ドラゴンクエスト5を攻略・分析するサイト

武器01


 いわゆる武器。中世の世界観であるため剣や槍、ブーメランなど直接攻撃するものがチョイスされている。しかし弓が無いのはちょっと珍しい気がする。

 数がかなり多かったのでページを4つに分けることにした。何順で掲載するか非常に悩ましかったが攻撃力順で表記することにする。

 ダメージ計算で言うと、攻撃力が「2」上昇するたびにダメージが1増加する。奇跡の剣の攻撃力は100なので、50ダメージが増加すると考えれば分かり易いだろう。



祝福の杖
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
- 3,000 0 0
使用時 備考
戦闘中:ベホイミ 誰も装備できない
装備可能者
-

 何と誰も装備できない謎の杖。武器にカテゴライズするべきか悩ましい所である。別に嫁辺りが装備出来ても良かった気がするのだが、あえて誰も装備できなくすることで、戦闘時の使用効果に気がつかせようという開発側の判断だろう。

 回復呪文が使えないキャラに持たせておくと非常に効果的であり、特にピピンのように何も特技を習得しない仲間であれば実にうまく運用してくれる。相当に便利なアイテムで、ベホイミとは言えど無限リソースの素晴らしさを教えてくれる偉大なアイテムである。

 実は耐性の高い仲間で固めればエスターク相手にこれと賢者の石だけで普通に撃破してしまうことが出来る。

 

どくばり
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
2,900 1,450 1 0.5
使用時 備考
なし 1/6で相手を一撃
装備可能者
嫁、スラ系、宝石系、鳥類系

 稀に相手を一撃でしまとめしまう優れた装備品。しかしデメリットもあり、一撃の特殊効果が出ないとダメージが1になってしまう。

 メタル系にも1をほぼ確実に命中させることが出来るのでシリーズを通して活躍してきた。無論メタル系も一撃の特殊効果を発揮することがある。仲間にしやすいスライムが装備できるため装備者には困らないだろう。

 

ひのきのぼう
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
10 5 2 1
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男、サ、重戦系、魔法系、爆弾岩系

 主人公が最初に装備している。どくばりが特殊装備であることを考えれば作品内の最弱装備である。SFC版では「ひとしこのみ」と呼ばれる裏技が発見されて一時期脚光を浴びたことがあった。

 最初の装備だけあって、ダメージ上昇量はたったの1である。とは言えサンタローズの洞窟は主人公単騎で乗りこまねばならず、1を巡る熱いダメージレースであるので十分装備の意義があるだろう。

 「ひのき」は檜の事だろう。建築素材として非常に堅固であり、法隆寺なども檜で組まれている。丈夫な木の棒を表現するために檜というネーミングになったと思われる。

 

たけのやり
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
50 25 5 2.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男、サ、重戦系、魔法系、爆弾岩系

 ひのきのぼうから攻撃力が3上がり、ダメージが若干上昇した。アルカパでブーメランを買うまでの間しか活躍の期間が無いために買うかどうかちょっと悩むところではある。

 しかしサンタローズの洞窟ではレベル2~3付近の主人公でたけのやりを装備するとギリギリで敵を倒せるように設定されているためそれなりに効果はある。

 リメイクにあたってパラメータの伸びがランダムになったので基本的には買っておいた方が冒険は楽になるだろう。

 

くだものナイフ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
50 25 6 3
使用時 備考
なし なし
装備可能者
嫁、女、剣士系

 よくよく考えると果物ナイフでモンスターを倒すビアンカは相当な豪傑である。どっかの海賊漫画の剣豪の子孫なんじゃないだろうか。何はともあれ割と攻撃力を持つのでアルカパ付近でダメージ1と言う事態は回避してくれる点はありがたい。

 ナイフと言うことで嫁や女の子が装備できる装備品の中では珍しく剣士系のモンスターと共通して装備できる。護身用なのか剣類として扱っているのか境界線があいまいなサイズのナイフなんだろう。

 ビアンカの攻撃はメラのみにしてブーメランの獲得を目指した方が効率が良いため、手慣れたプレイヤーは容赦なく売り払ってしまう事があるちょっと切ないアイテムである。

 

とがったほね
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
70 35 6 3
使用時 備考
なし なし
装備可能者
ネコ系、スラ系、子竜系、キノコ系、鳥類系

