アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ドッグ系③の概要


 系統の上位種。ケルベロスがゴールデンスライムの並んで最強モンスターの一匹として認知されているのを良く見かける。

 しかし実際に使ってみればわかるが、レベル差があれば回避率は鈍り、回復能力も無いので落ちる時はあっさり落ちてしまう。MPが低く継続戦闘にはゲットクローが必須など、そこまで絶対的でない事が分かる。

 人間キャラパーティに組み込む場合は魔人系や剣士系①のほうが使いやすいだろう。無論モンスター縛りではエースアタッカーである。この系統の評価は「人間キャラに組み込んで使うのか」あるいは「モンスター縛りの状況下で使うのか」によって大きく評価が分かれると言えるだろう。



基本的なパラメーター

ドッグ系③の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 3 1 0.6 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +0 +0.0 +0.2 +0.0 +0.0
81 捕獲Lv1 257 92 52.4 37.8 20.0 20.0
81 捕獲Lv81 277 92 52.4 41.8 20.0 20.0
- 強化値 +20 +0 +0.0 +4.0 +0.0 +0.0

 中位種に比べると初期レベルアップボーナスにHPと防御が追加されており、より打たれ強くなっていると言える。そして何よりの長所が、モンスターの中で唯一攻撃力が0.6成長(トッシュと同じ)するという事だろう。

 移動力も非常に高めであるため、外周をキープしながらブレスでの攻撃を行いやすい。反面、初期レベルボーナスからMPが削除されている。剣を装備出来るクラスが存在せず、ロブマインドも無いので、必然的に相手をゲットクローで殴る必要性が出てくる。あまり調子に乗って突撃すると危険なので、味方と足並みを揃えて運用する必要があるだろう。

ドッグ系③の補正値
名前 属性
ヌエ 17/16 17/16 12/16 +2.4
ケルベロス 無し 17/16 16/16 12/16 +3.2
グリフォン 18/16 18/16 14/16 -1.6
キメラ 18/16 18/16 14/16 -0.8
ドッグ系③の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
ヌエ 5 3 2 0.75 1.25
ケルベロス 6 8 1 0.75 1.25
グリフォン 4 1 3 1.00 1.00
キメラ 4 2 3 0.75 1.25

 ケルベロスの回避率8と言う数値が光る。しかしチャージ状態の相手からの攻撃は回避できないという仕様があることには注意しておきたい。単純な安心度であればゴールデンスライムのほうがチャージ状態でも防御が機能すると言う意味では安心である。

 ケルベロスの敏捷度の補正値や、移動力6と言う性能は凄まじく、最終形態はケルベロス確定で全く問題ないだろう。

 

特殊能力

ドッグ系③の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
ウインドシールド Lv1ヌエ グリフォン
キメラ
捕獲Lv+7
ファイヤーシールド Lv1ケルベロス なし 捕獲Lv+25
マジックシールド Lv1グリフォン ヌエ
ケルベロス
捕獲Lv+7
ストライクパワー Lv1キメラ なし 捕獲Lv+7
サンダーブレス Lv1ヌエ なし 捕獲Lv+13
ファイヤーブレス Lv1ケルベロス なし 捕獲Lv+13
トルネード Lv1グリフォン ヌエ
ケルベロス
捕獲Lv+13
メズマライズブレス Lv2キメラ なし 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv60:ヌエ
・必要Lv70:ケルベロス
・必要Lv50:グリフォン
・必要Lv60:キメラ
となっている。総合的な特殊能力の質は中位種とあまり変わらない。メズマライズブレスで催眠状態を付与しながら戦っていくスタイルになるだろう。

 アリバーシャのイシュマの岩場に出現するレベル47のキメラを捕獲すると育成がしやすい。初期状態でメズマライズブレスをレベル2の状態で習得しているので即戦力として活躍が出来る。

 キメラ → グリフォン → ヌエ → ケルベロス と順番にクラスチェンジしていけば83くらいでファイアーシールド以外のすべての特殊能力が揃うだろう。ファイアーシールドはケルベロスのレベルを25ほど上げないと習得しないのでもう存在を忘れてしまっても良いだろう。まぁ追加能力は結構イマイチなラインナップなので、ファイアーシールド習得まで粘っても問題なかったりするが。

 

追加特殊能力

ドッグ系③の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ポイズンブレスLv3
※必要Lv32
10 20 40 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+2ターンの間、毒状態にする
ダークブレスLv3
※必要Lv44
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+2ターンの間、暗闇状態にする
ホーリーブレスLv3
※必要Lv56
9 18 36 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、沈黙状態にする
コールドブレスLv3
※必要Lv68
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+2ターンの間、敏捷度0.5倍
アシッドブレスLv3
※必要Lv80
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、防御力0.8倍
パラライズブレスLv3
※必要Lv92
12 24 48 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、麻痺状態にする

 追加の余地があるとすれば、ホーリーブレスとパラライズブレスだけだろう。どちらも概ねメズマライズブレス代用が効いてしまうため、焦って追加する必要は無い。

 高い肉弾戦能力を身につけた反面、ロブマインドを追加できなくなってしまったのはそれなりに痛い問題である。単独行動向きにデザインされており、中位種とは違った運用が求められていると言える。

 

装備例

ドッグ系③の装備例①
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP吸収

 メズマライズブレスで行動妨害をするのが戦闘の基本なので、やはりここでもゲットクローの出番である。この系統は鬼灯戦法も使えず、初期レベルボーナスもない関係でゲットクローの重要性がより増していると言えるだろう。

 

ドッグ系③の装備例②
武器 パワーアーム
※防御率2上昇

 ケルベロス用の装備例。回避率8に加えて防御率を底上げすることでより盤石な耐性を目指すというもの。チャージ状態に無力な回避率を補うと言う意味でも相性が良く、モンスター縛りでプレイするなら頼れる前衛として運用が可能だろう。

 

ドッグ系③の総合評価

 パーティと足並みを揃えて行動するのであれば中位種のほうが適任であると言える。こちらは敏捷度や移動力などの関係から単独行動向きのステータスをしている。

 メズマライズブレスで戦場に横やりを入れつつ、途中でパーティに合流してゲットクローでMP補給を行うのが最も簡単で、かつ強力な運用方法だと言えるだろう。

 通常プレイでは流石に物足りなさを感じるスペックではあるが、モンスター縛りの場合はエースアタッカーである。モンスターを普段使わない人でも、イシュマの岩場で捕獲してくるだけで簡単に運用が出来るので一度使ってみると良いだろう。