスミスを主力で使っている人くらいしか使う機会は無いんじゃなかろうか。ヘビの名を冠するアイテムだが、別に蛙系のモンスターに特攻性能などは無いのであしからず。

 

モーニングスター
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
3,000 1,500 45 22.5
使用時 備考
なし グループ攻撃
装備可能者
ビ、フ、男、女、ピ、魔法系、魔獣系

 モーニングスターとは棘のついた大きな鉄球を振り回す装備であり、本来であれば使用にはかなりの腕力を必要とする武器なのだが、非力な女性や子供、魔法使い系も装備出来てしまう。ゲーム設定的にはムチの亜種として認定されているようである。

 ブーメラン系を装備出来る魔獣系はともかく、魔法系のマーリンが装備出来るのはそれなりに大きく、買い与えてやればアタッカーとしてそれなりに活躍できるようになる。ただし装備品の使い回しが微妙にしにくいので編成と相談して購入するか決めていきたい。

 

はじゃのつるぎ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
4,400 2,200 45 22.5
使用時 備考
ギラ なし
装備可能者
主、男、ピ、剣士、人形、魔族、機械、馬類、爆弾系

 強化版はがねのつるぎ的存在。使用するとギラの効果がある。20前後というダメージは実はそれなりに大きく、特にブーメランを愛用している人には誰でも使用できる定数ダメージは重要な要素である。

 ブーメラン、ほのおのリング、はじゃのつるぎ、水のリング等を連打すればチゾット辺りまでの敵なら2ターンもあればなぎ払ってしまうことも可能である。複数攻撃手段を持たない仲間に持たせて上手く使わせていこう。

 

バトルアックス
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
4,000 2,000 45 22.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
サ、重戦系

 実質ブラウニー専用装備の第4弾。ブラウニーは鈍足で装備品にも金はかかるが、別にそこまで負担なく馬車からのサブで入れておけるので編成次第では使えなくもない。

 しかしチゾットでの販売であり、ここまでで仲間モンスターが加入していないというのはあまり考えられないため、流石にスタメンにしている人は少ないかもしれない。

 ブラウニー系以外だとサンチョしか装備できないため不要になれば直ぐに売ってしまって良いだろう。

 

ほのおのツメ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
4,700 2,350 53 26.5
使用時 備考
ギラ 相手のギラ耐性でダメージ増加
無耐性1.5倍
弱体性1.4倍
強耐性1.15倍
完全耐性1倍
装備可能者
デボラ、ネコ系、成竜系、鳥類系

 相手のギラ耐性次第でダメージが増加する特殊な武器。キラーパンサーやデボラが中盤で異様な攻撃力を叩き出すひとつの原因である。特にデボラはこれが最強装備になってしまうことも多い。

 なお、使用でギラを使用することが出来る。キラーパンサーは複数攻撃武器を装備できないので利用価値が高い。必中なのもあってうまく使えば便利なので上手く使おう。

 

りりょくのつえ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
2,500 1.250 55 22.5
使用時 攻撃時MP3消費
なし なし
装備可能者
ビ、フ、女、魔法系

 攻撃するたびにMPを3消費する杖。一般的にはマホトーンを使われたときにこれで殴ると良いとされている。ちなみにMP0で殴ると攻撃力が0扱い(素手と同じ)になってしまうという罠がある。

 ダメージ換算で言うと5落ちるが、装備可能者は全員モーニングスターを装備出来るためこちらを採用されることは実質的に皆無であると言える。

 性能としては面白く、デメリットつきのアイテムとしての個性もあるのだが、攻撃力の設定が難しいようである。この性能ならば攻撃力は最低でも80くらいは無いと採用はされないだろう。

 

まどろみのけん
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
6,300 3,150 55 22.5
使用時 備考
なし 稀に相手を眠り
装備可能者
主、男、ピ、デ、剣士、人形、魔族、機械、馬類、爆弾系

 入手当初は最強の攻撃力を持ちながら、さらに追加で相手を眠らせる効果まで持つ非常に強力な武器。装備可能者も多いためかなり長い間使い回すことが出来る。

 とぐろをまいたような見た目でどのように切りつけているのかは完全に謎である。一体収納はどのように行っているのだろうか??

 

ダイヤモンドネイル
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- 16,000 55 22.5
使用時 備考
なし 2回攻撃
装備可能者

 無駄に豪華になったデボラ専用装備。シャイニーネイルと同じく2回攻撃だが、攻撃力が3/4になってしまうのも共通している。ダイヤモンド製らしく異常に売値が高いことが特徴だが、こちらも一品物なので売る際は良く考えてから売ろう。

 天空への塔内部の宝箱に入っているのがちょっとシュールである。かつて天界人にデボラのような高飛車な女性でも存在したのだろうか?

 

ストロスのつえ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- - 60 30
使用時 備考
なし 仲間一人にキアリク
装備可能者

 マヒを治療できる貴重品。麻痺に完全耐性を持つ仲間モンスターに持たせておけばゲマ戦で大活躍間違いなしである。そのような事情もあって、ボス戦では装備可能な女の子ではなくオークキングあたりに持たせるのが定番になっている。

 入手がジャハンナまで遅くなったのでボブルの塔での難易度の上昇が懸念されたが、ボブルの塔のゲマは焼けつく息を吐いてこなくなったのでこの点は無問題である。反面妖精の剣入手までの一時凌ぎとしては十分使えた装備品であるため、女の子に少しお金がかかるようになってしまった。