アークザラッド2を攻略・分析するサイト

フライ系の概要


 巨大な昆虫のようなモンスター。英語で空を飛ぶ昆虫を○○flyと呼ぶ(トンボ=ドラゴンフライ、蝶々=バタフライ、ホタル=ファイアーフライ等)ので多分こいつも昆虫である。巨大化しすぎておりモチーフになった昆虫がいまいちよくわからないが。
(´・Д・)クラス名から言ってもトンボっぽいか?

 ジャイアントバット系が薄暗い洞窟や、使い魔に呼び出されてくる下っ端感があったのに対し、この系統はそんな描写は見られず、広い高原や沼知などに出現し、飛行移動を活かして突っ込んでくることが多い。

 ジャイアントバット系と違ってジャンプレベル以外は普通に成長する。反面ジャイアントバットが持っていた吸収系の特殊能力が使用できないため、突き詰めて考えるとジャイアントバット系のほうが戦力は上だと言えるだろう。



基本的なパラメーター

フライ系の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 175 84 36.0 38.0 20.4 19.0
81 捕獲Lv81 195 104 40.0 38.0 24.4 19.0
- 強化値 +20 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 成長値自体はジャイアントバット系と一緒である。クラスによって差があるものの、素早さも概ね同程度であるため自然とジャイアントバット系と同じような運用になる。

 運用上使用する特殊能力は限られているので、出来るだけ高レベルの個体を捕獲したほうが使いやすいと言えるだろう。

フライ系の補正値
名前 属性
マイティフライ 13/16 14/16 13/16 -0.8
ドラゴンフライ 17/16 17/16 11/16 +2.4
ストーンフライ 17/16 16/16 13/16 +1.6
アイスフライ 17/16 17/16 11/16 +2.4
アンデッドフライ 18/16 18/16 14/16 -0.8
パラライズフライ 17/16 17/16 12/16 +2.4
フライ系の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
マイティフライ 4 0 1 1.00 1.50
ドラゴンフライ 4 1 0 1.00 1.50
ストーンフライ 4 1 3 1.00 1.00
アイスフライ 4 2 3 1.00 1.00
アンデッドフライ 5 3 2 0.75 1.25
パラライズフライ 4 3 2 0.75 1.25

 空を飛ぶ昆虫というモチーフからか、大抵のクラスに素早さのボーナスが乗っていることが特徴的。同レベル帯であれば先制して動けるためジャイアントバット系と同じで開幕で避難行動を取り易い。

 最終クラスは移動力5でアンデッドのアンデッドフライにしたいところだが、こいつはなんと素早さ補正がマイナスである。アンデッド故に不意の事故には強いのだが、マップ次第では素早く動ける方が重要なケースもあるのでパラライズフライと使い分けると良いだろう。

 

特殊能力

フライ系の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
ウィークネス なし アンデッドフライ 捕獲Lv+7
フライングスマッシュ Lv1マイティフライ
Lv1アンデッドフライ
Lv1パラライズフライ
ドラゴンフライ
ストーンフライ
アンデッドフライ
捕獲Lv+7
ホーリーブレス なし マイティフライ 捕獲Lv+13
ファイヤーブレス Lv1ファイアーブレス なし 捕獲Lv+13
ペトロブレス Lv1ストーンフライ なし 捕獲Lv+13
コールドブレス Lv1アイスフライ なし 捕獲Lv+13
ダークブレス Lv2アンデッドフライ なし 捕獲Lv+13
パラライズブレス Lv1パラライズフライ なし 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv30:マイティフライ
・必要Lv40:ドラゴンフライ
・必要Lv50:ストーンフライ
・必要Lv50:アイスフライ
・必要Lv60:アンデッドフライ
・必要Lv60:パラライズフライ
となっている。ジャイアントバット系を意識したのか、若干要求レベルは低めである。

 全クラスがジャイアントスマッシュを習得すると言う、アークザラッド界の中でも随一のプロレスファンである。実はこの系統のアーク1時代の通常攻撃のモーションはジャイアントスマッシュのモーションであった。他にもアーク1のイーガ攻撃モーションにこの技と酷似したものがあり、敵味方入り乱れて地面にたたきつけ合う熱い戦闘が見られたものである。

 多数のブレスを習得するが、パラライズブレスがあれば残りは使わないため、ミルマーナのラゼン沼に居るLv62のパラライズフライを捕獲すれば導入は簡単だろう。

 

追加特殊能力

フライ系の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
エキスパンドレンジLv1
※必要Lv36
4 8 16 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間、移動力7で固定
デトラクトレンジLv1
※必要Lv40
4 8 16 補助 標準
解説:使用Lv+1ターンの間、移動力1で固定
スピードアップLv2
※必要Lv48
2 4 8 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、俊敏度1.5倍
スピードダウンLv2
※必要Lv48
2 4 8 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間敏捷度0.5倍
スリープウィンドLv2
※必要Lv60
9 18 36 攻撃 標準
解説:闇属性攻撃+Lv+1ターン催眠効果
ディバイドLv3
※必要Lv92
12 24 48 攻撃 特殊
解説:敵のHPを吸収し、カーソル内の味方に分配する。
魔力<敵魔力の時に魔力の1.25倍
魔力≧敵魔力×1の時は残HPの25%
魔力≧敵魔力×2の時は残HPの50%
魔力≧敵魔力×3の時は残HPの75%
魔力≧敵魔力×4の時は残HPの100%
のダメージを与える。

 トンボが非常に優れた飛行能力を持つためなのか、やたら移動範囲の操作やスピードを上下させるような特殊能力が並んでいる。

 スリープウィンドは威力は期待できないものの、パラライズブレスと違う攻撃範囲を持つので妨害目的であるのならセットしても良いだろう。

 ディバイドをセットできるのは助かるが流石に運用か厳しい。ゲットクローがあれば何とか間に合うかもしれないが、回復は基本的に他のキャラで行ってもらう方が簡単だろう。

 

装備例

フライ系の装備例①
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP吸収

 パラライズブレスの持続使用を支えるための装備例。野良で捕まえて即パラライズブレスを使用できるのが最大のウリなので、最低限ゲットクローは用意しておきたい。

 

フライ系の総合評価

 役割的には中盤で手軽に入手できる状態異常付与モンスターと言った感じで、イービルアイやゾンビ系などの時限式のモンスターに近い起用になる。

 じっくり育てるのであればゴーレム系②や剣士系③のほうが役割的に言っても優れていると言えるだろう。導入の速さで勝負するタイプなので育成するのであれば他のモンスターのほうがおススメである。

 飛行移動の仲間としてもジャイアントバットのほうが攻撃と回復を同時に行える吸血があったり、ロブマインドでMPの補給が簡単だったりと、実力で言えば三流戦士である。

 敵モンスターにプロレス技を決めたいという願望を持っていなければ無理に使う必要は無いモンスターである。