アークザラッド2を攻略・分析するサイト

スモッグ系の概要


 ガスの生命体とも言えるモンスター。見た目のとおり状態異常攻撃を得意としており、○○ウィンド系を全て自力習得する。派生形の名前がジャイアントバット系と酷使しており、飛行移動を失った代わりにジャンプや反撃を行えるようになった亜種というような扱いである。

 エクストラクトと同性能の特殊能力も所持しており、ジャイアントバット系とは違ってジャンプ可能とそれなりに差別化が図られている系統ではある。

 しかし自力でのMP補給手段がなく、状態異常魔法も過剰重複気味である。立ち回りで言えばブレス系のほうが使いやすいと言う事もあって実力はかなり微妙だと言えるだろう。



基本的なパラメーター

スモッグ系の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 175 84 36.0 36.8 20.0 17.0
81 捕獲Lv81 195 104 40.0 36.8 24.0 17.0
- 強化値 +20 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 成長値自体は平凡な数値をしているが、敏捷度が低めなのが気になる。役割で言えば他のキャラクターで敵を一か所に誘導して特殊能力で行動不能にするのが仕事なので、こちらから攻撃する分には悪くは無い特徴である。

 しかし防御面では敵の速攻を許しやすく、ジャイアントバット系と違ってジャンプできると言う特徴を活かさぬまま退場になってしまうケースも多い。ジャンプ出来る系統にもかかわらず、生存率に関して初期配置の占めるウエイトが大きい系統と言えるだろう。

スモッグ系の補正値
名前 属性
ファンタズム 13/16 14/16 13/16 -0.8
ポイズンスモッグ 13/16 14/16 13/16 -0.8
パラライズスモッグ 18/16 18/16 13/16 -1.6
ガスクラウド 18/16 18/16 14/16 -1.6
アシッドクラウド 18/16 18/16 14/16 -0.8
メイジスモッグ 14/16 15/16 20/16 +0
スモッグ系の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
ファンタズム 3 1 0 1.00 1.50
ポイズンスモッグ 4 2 0 1.00 1.50
パラライズスモッグ 4 2 1 1.00 1.00
ガスクラウド 4 3 1 1.00 1.00
アシッドクラウド 5 2 3 0.75 1.25
メイジスモッグ 5 3 2 0.75 1.25

 ジャイアントバットと違ってジャンプが出来る上に移動力も広めなので初手さえなんとか出来れば立ち回りで融通が効くようになっている。

 上位クラス二種類は移動力5に加えてLv69でジャンプレベル3に到達するため、終盤に差し掛かった辺りで6マス移動できるなど移動には事欠かないだろう。

 

特殊能力

スモッグ系の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
マジックシールド Lv1メイジスモッグ なし 捕獲Lv+7
テンダリーショック Lv1アシッドクラウド なし 捕獲Lv+7
スリープウィンド Lv1アシッドクラウド なし 捕獲Lv+13
ファイヤーブレス Lv1メイジスモッグ なし 捕獲Lv+13
拡散攻撃 Lv1ファンタズム ファンタズム以外全員 捕獲Lv+13
ポイズンウィンド Lv1ポイズンスモッグ なし 捕獲Lv+13
パラライズウィンド Lv1パラライズスモッグ なし 捕獲Lv+13
ペトロウィンド Lv1ガスクラウド なし 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv30:ファンタズム
・必要Lv30:ポイズンスモッグ
・必要Lv40:パラライズスモッグ
・必要Lv50:ガスクラウド
・必要Lv60:アシッドクラウド
・必要Lv70:メイジスモッグ
となっている。メイジスモッグの要求レベルが高く、状態異常魔法を優先するとファイアーブレスの習得が83前後になってしまう。

 運用するのであればアリバーシャのサラ砂漠でLv46のアシッドクラウドを捕獲しよう。順番にクラスチェンジさせればLv63の時点でマジックシールドとファイアーブレス以外は揃う。特殊能力コンプにこだわるわけで無ければこの時点で追加特殊能力をセットしてしまって良いだろう。

 イメージ重視で特殊能力を設定されたためなのか、役割が重複してしまっているのが短所である。MP補給が出来ない事を補うような、低コストで戦える特殊能力があればもう少し使いやすかったと思われる。

 

追加特殊能力

スモッグ系の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
アシッドブレスLv1
※必要Lv28
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、防御力0.8倍
パワーロスLv1
※必要Lv28
3 6 9 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、攻撃力0.75倍
トランスエネミーLv1
※必要Lv36
6 12 24 補助 特殊
解説:単体の敵をマップ内のどこかに飛ばす
ホールドエネミーLv2
※必要Lv56
3 6 12 補助 標準
解説:使用Lv+1ターンの間、麻痺状態にする
ウィンドスラッシャーLv2
※必要Lv72
8 16 32 攻撃 標準
解説:敵のMPにダメージを与える
キュアLv3
※必要Lv100
7 14 28 回復 標準
解説:標準的な回復魔法

 ホールドエネミーは確定で追加だろう。自力でMP補給が出来ないと言う弱点を補う意味でも、低コストで行動不能にできるのは貴重である。

 残りの一つは好きなものを選んでしまって良いだろう。ファイアーブレスの導入がかなり大変な要求レベルであるため、アシッドブレスを投入しても良いかもしれない。

 追加できる特殊能力自体は悪くないラインナップではあるのだが、自力習得する特殊能力と役割がかぶってしまっているため、拡張性の乏しいのが残念である。

 

装備例

スモッグ系の装備例①
武器 フォースフィールド
※光属性のほう

 ここでもフォースフィールドが装備例として出てくる。体当たりしか出来ないモンスターにとってフォースフィールドは生命線であり、スモッグ系を使うのであれば優先的に回してあげよう。

 

スモッグ系の総合評価

 多少工夫が必要なジャイアントバット系と違って、手軽に運用が可能なようにデザインされたのだと思われるような設計が随所に見られる。

 しかし自力でMP補給が出来ないと言うのが致命的であり、特にダンジョン探索など継続戦闘能力が求められるような場面では著しく使いにくい。

 仮にMP成長が2であれば、「伸びしろは少ないが、ジャイアントバット系と違って手がかからない系統」として存在感を発揮できたと思われる。

 結果的に悪い部分だけが目立つような設計になってしまっているため使いにくく、モンスター縛りでも出番は少ないだろう。