アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ロボット系の概要


 仲間モンスターの中で唯一銃①が装備出来るクラスである。銃①自体が人間キャラの中でシュウしか装備できないので、銃①を装備したければ必然的にシュウかこの系統のどちらかを起用することになる。

 名前のとおりロボットなのだが、意外と感情表現が豊かである。普通のチンピラのようなセリフを吐くこともあれば、神の塔で壁に向かって無意味な体当たりをしたりとコミカルな一面があり、ロボットが人間襲う映画などで散見される「機械と言う無機質な存在の怖さ」はあまり感じられない。

 アーク2の世界観ではヂークベックやグロルガルデ、ジャッジメントなど「機械でありながら魂が宿り信念をもつロボット」にスポットライトが当たっている節があり、この系統の連中が妙に人間地味た行動をするのもその世界観の影響だろう。



基本的なパラメーター

ロボット系の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 2 0.4 0.2 0.4 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +0 +0.2 +0.2 +0.0 +0.0
81 捕獲Lv1 175 165 36.0 22.0 37.0 19.0
81 捕獲Lv81 195 165 40.0 26.0 37.0 19.0
- 強化値 +20 +0 +4.0 +4.0 +0.0 +0.0

 闇法師系も独特の成長テーブルを持っていたが、この系統もまた独特の成長テーブルを持っている。最大の特徴はMP成長が2であり、魔力成長も魔術師系と同等の成長をするという点だろう。

 防御力が低くはあるものの、遠距離攻撃できる銃の存在がその弱点をある程度カバーできている。しかし背後に回られると軽くスクラップにされてしまうので注意しよう。

ロボット系の補正値
名前 属性
SA-100 17/16 16/16 11/16 +2.4
SA-200 17/16 16/16 11/16 +2.4
PA-100 18/16 18/16 14/16 -1.6
PA-200 18/16 18/16 14/16 -1.6
CAA-5 17/16 17/16 12/16 +2.4
CAM-6 18/16 18/16 14/16 -0.8
ロボット系の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
SA-100 4 1 0 1.00 1.50
SA-200 4 2 0 1.00 1.50
PA-100 4 0 2 0.50 1.50
PA-200 4 0 3 0.50 1.50
CAA-5 5 1 3 0.50 1.50
CAM-6 5 3 1 0.50 1.50

 機械だからなのか、全てのクラスが属性を持たないのが特徴。見た目的には他差は無いのだが、素早いクラスとそうでないクラスがおり、バージョンによって性能が異なることが分かる。

 最終的に使うのであれば、移動力5で勝つ敏捷度が高めなCAA-5か、敏捷度を犠牲にして他の補正値を高めたCAA-6が使いやすいだろう。

 

特殊能力

ロボット系の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
スピードアップ Lv1SA-100 なし 捕獲Lv+7
スピードダウン Lv1SA-200 サタン 捕獲Lv+7
ストライクパワー Lv1PA-100 なし 捕獲Lv+7
パワーロス Lv1PA-200 なし 捕獲Lv+7
ジャンピングハイ Lv2CAA-5 なし 捕獲Lv+13
ジャンピングロー Lv2CAM-6 なし 捕獲Lv+13
パワーシュート Lv2CAA-5 なし 捕獲Lv+7
イージーシュート Lv3CAM-6 なし 捕獲Lv+25

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv40:SA-100
・必要Lv40:SA-200
・必要Lv50:PA-100
・必要Lv50:PA-200
・必要Lv60:CAA-5
・必要Lv60:CAM-6
となっている。要求レベルが低めなうえにイージーシュート以外は成長度2よりも覚えさせやすい。

 大問題なのが、自力習得する全ての特殊能力が補助魔法であるという点だろう。肝心の魔力成長が高めという長所が全く活きないのでなんだか損をした気分になる。行動調整のスピードアップと攻撃力を上下させられるのはそれなりに便利ではあるが…。

 ブラキアの封印の遺跡にLv61で出現するSA-200を捕獲すれば、捕獲した時点で全クラスへのクラスチェンジ条件を満たしているので特殊能力の習得は簡単だろう。イージーシュートの成長値が①という酷い設定になっており、習得はレベル85頃になってしまう。もはや存在を忘れて追加特殊能力をセットしたほうが良いだろう。

 

追加特殊能力

ロボット系の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
トルネードLv3
※必要Lv72
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な風属性の範囲攻撃
ブリザードLv3
※必要Lv80
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な水属性魔法
エクスプロージョンLv3
※必要Lv84
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程の火属性魔法
トルネードLv3
※必要Lv88
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な風属性の範囲攻撃
エクストラクトLv3
※必要Lv92
8 16 32 攻撃 周囲
解説:周囲に攻撃力依存攻撃
インビシブルLv3
※必要Lv100
8 24 72 補助 自分
解説:使用Lvと同じターンの間ダメージ+状態異常無効化

 自力習得の特技がイマイチなラインナップだったので、特殊能力に関しては必然的に追加特殊能力で頑張っていくことになる。高い魔力成長は追加特殊能力をセットしてようやく活用できるようになる。

 何故かトルネードが2個もあるという手抜きが施されている。恐らくアースクエイクとの設定ミスだろう。

 打たれ弱さを克服出来るインビブルは確定で良いとして、攻撃魔法とエクストラクトで迷う事になる。あまり突撃するタイプでもないので、基本はエクスプロージョン辺りが使いやすいだろう。

 

装備例

ロボット系の装備例①
武器 パラライザー
※攻撃時に麻痺状態にする。

 銃を装備できるとはいえ、それなりに敵に接近させる必要がある。可能な限り状態異常を付与できる武器を装備させるべきだろう。

 

ロボット系の装備例②
武器 デスグリムゾン
※攻撃時に様々な状態異常付与

 パラライザーはシュウ・トッシュ編でのレジスタンス襲撃イベントで出現する手配モンスターから盗む以外の入手手段がない。取り逃がした場合などはこれで代用すると良い。無人の館のフロアアイテムなので、その気になれば無尽蔵に入手できる。

 

ロボット系の総合評価

 モンスターでありながら銃が持てる、魔力の成長がさり気なく高いなどの独自の特徴を持っている系統である。

 しかし銃を装備出来る上に高機動、高耐久で、さらに魔法のりんごまで装備出来るシュウの存在が常に付きまとう事になる。

 こちらはレベル100でインビシブルをセットできるようになると言う長所があるものの、黒装束とアーマーストーンを搭載したシュウは特殊能力に頼るまでも無く鉄壁である。

 そのため通常プレイよりもモンスター縛りでの活躍が期待されるモンスターだろう。ノーコストで状態異常を撒けるのはモンスター縛りにおいて重要で、長丁場のダンジョンなどの節約で大いに実力を発揮してくれる。