アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ゴースト系②の概要


 ゴースト系の上位種。下位種と比べると若干ステータスが底上げされており、特に肉弾戦能力はが高くなっている。

 見た目などの理由から悪役としての活躍も多く、世界観を演出するための役割で言えば下位種とほとんど一緒である。

 特殊能力で言っても、ペトロウィンドを主体として戦う事になる下位種に対して、こちらはそれがスリープウィンドに置き換わっただけである。あまり明確に差別化が出来ておらず、中盤以降はスタメン落ちと言う展開も一緒であるため、人によっては上位種と下位種が存在することも知らないかもしれない。



基本的なパラメーター

ゴースト系②の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 3 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+0 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 254 86 35.4 36.8 21.0 18.4
81 捕獲Lv81 254 106 39.4 36.8 25.0 18.4
- 強化値 +0 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 下位種よりもHP成長が高くなっており、そこそこ打たれ強くなってはいる。状態異常付与と残党兵の処理が仕事であるため劇的な効果は無いが、流れ玉や不意打ちに強くなっているのはありがたい点である。

 魔力成長やMP成長に+αがあれば魔法系としての活躍も期待できたのだが、そういった強化は見られず少々残念だと言える。

ゴースト系②の補正値
名前 属性
スペクター 14/16 15/16 19/16 0
ブルーファントム 14/16 16/16 19/16 0
レッドファントム 14/16 16/16 19/16 0
グリムロック 17/16 17/16 11/16 +2.4
エクトプラズム 17/16 17/16 12/16 +2.4
ブラックレイス 17/16 16/16 12/16 +3.2
ゴースト系②の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
スペクター 4 3 1 0.75 1.25
ブルーファントム 5 3 2 0.50 1.50
レッドファントム 5 2 3 0.50 1.50
グリムロック 4 2 1 1.00 1.00
エクトプラズム 5 3 2 0.75 1.25
ブラックレイス 5 4 1 0.75 1.25

 移動力5+短剣の射程距離はかなり長いと言っても良い水準である。遊撃させながらスリープウィンドで敵の動きを妨害するのであれば良い仕事をしてくれる。

 現実に使っていくのであれば、エクトプラズムで決まりだろう。敏捷度の補正が大きくなっており、先制のエキスパンドレンジはサポートとしては優秀な部類に入る。

 

特殊能力

ゴースト系②の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
イージーシュート Lv1レッドファントム
Lv1グリムロック
スぺクター
ブルーファントム
捕獲Lv+7
スリープウィンド Lv1エクトプラズム
Lv1スぺクター
グリムロック
ブラックレイス
捕獲Lv+13
ダークブレス Lv2ブラックレイス なし 捕獲Lv+13
ホーリーブレス Lv1エクトプラズム なし 捕獲Lv+13
ファイヤーストーム Lv1レッドファントム なし 捕獲Lv+13
ダイヤモンドダスト Lv1ブルーファントム なし 捕獲Lv+13
トルネード Lv1グリムロック なし 捕獲Lv+13
マインドバスター Lv2ブラックレイス エクトプラズム 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv50:ゴースト
・必要Lv60:レイス
・必要Lv60:ダークレイス
・必要Lv50:スモッグビースト
・必要Lv60:イービルアイ
・必要Lv70:ダークストーカー
となっている。上位種としてはまぁ平均的な必要レベルだろう。

 エクトプラズムは白い家のボス戦でLv15の個体を捕獲することが出来るため、イービルアイよりも使えるんじゃないかと思えてしまう。しかし逆に初期レベルが低すぎるという大問題点を抱えており、レベル上げをする間も無いままリーザ編が始まってしまう。

 必要なタイミングで必要な特殊能力を持って登場した下位種と違って、こちらは仲間に出来るタイミングが微妙である。意識しないと捕獲がアーク1勢の合流後になるのだが、その場合は下位種共々使われなくなってしまうだろう。

 スリープウィンドだけあれば戦えるため、適当なタイミングで特殊能力を追加してしまって問題ないモンスターである。

 

追加特殊能力

ゴースト系②の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
マジックシールドLv1
※必要Lv32
8 24 72 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間1度だけ特殊能力を無効化する
コンフュージョンLv1
※必要Lv44
8 16 32 攻撃 標準
解説:魔力1.16倍攻撃+使用Lv+1ターン混乱
エキスパンドレンジLv2
※必要Lv52
4 8 16 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間移動力が7で固定される
メズマライズブレスLv2
※必要Lv60
10 20 40 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、眠り状態にする
ブリザードLv2
※必要Lv76
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な水属性魔法攻撃
天の裁きLv3
※必要Lv84
8 16 32 攻撃 標準
解説:標準的な光属性魔法攻撃

 スリープウィンドさえ覚えていれば後はどうにでもなるので、エキスパンドレンジを習得できるレベルになったらさっさと追加してしまって問題は無いだろう。

 メズマライズブレスは攻撃力依存なので、スリープウィンドよりは威力に多少は期待できる。外周から狙う関係上、範囲の違いも実感できるので、追加枠を使ってでも使用させた方が汎用性が高まるだろう。

 

装備例

ゴースト系②の装備例①
武器 ミスティックナイフ
※魔力上昇

 同じく短剣での戦闘を想定した装備。割り切ってしまってショートソードでも良いかもしれない。

 

ゴースト系②の装備例②
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP吸収

 上位種と言えどMPは平均以下であるため、やはりゲットクローでのサポートは重要だろう。移動力や耐久力が上昇しているので下位種に比べるといくらかMP補給がしやすくなっている。

 

ゴースト系②の総合評価

 単純な強さだけで言えば下位種よりも強いのだが、登場のタイミングや特殊能力等の関係から即戦力として使えた下位種(特にイービルアイ)などから比べると、残念ながら活躍の機会は少ない。

 そのため主な活躍はモンスター縛りの最中だろう。状態異常付与+遠距離攻撃の組合せは実現できるモンスターはすくなく、場のサポート係として活躍が可能である。