アークザラッド2を攻略・分析するサイト

アクセサリ(HP・MP回復系)


 特殊効果によってHPとMPを回復させてくれるアクセサリ群。恒久的にMPを回復できる手段は貴重であり、長丁場であるダンジョンなどで愛用される。

 相対的な意味で言えば序盤程効力が高いため、必然的に入手が早いものほど活躍の機会が多いと言える。終盤でもサニアのトランスファーで1サイクル内に2回行動させれば回復量を倍増するため、十分に使えるだろう。

 攻撃力を上げる効果ではないためアタッカーには向かないものの、回復役やサポート役が装備すれば安定して役割を全うできるようになる。上手に使えば快適にゲームを進められるだろう。



アイオライト
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 3/3 0/0 13/13 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
テュケの洞窟
バルバラード
不可 不要

 瀕死状態(HP25%以下?)でターン開始を迎えた時にHPが2回復し、防御力、敏捷度、移動力が上昇する。効果は1ターンしか持続しないため、効果を維持するのであれば瀕死であり続ける必要がある。

 エルクであればインビシブルを使う事で簡単に効果を維持出来る。意図的に瀕死状態にしたエルクで南の塔を駆け抜けてしまうのも悪くないだろう。

 

アメジスト
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 1/1 0/0 1/1 0Lv分0回
入手方法 再入手 必要判定
北の塔5F 不可 必要

 ターン開始時にMPが減っている場合、MPが4回復し、HPが4減少するアクセサリでサニア専用。北の塔に突入時点で相当なMPを保有しており、そもそもMP成長が4であるサニアがMP切れになる事態も少ない。

 魔力96に達成していない状態でラスボスに挑む場合はディバイド連打ゲーになるので保険として回収しておくと良いだろう。

 

癒しのお守り
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
10/10 8/8 10/10 29/29 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
遺跡ダンジョン地下17階orコンバート 不可 不要

 相手からの攻撃または反撃を回避出来なかった際にHPが5回復するアクセサリ。処理の順で言えばHP5回復→相手からのダメージとなるので、ギリギリで攻撃を耐えるケースは発生しうる。

 基本的にはアーマーストーンでも装備させておいた方が被ダメージは小さくて済むだろう。毎ターン確実に回復したいなら太陽の帽子(毎ターンHP5回復)のほうが使い勝手が良いため、レアアイテムの割に使い勝手が悪いと言える。

 

エメラルド
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 7/7 0/0 17/17 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
カナラ砂漠(バルバラード) 不可 不要

 リーザ専用のアクセサリ。装備させておくとリーザにターンが回る度に仲間モンスターのHPが4回復する。入手がバルバラードであるためかなり導入出来るのが遅い。リーザがいるならキュアしたほうが速攻性があるためあまり実用的に使う事は出来ないだろう。

 ちなみにHP回復効果でアンデッド瀕死状態からは復活が出来ない。これが復活出来ている仕様であれば相当に実用性の高いアイテムであったと思われる。

 

おもちゃの指輪
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 5/5 0/0 15/15 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
コンバート 不可 不要

 癒しのお守りと同一のルールでMPが1回復するポコ専用装備。あまり敵からの被弾を貰いたくないポコとこの装備の効果が噛み合っておらず、専用装備なのにかなり使いにくい。

 そもそも魔力の泉(毎ターンMP2回復)という上位互換的な存在がもっと早い段階で入手出来るので、アイテム欄がきつくなってきたら破棄してしまって良いだろう。

 

ガーネット
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 3/3 0/0 13/13 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
ロマリアの市街地 不可 不要

 癒しのお守りと同じルールでHPが10回復するアクセサリ。回復量が2倍になっては居るが、入手が非常に遅くなっておりこの頃は高乱数をひくと3桁ダメージを被弾するのも珍しくない状態である。

 相変わらずアーマーストーン辺りを装備させておいた方が被ダメージを減らせるだろう。入手時期が遅すぎるため宝箱の中に放置したままでも何も困らないだろう。

 

黄色いリボン
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
10/12 19/21 15/15 52/52 3Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
遺跡ダンジョン地下71階 不可 不要

