アークザラッド2を攻略・分析するサイト

バード系①の概要


 バード系の下位種。下位種なのだが何故か出現が遅く、また僻地に出現するためあまり見ないままクリアしてしまうケースも多い。パンザ山のギルドイベントではそこそこ出現するのが救いか。

 飛行能力に加えてパラライズブレス、ペトロブレスを使えるのでそこそこ使える、と思いきやMPが低めであり、すぐにMP切れになると言うジレンマを抱えているのは仲間モンスターの宿命だろう。パンチを装備出来るマンティコアの補正があまり良くないのも正直かなり痛い。

 飛行能力を持つが、移動が4のためかなり機動力で苦労する羽目になる。攻撃も1マスしか攻撃できないため、飛行のイメージの割に戦場にたどり着けずウロウロしているだけになり易いので注意したい。



基本的なパラメーター

バード系①の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 175 85 36.8 38.0 20.0 20.8
81 捕獲Lv81 195 105 40.8 38.0 24.0 20.8
- 強化値 +0 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 ゴースト系①と基本的にはボーナスの部分まで含めても一緒である。状態異常ブレスを中心に立ち回ることになるのだが、あちらは移動範囲4+1に加えて短剣まで装備出来る。

 登場時期が遅い割に、ステータスの伸びもあまり良くなく、仲間モンスター中心でパーティを組む場合でも主力にするのは少々厳しいスペックをしている。

バード系①の補正値
名前 属性
マンティコア 13/16 14/16 13/16 -0.8
ファイアーバード 17/16 16/16 11/16 +2.4
サンダーバード 17/16 17/16 11/16 +2.4
コカトリス 17/16 17/16 12/16 +2.4
フェニックス 19/16 18/16 13/16 -0.8
バード系①の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
マンティコア 4 1 0 1.00 1.50
ファイアーバード 4 2 0 1.00 1.50
サンダーバード 4 1 1 1.00 1.50
コカトリス 4 1 3 1.00 1.00
フェニックス 6 4 1 1.00 1.00

 フェニックスの移動範囲6をどのように判断するかだろう。マップによっては他のキャラクターを移動させてからでないと、飛行系のモンスターが移動できないケースも多いので、エキスパンドレンジかがあるとは言えど移動範囲が広く、後手を取り易いフェニックスにしておくべきだろう。パンチを装備できないのがかなり痛いが。

 下位種の割には肉弾戦能力はそこそこの能力を持ってはいる。しかし細かい立ち位置の調整が難しいのも事実であるので、弱点をごまかしながらの運用が求められる。

 

特殊能力

バード系①の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
ウインドシールド Lv1マンティコア なし 捕獲Lv+13
ファイアーシールド Lv3フェニックス なし 捕獲Lv+25
エキスパンドレンジ Lv1マンティコア マンティコア以外の全員 捕獲Lv+13
パラライズブレス Lv1マンティコア なし 捕獲Lv+13
ファイヤーブレス Lv1ファイアーバード フェニックス 捕獲Lv+7
サンダーブレス Lv1サンダーバード フェニックス 捕獲Lv+13
ペトロブレス Lv2コカトリス なし 捕獲Lv+13
エクスプロージョン Lv2フェニックス ファイアーバード 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv30:マンティコア
・必要Lv40:ファイアーバード
・必要Lv50:サンダーバード
・必要Lv60:コカトリス
・必要Lv70:フェニックス
となっている。階段のようにきれいに並んでいる。

 状態異常ブレスが無いと話にならないので、アララトスのアゼンダ高地に居るレベル46のコカトリスを勧誘してからの運用になるだろう。最初からペトロブレスをLv2で習得しており、最低限の戦闘力は有している。

 しかしパンチを装備出来るのがマンティコアだけと言う宿命を抱えている。ステータス補正が良いフェニックスでは継続戦闘能力に乏しく、全モンスターの中でもかなり扱いにくい部類と言える。

 エキスパンドレンジを自力で覚えるのが救いだろう。ペトロブレス、パラライズブレスとエキスパンドレンジを覚えたら追加特殊能力を導入してしまって良いだろう。

 

追加特殊能力

バード系①の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
スピードダウンLv2
※必要Lv24
2 4 8 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間敏捷度0.5倍
ストライクパワーLv1
※必要Lv28
3 6 12 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、攻撃力1.25倍
デトラクトレンジLv2
※必要Lv44
4 8 16 補助 標準
解説:使用Lv+1ターンの間、移動力1で固定
スリープウィンドLv2
※必要Lv44
9 18 36 攻撃 標準
解説:闇属性攻撃+Lv+1ターン催眠効果
プロテクションLv2
※必要Lv72
4 8 16 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、防御力1.25倍
コンフュージョンLv2
※必要Lv72
8 16 32 攻撃 標準
解説:魔力1.16倍攻撃+使用Lv+1ターン混乱

 追加投手能力は微妙すぎるの一言である。プロテクションとコンフュージョンで固定になってしまうと思われる。

 サポート系の能力も悪くは無いのだが、もっと適任者がおりわざわざこの系統で行う必要性は皆無だろう。

 

装備例

バード系①の装備例①
武器 ハイパーブーツ
※敏捷度上昇

 基本的には後手を取って味方に通路を確保してもらう方が良いが、先制で動きたい場合はハイパーブーツがあれば割と簡単に先制が取れるだろう。

 

バード系①の装備例②
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP吸収

 マンティコアを使う場合。この系統内で最低の補正値ではあるが、パンチを装備出来るのがマンティコアだけなので、ゲットクローを装備させたい場合は否応なしにこの組合せになる。

 

バード系①の総合評価

 下位種でありながら何故か登場が遅かったり、ゲットクローの導入に苦労させられたり、飛行移動なのに移動範囲自体が狭かったりと正直かなり恵まれないモンスターである。

 上位互換を上げればきりがないほど存在しており、趣味でもなければ使う必要は全くないだろう。そもそも出現地域が僻地なので、あまり存在を認知しないままゲームクリアしてしまった人も多いと思われる。