 名前のとおり尖っただけの骨である。使用用途で言えばたけのやりとほとんど変わらないような気がするのだが、何故か装備はモンスターのみである。

 ベビーパンサーに装備させるにしても、加入後直ぐに鉄のツメを購入出来てしまうため活躍の場はほとんどないと言っても良い不遇なアイテムである。「ひとりこのみ」では「と」を担当していたため幼年期に購入して青年期に持ち越すプレイヤーも見られた。

 

かしのつえ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
130 65 9 4.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男、魔法系、魔族系

 公式イラストで主人公が杖を持っているからか、珍しく主人公が杖を装備できる。息子である男の子も装備でき、何故か筋骨隆々の魔族も装備できるため、もはや鈍器みたいな扱いになっている杖である。

 さらに言うと人間の魔法使い系である女性陣は誰も装備できず、イメージ通り装備できるのは魔法使い系のモンスターだけである。従来のシリーズと比べてると随分と特徴的な装備品だと言えるだろう。

 

こんぼう
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
60 30 9 4.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
サ、重戦系、魔獣系、爆弾系

 歴代の主人公が装備でき、スライムを一撃で倒せるようになるという意味でも割と重要なポジションの武器だったのだが、なんと今作では主人公は装備できない。仲間が増えてイメージの一審のため重戦士系の仲間しか装備できなくなってしまった。

 杖を鈍器みたいに振り回しているんだから別に使用できても良かったんじゃないだろうかという気分になる。まぁ幼年期に装備できるとイメージが合わなくなるため仕方なかった措置なのかもしれないが。

 

おおきづち
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
220 110 10 5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
サ、重戦系

 これも基本的に鈍器のはずなのだが、何故棍棒を装備出来てこれが装備出来ない連中かいるのかはかなり謎である。見た目敵のも棍棒のほうが強そうに見えるのだがこちらのほうが攻撃力が1大きい。

 ブラウニーをラインハット付近で主力にするのであれば買っても良いだろう。しかしダメージ上昇が少々低く、ブラウニー自体が鈍足なのもあってスライムにブーメランでも投げさせておいた方が活躍するだろう。

 

ブロンズナイフ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
150 75 12 6
使用時 備考
なし なし
装備可能者
ビ、ヘ、フ、女、剣士系

 ブロンズとは青銅のことである。要するにどうのつるぎとニュアンス的な意味で言えばほぼ同一だということである。そのためなのか攻撃力の差はたったの1しかない。

 こちらもくだものナイフと同じで女性陣と剣士系のモンスターが装備出来る。ヘンリーも装備でき、スライムナイトへのお下がりとして一時的に渡される時もあるようである。

 

いしのキバ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
240 120 12 6
使用時 備考
なし なし
装備可能者
ネコ系、スラ系、子竜系、宝石系

 妖精の国で売っているキバ。妖精の国は人間以外の種族も共存しているので、見た目的にも変わった装備が売っているがこれもその一つだと言えるだろう。

 ベビーパンサー自体の攻撃力はそれなりにあるのでこれを装備させれば十分に戦力になる。そういう意味でも到着後に直ぐに購入したいアイテムである。

 

どうのつるぎ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
270 135 13 6.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男、ピ、ヘ、剣士系、人形系、魔獣系、魔族系、馬類系

 ブロンズナイフから1しか攻撃力が上がっていないのに値段は倍近くなってしまったコスパがあまり宜しくない剣。かつては歴代主人公の初期装備だったのだが今作では異なるため下手したら一度も使用されないかもしれない。

 ナイフと剣では重さに大きく差があるようで、両者を装備出来るのはヘンリーと剣士系のモンスターだけである。剣を装備出来ない魔獣系でも装備できる辺りは少し珍しいと言える。

 

ブーメラン
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
420 210 15 7.5
使用時 備考
なし 全体攻撃
装備可能者
主、スラ系、魔獣系

 今まで紹介した装備品の存在価値を奪い去りかねない攻撃力を誇り、何よりも全体攻撃できるという素晴らしい性能を持つ装備品。常にパーティに加わる主人公が装備出来るためアタッカーとして常に一定の活躍を見せ続ける。

