アークザラッド2を攻略・分析するサイト

魔術師系②の概要


 剣士系やスライム系では系統中位種が使いにくくて弱かったのだが、魔術師系は系統上位種がジャンプレベル等の使用の関係上、使用に耐えないため、使い勝手で言えば下位種 > 中位種 >上位種 ぐらいの力関係になっている。

 下位種ではキュアやロブマインドなどの回復やサポート系の魔法を使用することが出来たのだが、中位種は異なる属性の魔法攻撃が中心である。フレーバー的には良く似合ってはいるが、下位種が持っていた柔軟な対応力が失われてしまっているため、使いやすさで言えば下位種のほうが上である。

 下位種ではなく、あえてこちらを使うのであれば下位種よりも高い魔力補正に着目して、魔法攻撃中心に運用することになるだろう。マイトマインドを追加できるのはそこそこポイント高い。



基本的なパラメーター

魔術師系②の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 3 0.2 0.2 0.4 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +0 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 174 247 19.6 20.0 39.0 18.4
81 捕獲Lv81 194 247 23.6 20.0 43.0 18.4
- 強化値 +20 +0 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 下位種に比べると、初期レベルボーナスがある分だけ若干耐久力が上がっている。しかしどの道触られれば退場するような耐久力しか持ち合わせていないので誤差の範囲と言って良いだろう。

 MP補給が出来た下位種と違って、こちらはMPが切れると完全に置物になってしまう点には注意。MP成長3なら簡単には枯渇しないと思いきや、遠距離で戦いたい関係上、レベル3で特殊能力を発動せざる得ない面も多くあるモンスターなので意外とMPが切れやすい。

魔術師系②の補正値
名前 属性
ソーサラー 14/16 15/16 19/16 -0.8
マジシャン 14/16 15/16 19/16 0
ダークウィザード 14/16 15/16 19/16 -0.8
ハイウィザード 14/16 15/16 19/16 0
魔術師系②の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
ソーサラー 4 1 2 1.00 1.00
マジシャン 4 1 3 1.00 1.00
ダークウィザード 4 2 0 1.00 1.00
ハイウィザード 4 2 1 1.00 1.00

 下位種と違ってこちらには魔力にプラス補正がかかっているため、魔法攻撃力はそこそこ期待できる威力である。移動力もすべて4である上に背面からの被ダメージ倍率も改善されているなど強化面が目立つ。

 戦闘で使用するのであれば、防御率の高いマジシャンで確定で良いだろう。防御率3はそれなりに防御に期待できる数値であり、同レベルであれば20%ほどの確率で防御してくれれるため、耐久力が壊滅的なこの系統では生命線とも言える。

 

特殊能力

魔術師系②の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
ナイスキャッチ Lv1ソーサラー マジシャン 捕獲Lv+7
ミスキャッチ Lv1ダークウィザード ソーサラー
マジシャン
捕獲Lv+7
ダイヤモンドダスト Lv1ソーサラー なし 捕獲Lv+13
エクスプロージョン Lv1マジシャン ソーサラー 捕獲Lv+13
ウィンドスラッシャー Lv1ダークウィザード なし 捕獲Lv+13
トルネード Lv1ハイウィザード なし 捕獲Lv+13
スーパーノヴァ Lv1マジシャン なし 捕獲Lv+13
ディバイド Lv1ハイウィザード なし 捕獲Lv+13

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv40:ソーサラー
・必要Lv50:マジシャン
・必要Lv40:ダークウィザード
・必要Lv50:ハイウィザード
となっている。無人の館に出現するレベル60のハイウィザードを捕まえれば良いので捕獲は簡単である。下位種と違って基本的にいつでも遭遇できるのは高評価

 自力習得の特技に関して言えば、かなり微妙感が漂う。無意味技と化している補助魔法が二つ、性能がほぼ一緒の攻撃魔法が5つもあり、特徴と呼べるのはディバイドだけと言うありさまである。下位種のほうがよっぽど使いやすいだろう。

 ハイウィザード → マジシャンとクラスチェンジしたら、もうクラスチェンジせずに特殊能力を追加してしまって良いんじゃないだろうか。

 

追加特殊能力

魔術師系②の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
マイトマインドLv1
※必要Lv28
2 4 8 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間魔力が25%上昇
スピードアップLv1
※必要Lv32
2 4 8 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、俊敏度1.5倍
マジックシールドLv2
※必要Lv36
8 24 72 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間1度だけ特殊能力を無効化する
アースクエイクLv2
※必要Lv56
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な地属性魔法
ポイズンウィンドLv2
※必要Lv88
8 16 32 攻撃 標準
解説:闇属性1.16倍攻撃+Lv+2ターン毒効果
デスLv3
※必要Lv104
8 24 72 攻撃 特殊
解説:一撃で戦闘不能にする
※成功率は25%±レベル差×2%で下限5%・上限80%

 マイトマインドは魔術師系にとって非常に相性が良いので可能な限り習得するべきだろう。ヂークベックや勇者の翼を装備したエルクがいると、敵と味方の行動順が狂うケースも多いので、スピードアップで行動順を固定すると戦略上安定しやすい。

 そんなわけで、自力習得の特殊能力が揃う前にマイトマインドとスピードアップは追加してしまって良いだろう。レベル88で高威力のポイズンウィンドを追加すれば魔術師系の削り係としては及第点の活躍はできるようになるだろう。

 

装備例

魔術師系②の装備例①
武器 マジックスタッフ
※魔力上昇

 魔力を主体として戦うモンスターなのだが、魔力が上がる装備品がこれしかないのでこれで確定である。魔術系①と同じく一応眠りを誘発するフレイルのスパークスも装備出来るが、この系統でわざわざ通常攻撃をすることは無いと思われるので気にしなくて良いだろう。

 

魔術師系②の総合評価

 補正値や移動力などの基本的なステータスは下位種に比べるとかなりの強化を受けているものの、行使できる特殊能力に関して言えばかなり残念だと言わざる得ない。

 魔法攻撃力自体は良好であり、習得できる特殊能力も高射程の魔法が中心なので、弱点を上手く補っている組合せである。反面、行動不能にできる魔法は一切習得できず汎用性で言えば鬼灯で育てた剣士系①のほうが雑に扱っても良い分使いやすいだろう。

 モンスター縛りの際は、着実にダメージを稼いでいく後衛として十分に活躍する。通常プレイではポコより活躍することは厳しいと言えるだろう。