 初期状態で毎ターンHP2が回復するアクセサリでちょこ専用。最大レベルを上限まで上げてレベルアップを吟味すれば毎ターン6回復するのだが時期的には少々物足りない数値。遺跡ダンジョン地下71階と言う事で、コンバート時にかくせい&ヴァニッシュ等と同時に入手することになる。

 使用するとLv15もアップする。ヴァニッシュの成長率③と成長させやすく、これを使えば確定でヴァニッシュがレベル2になる。アイテム欄が厳しければ使用してしまうのも悪くないだろう。

 

サファイア
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 3/3 0/0 13/13 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
遺跡ダンジョン地下54階 不可 不要

 装備者にターンが回ると異性キャラのHPを4回復するアクセサリ。遺跡ダンジョン地下54階の入手なのでコンバート専用品である。時期的にロマリア突入程度しか戦闘機会が残っておらず、回復量もかなり物足りない数値である。

 基本的に男性陣のほうが打たれ強く壁役として起用することが多いため女性キャラに装備させておいた方が無難だろう。

 

潮風の調べ
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 5/5 0/0 15/15 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
遺跡ダンジョン地下19階orコンバート 不可 不要

 ククル専用装備。ククルのターン開始時に周囲1マス以内に居る仲間のHPを対象キャラの最大HPの10%分回復させる。使用すると最大HPが20上昇するドーピングアイテムでもある。

 過去編には高レベルキャラを向かわせれば苦戦する要素は少ないため、過去編早々にレイラの髪飾りと一緒に装備を取り上げてしまった方が賢明だろう。

 

太陽のぼうし
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
12/12 9/9 12/12 30/30 0Lv分9回
入手方法 再入手 必要判定
遺跡ダンジョン地下44階orコンバート 不可 不要

 毎ターンHP5回復効果を持つアクセサリ。癒しのお守りのような回復に制限がなく、グレイシーヌ編終了後から入手できるのが特徴。防御力、回復量がそこそこあるので後衛キャラが流れ弾攻撃の自然治癒目的で装備するのであれば十分に使えるだろう。

 後半になると流石に厳しいものがあるため、不要な場合は途中で処分してしまっても良いだろう。

 

ブルーアベンチュリン
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 3/3 0/0 13/13 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
アミーグ封印の遺跡 不可 不要

 変則版のアイオライト。こちらは瀕死でターンが回ってくるたびにHPが2回復し、攻撃力・魔力上昇状態になる。移動用として使えたアイオライトとは違いこちらは攻撃能力が上がる仕様であるためかなり使いにくい。

 グッドステータスであれば戦闘開始時にかけてしまう事が出来るので希少性がなく、瀕死時では回復に1ターン使いたいと言う事情がある。使い勝手はすこぶる悪いため宝箱の中に放置しておいて良いだろう。

 

勇者の証
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 4/4 0/0 14/14 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
アークの初期装備 不可 必要

 毎ターンMP4回復するアクセサリでアーク専用。毎ターンMP4回復はかなり強力な数値であり、他のキャラクターで同様の回復量を得ようと思ったら魔力の泉2枚装備と言う大胆な事をしなければならない。

 毎戦闘にウィークエネミーとトータルヒーリングを使っている程度ではMPは切れなくなるのが非常に強力で、アークの強さを支えている重要なアクセサリである。使用すると最大MPが20上昇する効果があるが、使用せずに装備品として使った方が良いだろう。

 

レイラのかみかざり
属性 初期Lv 初期AT 限界Lv 限界AT 強化回数
0/0 5/5 0/0 15/15 0Lv分10回
入手方法 再入手 必要判定
遺跡ダンジョン地下48階orコンバート 不可 不要

 毎ターンMP10回復の効果を持つ強力なアクセサリでククル専用。リザレクションや復活の薬使用時にHPが100%の状態で復活する隠れ仕様があるが、ククルのほうが戦闘不能になり易いのでこの仕様が活かされることは皆無である。

 使用すると防御力が4上昇する効果がある。コンバート時にククルが装備して登場するため、その場合は装備を取り上げてしまってドーピングアイテムとして活用するべきだろう。