アークザラッド2を攻略・分析するサイト

オーク系の概要


 剣士系が剣を使った騎士のようなイメージのクラスが多いが、こちらは斧を使ったバーサーカーのようなイメージのモンスターとしてデザインされている。

 この系統には下位種や上位種などの部類はなく、ちょうど中位種くらいの強さを持つため戦闘要員としてはそこそこの強さを持っている。最大の長所は導入コストの低さだろう。

 前衛系でありながらHP成長2と頼りないが、インビシブルを早期習得できる上に、他の特殊能力も優秀と使い方次第では強力な仲間モンスターである。パンチも装備出来るので単独行動向きのモンスターだと言える。



基本的なパラメーター

オーク系の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 175 84 36.4 38.4 20.6 19.0
81 捕獲Lv81 195 104 40.4 38.4 24.6 19.0
- 強化値 +20 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 ステータスの成長値は剣士系①と一緒。要するに大抵のモンスターが成長する数値と同じなので特筆するべき点は無い。

 前衛として打たれ弱い面もあるが、それを補うインビシブルを習得可能なので、プレイヤーの腕次第ではどうにでもなる問題である。

 初期レベルボーナスの影響がそれなりに受けるキャラクターなので、高レベルの個体を狙ってみるのも悪くないだろう。

オーク系の補正値
名前 属性
オーク 13/16 14/16 13/16 -0.8
ホブゴブリン 13/16 14/16 13/16 -0.8
ミノタウロス 18/16 18/16 13/16 -1.6
シュテンドウジ 18/16 18/16 13/16 -1.6
オーガ 18/16 18/16 14/16 -1.6
オーガロード 18/16 18/16 14/16 -0.8
オーク系の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
オーク 4 1 0 1.00 1.50
ホブゴブリン 4 1 1 1.00 1.50
ミノタウロス 4 1 1 1.00 1.00
シュテンドウジ 4 1 3 1.00 1.00
オーガ 4 1 4 0.75 1.25
オーガロード 4 2 3 0.75 1.25

 大地に生きる狂戦士をイメージしているからなのか、属性が地と火だらけである。上位種がすべて火属性なのはネックであり、時雨を装備できないのが多少難点だろう。

 補正値自体は後半の連中はまずまずで、要求レベルも低いので最終的に使うのであればオーガロードか、時雨を装備出来るミノタウロスと言う事になるだろう。

 

特殊能力

オーク系の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
リタリエイション Lv1オーク なし 捕獲Lv+7
ディストラクション Lv1ホブゴブリン ホブゴブリン以外全員 捕獲Lv+13
パワーロス Lv1ミノタウロス なし 捕獲Lv+13
ストライクパワー Lv1シュテンドウジ なし 捕獲Lv+13
プロテクション Lv1オーガ なし 捕獲Lv+7
テンダリーショック Lv2オーガロード なし 捕獲Lv+13
チャージ Lv1オーガ オーク
ホブゴブリン
オーガロード
捕獲Lv+7
エクストラクト Lv1オーガロード なし 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv30:オーク
・必要Lv30:ホブゴブリン
・必要Lv40:ミノタウロス
・必要Lv40:シュテンドウジ
・必要Lv50:オーガ
・必要Lv60:オーガロード
となっている。要求レベルが高いほどステータスも高いので、順番にクラスチェンジしていけば問題ないだろう。

 覚える特殊能力はどれも優秀だが、全て覚えようとすると少し手間がかかってしまう。エクストラクトを活用しつつインビシブルで運用したい場合はストライクパワーかプロテクションのどちらか一つとリタリエイションをあきらめて追加特殊能力をセットしよう。

 パンザ山に出現するLv58のミノタウロスを捕獲し、シュテンドウジorオーガ → オーガロードとクラスチェンジしていけば、追加特殊能力をセットしてもエクストラクトも覚えられる。

 

追加特殊能力

オーク系の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ホールドエネミーLv1
※必要Lv20
3 6 12 補助 標準
解説:使用Lv+1ターンの間、麻痺状態にする
エキスパンドレンジLv1
※必要Lv24
4 8 16 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間移動力が7で固定される
スピードアップLv2
※必要Lv32
2 4 8 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、俊敏度1.5倍
ファイヤーブレスLv2
※必要Lv40
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、魔力0.75倍
インビシブルLv2
※必要Lv56
8 24 72 補助 自分
解説:使用Lvと同じターンの間ダメージ+状態異常無効化
ペトロブレスLv2
※必要Lv80
10 20 40 攻撃 特殊
解説:闇属性攻撃+Lv+1ターン石化効果

 ホールドエネミーからファイヤーブレスまでの4種類は成長度①なのに注意しておきたい。スピードアップで行動調整している場合は、長期間レベル3が使用できないコイツでの長期運用は避けよう。

 インビシブルをレベル56から導入できる点が素晴らしく、パンザ山の個体を捕獲してきてマザークレアに放り込むだけで即壁係として運用が可能である。最終的にはペトロブレスもセットできるため後衛としても動ける。

 剣士系としての特性を併せ持ちながら、ドッグ系のようにゲットクローと石化ブレスによる行動妨害が出来るなど、ハイブリッドなクラスだと言えよう。

 

装備例

オーク系の装備例①
武器 鬼灯
※Lvアップ時MP+1

 レベルアップ時の装備品。本気で使うのであれば切り裂きジーンの登場時に出現するLv16のオークを捕獲しておきたい。しかしこの系統は捕獲して即インビシブルが最大のウリなので、そこまでして使う必要も無い気がする。

 

オーク系の装備例②
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP吸収

 基本装備。インビシブルで敵の攻撃を受け止めつつ、戦闘の終わり際に殴ってMPを補給しよう。

 

オーク系の総合評価

 捕獲が簡単、何度でも遭遇できる、即マザークレアにつれて行っても問題ない、装備品でMP補強も出来るという「導入の簡単さ」が最大のウリのモンスターである。

 インビシブル係としてはエルクのほうが簡単ではあるが、エルクをフリーに動かしたいパーティ編成であったり、アークとエルクの2パーティ編成をする場合などでも使用できるのは素晴らしい長所である。

 ゲットクロー+ペトロブレスによるサポート行動も可能であり、使う際のコストパフォーマンスは極めて高いと言えるだろう。

 流石にゴーレム系②ほどの強さは無いが、パンザ山に居る連中を一匹捕まえるだけで気軽に使えるので、初めて仲間モンスターを使う際にはお勧めの一匹である。