アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ドッグ系①の概要


 リーザのお供であるパンディットが属する系統で、系統の最下位種である。上位種、中位種、下位種といる場合、概ね下位種はステータスが低い代わりに、有用な特殊能力を早期に覚えると言う特徴を持っていたのだが、残念ながらこの系統の連中が覚える特技は微妙の一言に尽きる。

 イメージで言えば、他の種族で言う所の、下位種のステータス+中位種の微妙すぎる特殊能力と言った感じの組合せになっており、系統ごとの悪い点を引き継いでいるかのような戦闘能力を有している。

 別に戦えなくもないが、上位互換はいくらでも存在するような状態である。極端な話、パラライズブレスを自力習得するスライム系①のほうがよっぽど強いため、スタメンで使うのは趣味の範囲である。



基本的なパラメーター

ドッグ系①の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 175 88 36.4 38.0 20.2 19.6
81 捕獲Lv81 195 108 40.4 38.0 24.2 19.6
- 強化値 +20 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 基本成長値はスライム系と一緒である。初期ステータスボーナスが豪華なラインナップになっているが、初期レベルが1であるパンディットはここでも割を喰ってしまっている。早い話、パンディットよりも野生のモンスターを捕まえて使った方が強いわけである。

 基本的には接近戦を行うモンスターとしてデザインされているはずなのだが、耐久力が低めである。運用する場合は打撃ではなく、特殊能力を中心に戦った方が賢明だろう。

ドッグ系①の補正値
名前 属性
キラードッグ 18/16 18/16 13/16 -1.6
デスハウンド 17/16 16/16 11/16 +2.4
ウェアウルフ 17/16 16/16 13/16 +1.6
ウェアタイガー 17/16 16/16 13/16 +1.6
ウェアジャッカル 17/16 17/16 13/16 +1.6
ウルフアンデッド 17/16 17/16 13/16 +1.6
ドッグ系①の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
キラードッグ 4 2 0 1.00 1.50
デスハウンド 4 2 1 1.00 1.50
ウェアウルフ 4 2 1 1.00 1.00
ウェアタイガー 4 2 2 1.00 1.00
ウェアジャッカル 4 3 2 0.75 1.25
ウルフアンデッド 4 2 3 0.75 1.25

 使うのであれば、アンデッドであるウルフアンデッドで確定だろう。補正や防御係数もよく、弱点を上手く補ったステータスをしている。

 剣を装備出来るのもポイントが高いと言える。羅刹もそうだが、ウェアジャッカル辺りで鬼灯育成をしておけば、特殊能力主体でも何とか戦う事が出来るだろう。

 

特殊能力

ドッグ系①の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
チャージ Lv1ウルフアンデッド ウェアウルフとウルフアンデッド以外のすべて 捕獲Lv+7
マジックシールド Lv2ウルフアンデッド なし 捕獲Lv+13
アイスシールド Lv1キラードッグ なし 捕獲Lv+7
エキスパンドレンジ Lv1ウェアウルフ ウルフアンデッド 捕獲Lv13
ストライクパワー Lv1ウェアタイガー キラードッグ
デスハウンド
ウェアジャッカル
捕獲Lv7
スピードアップ Lv1ウェアジャッカル ウェアタイガー 捕獲Lv+7
コールドブレス Lv1キラードッグ なし 捕獲Lv+7
アシッドブレス Lv1デスハウンド ウルフアンデッド 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv40:キラードッグ
・必要Lv40:デスハウンド
・必要Lv50:ウェアウルフ
・必要Lv50:ウェアタイガー
・必要Lv60:ウェアジャッカル
・必要Lv60:ウルフアンデッド
となっている。系統最下位種なのにやたら必要レベルが高い。そのため特殊能力習得が無駄に手間がかかる印象が強いと言える。

 特殊能力で言えば、キラードッグ → デスハウンド → ウェアウルフ → ウルフアンデッド と言う順番で行うとすんなり揃うだろう。キラードッグ → ウルフアンデッドだけでもすべて揃うが、有用なエキスパンドレンジは早急に覚えておくべきだろう。

 ウェアウルフは剣を装備出来るので、鬼灯を持たせておいてMPを底上げしながら運用していけば趣味の範囲のモンスターであっても十分に使えるだろう。

 

追加特殊能力

ドッグ系①の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ディストラクションLv1
※必要Lv24
3 6 12 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、魔力0.75倍
カウンターハングLv1
※必要Lv24
3 6 12 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間反撃レベルが0になる
マインドバスターLv2
※必要Lv40
8 16 32 攻撃 標準
解説:敵のMPにダメージを与える
ダイヤモンドダストLv2
※必要Lv52
8 16 32 攻撃 標準
解説:標準的な水属性魔法
サンダーブレスLv2
※必要Lv68
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、攻撃力0.75倍
ブリザードLv3
※必要Lv96
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程の水属性魔法

 サンダーブレスの追加効果がなかなかに優秀で、自身の打たれ弱さをケアしながら攻撃できるのでなかなかに相性がよろしい。エキスパンドレンジで行動範囲を広げて外周から援護するような形にすればそこそこ使う事は出来るだろう。

 最大MPの低さがどうしてもネックになってしまう。鬼灯で底上げするか、ゲットクローがないと常用していくことは難しいだろう。

 

装備例

ドッグ系①の装備例①
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP吸収

 サンダーブレスを安定して使用するための装備品。素早さを活かして残党兵を処理しながら確実にMP回復を図れば何とか使っていけるだろう。

 

ドッグ系①の装備例②
武器 鬼灯
※レベルアップ時にMP+1

 骸や羅刹でも良いが、打たれ弱さを考えるとこの系統はサポート向きである。そのためサンダーブレスの使用回数を増やせる鬼灯で育成しておいた方が汎用性が広まるだろう。

 

ドッグ系①の総合評価

 耐久力が低い割には、スライム系のように相手を行動不能にできるような特殊能力を覚えず、インビシブルのような壁に向く特殊能力も無いと言う正直恵まれていないキャラである。

 アンデッドであり、剣を使った立ち回りをするのであれば、剣士系①のほうが遥かに強いため、趣味の範囲で使うモンスターにとどまっていると言える。

 白い家辺りでスタメン落ちしてしまい、リーザ辺でも逃げ回りながらブレスを吐くだけになってしまった人も多いと思われる。もう少し有効は特殊能力があったら長い間使えていたのだが、あまり強くしすぎると他の仲間モンスターにスポットライトが当たらないためこのようになってしまったのだと思われる。
(´・ω・`)