 他にも素早いスライム系が装備出来るため、複数人に持たせて連打させればかなりスムーズにゲームを進めることが出来る。やいばのブーメランの値段がかなり高いため場合によっては一時しのぎでこちらを採用するケースも考えておこう。

 

いばらのむち
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
350 175 18 9
使用時 備考
なし グループ攻撃
装備可能者
嫁、女、キノコ系、魔獣系

 ブーメランより攻撃力が高いのにブーメランよりも安いという謎の武器。しかしこちらはグループ攻撃である。基本的にはブーメランを先に購入を急ぎ、こちらは後回しにすると良いだろう。

 これとブーメランがあればレヌール城の敵は楽に一掃出来るので実に効率的である。青年期以降はチェーンクロスが登場するためほとんど活躍する事は無いのだがレヌール編だけでプレイヤーの印象に残り続ける珍しい装備品である。

 

てつのツメ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
550 275 19 9.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
ネコ系、デボラ

 かつては武闘家タイプのキャラクターが使用していたのだが、DQ5ではデボラが登場するまでの間はネコ系のモンスターしか使用することが出来なかった。

 ヘンリー救出編での使用になるのだが、このダンジョンはボスもおらず、途中でパパスと合流して経験値を稼ぎ放題になるためわざわざ購入するかと言われると結構迷う武器である。

 青年期後半でははがねのキバなどもあるので手慣れたプレイヤーは購入せず強引にパパスと合流してしまうケースも多い。

 

いしのオノ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
700 350 20 10
使用時 備考
なし なし
装備可能者
サ、重戦系、成竜系、魔獣系

 登場時期から言えばブラウニーの専用武器である。キラーパンサーのダンジョンで拾うことが出来るのでブラウニーをスタメンにしているのであれば十分に役立つと言える。

 素朴な疑問なのだが、成竜系はキバやツメなどしか基本的に装備できないのだが、何故かこれだけは装備出来る。そのため口にくわえて振り回している可能性も指摘されている。

 

てつのつえ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
850 425 22 11
使用時 備考
なし なし
装備可能者
主、男、魔法系

 杖なのに肉弾戦キャラが装備できるシリーズその2。かしのつえは魔族系のモンスターも装備出来たのに鉄製になると何故か装備できなくなるらしい。

 鉄ではなく「銀」の話になるのだが、銀はドラキュラ伝説などに登場するように魔物や魔族に強い「聖なる金属」とされている。魔族が装備できない辺り、これも鉄と銘打っているが銀も含まれているのだろうか?

 いずれにせよ性能も低く、一番似合いそうな主人公も装備しないであろう悲しい装備品である。

 

どくがのナイフ
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
900 450 24 12
使用時 備考
なし 稀に相手をマヒ
装備可能者
ビ、フ、魔法系、キノコ系

 他のナンバリングでは中盤に差し掛かった頃に無料で入手でき、入手当初の魔法使い系キャラに装備させるというのがテンプレートと化しているのだが、5ではただの店売り品である。

 マヒの追加効果はありがたいのだが、装備できるすべてのキャラがブーメランやムチなどの複数攻撃武器を装備出来てしまうため、わざわざ店で購入するかと言われればNOとしか言えないだろう。

 

やいばのブーメラン
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
1500 75 25 12.5
使用時 備考
なし 全体攻撃
装備可能者
主、男、スラ系、キノコ系、鳥類系、魔獣系

 値段はかなり上がったが、青年期前半から下手すれば後半以降も使い続けることになるブーメラン界の優等生。何故か通常のブーメランよりも装備可能者が多いというなミステリアスな武器である。

 かなり値段は張るが、装備可能者を集めて全員で投げまくっていればサラボナ周辺までならサクサク進められる。その後もほのおのリングやはじゃのつるぎと組み合わせて使えばグランバニアまで突破してしまうことも楽に可能である。

 

くさりがま
買値 売値 攻撃 ダメージ上昇
900 450 27 13.5
使用時 備考
なし なし
装備可能者
サ、ヘ、剣士系、魔獣系

 はがねのつるぎがラインハットまで到着しないと購入することが出来ないので、スライムナイトでサンタローズの洞窟に挑む場合は一時的にこれが最強武器になる。

 上記のとおりはがねのつるぎの代用品としての側面が強く、価格も半額以下で買うことができる。ブーメラン系を多く揃えたいときはコスパの良いこちらを購入しても良いだろう。