アークザラッド2を攻略・分析するサイト

スライム系③の概要


 スライム族の系統上位種である。優れたステータスを持つものの、特殊能力の質が正直言ってかなり言わざる得ない。魔力依存の攻撃が大半でなので、範囲攻撃にかなり苦労することになる。

 下位種が行使できた状態異常攻撃も習得することが出来ない。エクストラクトを習得できるので、必然的にこれを中心に立ち回ることになるが、最大MPが低めでややマネジメントに苦労する事になる。

 以上のような事情があり、スライム系の下位種の完全上位互換とはなっていない。モンスター縛りで使う場合は頼りになるが、人間キャラに組み込んで使うのであれば、スライム系①のほうが使いやすいだろう。



基本的なパラメーター

スライム系③の基礎成長値・ボーナス値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 3 1 0.4 0.4 0.2 0.2
- ボーナス
※初期Lv4毎
+1 +1 +0.2 +0.0 +0.2 +0.0
81 捕獲Lv1 255 86 36.4 37.6 21.4 20.4
81 捕獲Lv81 275 106 40.4 37.6 25.4 20.4
- 強化値 +20 +20 +4.0 +0.0 +4.0 +0.0

 ステータス成長で言えば、流石系統最上位とあって上々の仕上がりを見せてくれる。モンスター縛りでは安定した前衛係として十分な活躍が見込まれる。

 多くの仲間モンスターに言える事だが、MP成長1なのが結構厳しい問題である。この系統は耐久力がウリなのでその影響は小さい方だが、レベル上げの観点からすれば無視できない問題なのも事実である。

スライム系③の補正値
名前 属性
ウィルオーウィプス 18/16 18/16 14/16 -0.8
あやし火 18/16 18/16 14/16 -0.8
ゴールデンスライム 17/16 20/16 15/16 -4.0
スライムボンバー 18/16 18/16 14/16 -0.8
スライム系③の固有データ
名前 移動 回避 防御 正面 背面
ウィルオーウィプス 5 3 1 1.00 1.00
あやし火 5 3 2 1.00 1.00
ゴールデンスライム 5 0 1 1.00 1.00
スライムボンバー 4 2 3 1.00 1.00

 特筆すべきはゴールデンスライムだろう。防御率8と非常に高い数値を誇っており、同レベルの相手であれば50%の確率で防御してくれる。また、万能薬で防御できる状態異常を無効化すると言う特性を持ち合わせているため壁役として安定感が高い。

 敏捷度が低いのは残念だが、この突き抜けた特徴を活かさない手は無いので、通常使うのであればゴールデンスライムで確定だろう。

 

特殊能力

スライム系③の特殊能力
特殊能力名 初期習得
※CC後は0習得
Lv0習得 推定習得Lv
ファイアーシールド Lv1ウィルオーウィプス あやし火 捕獲Lv+7
ファイアーストーム Lv1あやし火 ウィルオーウィプス 捕獲Lv+7
自爆 Lv2スライムボンバー
Lv1あやし火
ウィルオーウィプス 捕獲Lv+13
キュア なし ゴールデンスライム 捕獲Lv+7
デトラクトレンジ なし ゴールデンスライム 捕獲Lv+7
エクスプロージョン Lv1ウィルオーウィプス あやし火 捕獲Lv+13
デス Lv1スライムボンバー なし 捕獲Lv+13
アースクエイク なし スライムボンバー 捕獲Lv+25

 クラスチェンジに必要なレベルはそれぞれ
・必要Lv60:ウィオーウィプス
・必要Lv60:あやし火
・必要Lv70:ゴールデンスライム
・必要Lv60:スライムボンバー
となっている。ゴールデンスライムは直接捕獲できないので、必要レベル70がかなりの鬼門である。キュアの習得が実質77なので、77までは特殊能力の追加をためらう羽目になる。

 特殊能力の習得の観点から言えば、ミルマーナでレベル63のスライムボンバーを捕獲して、ウィルオーウィプス → あやし火 → ゴールデンスライムの順番で良いだろう。キュア習得後にエクストラクトを追加すれば十分に戦える。

 アースクエイクを断念することになるが、習得は88まで我慢しなければならない。エクスプロージョンがあれば必要はないので切り捨てても問題ないだろう。初期レベルやクラスチェンジレベルが高い連中は、このように断念する特殊能力の取捨選択も重要である。どうしても気になるなら一度追加特殊能力を削除し、スライムボンバーにクラスチェンジ後にレベルを25ほど上げれば習得する。

 

追加特殊能力

スライム系③の追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ウィンドシールドLv1
※必要Lv24
3 9 28 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、風属性ダメージ0.8倍
グランドシールドLv1
※必要Lv20
3 9 28 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、地属性ダメージ0.8倍
ファイアーブレスLv3
※必要Lv36
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間、魔力0.75倍
コールドブレスLv3
※必要Lv36
8 16 32 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+2ターンの間、敏捷度0.5倍
エクストラクトLv3
※必要Lv68
8 16 32 攻撃 周囲
解説:周囲に物理依存攻撃
スーパーノヴァLv3
※必要Lv72
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な光属性魔法攻撃

 自力習得の範囲攻撃は魔力依存型しか習得しないので、追加能力では攻撃力依存のものを追加しておきたい。エクストラクトは確定として、2種ブレスの中から好きな方を選ぼう。

 自身の敏捷度の低さを補えるコールドブレスのほうがどちらかと言えば相性が良いだろう。悪い追加能力ではないが、スライム系①に比べると小回りが利かなくなっており少々使い勝手が悪い。なおグランドシールドは成長値が0のため、使用レベルが1のまま成長しないが、そもそも追加の必要性が無いので特に問題は起きないだろう。

 

装備例

スライム系③の装備例①
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP吸収

 エクストラクトのためのMP補給用の装備である。何だかんだで特殊能力で削って言った方が使い勝手が良いため、忘れずに装備させておこう。

 

スライム系③の装備例②
武器 パワーアーム
※防御率上昇

 ゴールデンスライムを壁係として使う場合。同一レベルであれば防御率62%とかなりの高さになる。十分なレベルがあれば壁係として安定した運用が可能で、モンスター縛りなどではかなり頼れる存在。

 

スライム系③の総合評価

 モンスター縛りで使うか、通常のパーティに組み込むのかでかなり評価が変わりそうな仲間モンスターである。通常パーティで壁係をやらせるのであれば、エルクにインビシブル特攻をさせた方が早く、わざわざ手間をかけてこの系統を使う必要性は薄い。

 モンスター縛りで使う場合は一転。インビシブル無しで強引に攻撃行動を取れるため、戦闘開始直後の削り係としてかなり頼れる。キュアを習得するなど間違いなく大黒柱的な活躍が可能。

 カタログスペック上はかなりの強さを持つが、実際に使ってみると絶妙に使いにくいモンスターである。通常例ではスライム系①のほうが手軽で使いやすいだろう。