アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ゴーレム系②の概要


 ゴーレム系の上位種。下位種でもかなり強いモンスターであったのだが、上位種であるこの連中はその強さをさらに上回る強さを持っている。

 たまに最強モンスターの候補として、ゴールデンスライムやケルベロスなどが語られるが、通常プレイの範囲内で人間キャラに組み込んで使うならこのゴーレム系②が最強だと言って間違いないだろう。

 インビシブルとロブマインドを両立しており、習得特技も必要ないものは切り捨てて良いなど他のモンスターとは一線を画する強さを誇っている。システムを理解していれば導入コストも低めで、ヂークベックを利用すれば中盤から導入が可能など、活躍期間が長いのも特徴である。



基本的なパラメーター

ゴーレム系②の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 3 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+0 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 257 85 37.0 39.0 21.0 18.6
81 捕獲Lv81 257 105 41.0 39.0 25.0 18.6
- 強化値 +0 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 下位種が防御力に初期レベルボーナスがあったのに対し、こちらは魔力に初期レベルボーナスが存在している。しかしフロストギガントは22/16という鬼のような防御補正を持っているため、総合的な防御力はこちらのほうが高いと言えるだろう。

 成長値自体は下位種と同じため、基本的な動き自体は下位種と同じような感じである。しかしこちらはインビシブルを習得可能であり、ロブマインドで大量にMPを回復できるなど、運用上の安定感が格段に向上している。

 魔法主体としたパーティでの囮役はもちろんだが、MP供給役としても優秀である。無論殴らせても強いなど、他のモンスターの存在価値を奪いかねないほどの強さを持っている。

ゴーレム系②の補正値
名前 属性
フレッシュゴーレム 17/16 21/16 15/16 -3.2
フロストギガント 17/16 22/16 15/16 -4.0
アースギガント 19/16 18/16 13/16 -0.8
聖なる魔人 14/16 17/16 18/16 -0.8
死の魔人 18/16 18/16 14/16 -0.8
イーフリート 19/16 18/16 13/16 -0.8
ゴーレム系②の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
フレッシュゴーレム 4 1 3 0.50 1.50
フロストギガント 4 1 3 0.50 1.50
アースギガント 4 2 3 1.00 1.00
聖なる魔人 4 1 3 0.75 1.25
死の魔人 4 3 2 0.50 1.50
イーフリート 5 3 3 1.00 1.00

 どれも明確な上位互換と言うものが存在せず、全てのクラスに利用価値があると言う珍しく丁寧に調整されていることが分かる。光属性、防御重視、素早さ重視と言った感じでゴーレム系は味付けがされており、魔人系も魔力重視、アンデッド、移動力5と言う感じで差別化が図られている。

 どの形態も強力であることには変わりないので、パーティ編成と相談してどのクラスで運用するか決めると良いだろう。

 

特殊能力

ゴーレム系②の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
リフレッシュ Lv1フレッシュゴーレム なし 捕獲Lv+13
インビシブル Lv1イーフリート イーフリート以外全員 捕獲Lv+7
キュア Lv1聖なる魔人 なし 捕獲Lv+13
ブリザード Lv1フロストギガント なし 捕獲Lv+13
アースクエイク Lv2アースギガント 土の魔人と風の魔人以外全員 捕獲Lv+13
天の裁き Lv1聖なる魔人 なし 捕獲Lv+13
デス Lv1死の魔人 なし 捕獲Lv+13
エクスプロージョン Lv3イーフリート 死の魔人 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv60:フレッシュゴーレム
・必要Lv70:フロストギガント
・必要Lv70:アースギガント
・必要Lv50:聖なる魔人
・必要Lv60:死の魔人
・必要Lv70:イーフリート
となっている。必要レベルが高めではあるが、レベル60以下の連中の特技だけで必要十分は揃うので気にしなくても良い。

 アララトスの遺跡ダンジョン地下18階に出現する死の魔人を捕獲すると育成がしやすいだろう。死の魔人 → 聖なる魔人 → フレッシュゴーレム と育成し、レベル72でロブマインドを追加できるまでの間にブリザードとアースクエイク以外の全ての特殊能力が揃うだろう。

 攻撃系、回復系、事故強化とバランス良く特殊能力を習得するのは高評価。しかし自力では状態異常を付与する特殊能力を覚えないので追加能力で補う必要がある。

 

追加特殊能力

ゴーレム系②の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ダークブレスLv3
※必要Lv24
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+2ターンの間、暗闇状態にする
ペトロウィンドLv3
※必要Lv36
10 20 40 攻撃 標準
解説:闇属性攻撃+Lv+1ターン石化効
スーパーノヴァLv3
※必要Lv48
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な光属性魔法攻撃
ディバイドLv3
※必要Lv56
12 24 48 攻撃 特殊
解説:敵のHPを吸収し、カーソル内の味方に分配する。
魔力<敵魔力の時に魔力の1.25倍
魔力≧敵魔力×1の時は残HPの25%
魔力≧敵魔力×2の時は残HPの50%
魔力≧敵魔力×3の時は残HPの75%
魔力≧敵魔力×4の時は残HPの100%
のダメージを与える。
ロブマインドLv3
※必要Lv72
0 1 2 攻撃 標準
解説:MPにダメージ与えてカーソル内の味方と分配する
リザレクションLv3
※必要Lv92
16 31 96 回復 特殊
解説:戦闘不能者を復活させる

 非常に優れた追加特殊能力を持っている。基本的にはロブマインド+ペトロウィンドがお勧めだが、パーティ編成によって組み替えても良いだろう。

 すべて初期レベルが3であることが素晴らしく、普通にプレイしていたらレベル72の時点でロブマインドをレベル3で使えるのはこのゴーレム系②だけだろう。

 ロマンシングストーン無しでもMP管理が格段に楽になるため、非コンバート時であれば積極的に捕獲に向かっても良いだろう。

 

装備例

ゴーレム系②の装備例①
武器 パワーアーム
※防御率上昇

 下位種でも同じ装備例を出していたが、こちらでも当然に可能である。ロブマインドがある分、こちらをメイン装備にした方が多分使いやすいだろう。

 

ゴーレム系②の装備例②
武器 アストラルポール
※合成品

 インビシブルで特攻させたときの装備例。エクストラクトほどの派手さは無いが、反撃でガスガス殴っていくため爽快感抜群である。

 

ゴーレム系②の総合評価

 ステータスの高さ、特殊能力の質、導入の簡単さなどを考えると、多分本作での最強の仲間モンスターである。魔法主体のパーティであれば壁役兼MP補給係として圧倒的な存在感を見せつける。

 純粋な打撃要員としては流石に毎ターンチャージが装備出来る人間キャラに分が悪いが、仲間モンスター内での打撃役としては間違いなくトップクラスの安定感を誇る。

 インビシブルで敵を引き付けた上でペトロウィンドで集団の相手を行動不能に陥れることが出来る他、キュアやリフレッシュまで完備しており、少々強く設定しすぎてしまっている気がする。

 やや鈍足なのと、最大MPが低めなのには注意しておきたい。剣士系①のように鬼灯ドーピングが出来るわけではなく、全体的にコストが重めな特殊能力で戦うため、ロブマインドのタイミングを間違えないようにだけ注意しておこう。