アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ちょこの概要


 アーク1ではアララトスの地下50階におり、ケラックなどと同じ召喚獣の一匹であった。アーク2ではパッと見では普通の人間キャラクターのような感じで振舞っているが、覚醒イベントでそのバックグランドを知ることが出来る。

 コンバート無しだと正直言ってかなり使いにくいキャラクターである。魔法主体のキャラなのだが、靴しか装備できず、標準的な魔法は追加特殊能力だけでしか使用できないからである。

 コンバート有りで連れてくると、初期レベルでも概ねレベル60相当のキャラクターの強さである。反則極まりない強さを誇り、フウジン、ライジンと並んで間違いなくバランスブレイカーである。



基本的なパラメーター

イーガの初期値・成長値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 3 0.2 0.2 0.6 0.2
1 ちょこ
※コンバート
244 91 32.0 27.0 24.0 12.0
50 ちょこ 113 154 15.2 12.8 35.8 13.2
50 サニア 111 205 12.8 12.8 34.0 12.8
90 ちょこ 193 274 23.2 20.8 59.8 21.2
90 サニア 191 365 20.8 20.8 58.0 20.8

 ステータス的に言えばサニアとほぼ同等。MPはさすがに負けるがMP3成長であればそう簡単にMP切れにならないので、実質的にはあまり差は無いと言える。

 高い魔力に加えて、トランスファーと言う絶対的な特徴があり、○○ウィンド系、ロブマインド、ディバイドと非常に小回りが効くサニアと違い、ちょこは攻撃一辺倒の特殊能力である。魔法主体で無ければメインに組み込むのは厳しいだろう。

 コンバート時は異常に高い初期ステータスに加えて、覚醒とヴァニッシュという超威力の特殊能力を習得する。その火力はフウジン、ライジンおも上回り、ラスボスを単騎で削り切ってしまう事も少なくない。

 

ちょこの固有データ
属性 移動力 回避率 防御率 正面補正 背面補正
4 3 2 0.75 1.25
装備可能武器 キック

 魔力主体のキャラクターであるにもかかわらず、靴しか装備できないので魔力を上げる手段がないのがちょっと痛い。専用装備の赤い靴があるのでそこまでハンデは無いと言えるが。

 コンバートの有無にかかわらず、位置取りはかなり融通が効くキャラクターである上、追加能力が高射程のものばかりなので、いずれの場合でもアタッカー専門として運用することになるだろう。

 

特殊能力

ちょこの特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
パシャパシャ 16 31 64 攻撃 特殊
解説:水属性魔法攻撃+1マスノックバック
メキメキ 16 31 64 攻撃 直線
解説:地属性魔法攻撃
ヒュルルー 16 31 64 攻撃 周囲
解説:流星爆の魔力依存版
メラメラ 16 31 64 攻撃 直線
解説:メキメキの火属性版
ポコポコ 16 31 64 攻撃 正面
解説:攻撃力依存攻撃
キラキラ 16 31 64 攻撃 周囲
解説:ヒュルルーの光属性版。何気に1.08倍攻撃
かくせい 31 - - 補助 自分
解説:通常状態と覚醒状態を切り替える。
ヴァニッシュ 26 31 126 攻撃 周囲
解説:ヒュルルー闇属性版の1.3倍撃。計算式の関係上、Lv3使用時は超火力になる

 攻撃一辺倒の攻撃が揃っている。唯一パシャパシャの強制ノックバックが位置調整に使えなくもないが、限定的すぎると言わざる得ない。

 ヒュルルーが結構早い段階でLv3に到達するので基本的にこれをメインに立ち回ることになるだろう。流星爆と同一の範囲であり、高い魔力と合わさって使いやすい性能をしている。

 キラキラはヒュルルーの上位互換とも言える存在。光属性ゆえにアンデッド系を貫通し、威力も1.08倍と非常に優れる。習得が遅いのがネックではある。

 かくせい+ヴァニッシュはコンバート限定の特殊能力である。計算式の関係上、異常な超火力を発揮し、空中城の相手も楽々一撃にしてしまう。ロマンシングストーンを装備させて無双させた人も多いだろう。

 

追加特殊能力

ちょこの追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
アースクエイク
※必要Lv28
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程の地属性魔法攻撃
ブリザード
※必要Lv40
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程の水属性魔法攻撃
エクスプロージョン
※必要Lv48
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程の火属性魔法攻撃
トルネード
※必要Lv64
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程の風属性魔法攻撃
スーパーノヴァ
※必要Lv80
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程の光属性魔法攻撃
デス
※必要Lv104
8 24 72 攻撃 特殊
解説:一撃で戦闘不能にする
※成功率は25%±レベル差×2%で下限5%・上限80%

 魔法を得意とする魔族というイメージからか、高射程の魔法攻撃が詰め込まれている。とりあえず設定しました感もあり、少し手抜きのような感じがしないでもない。

 しかしながらちょこは自力で標準的な魔法攻撃を習得しないため、とりあえずセット出来るだけでも十分に役立つだろう。

 現実的な話で言えば、エフェクトの短いエクスプロージョンと、アンデッドを貫通するスーパーノヴァの2個を設定しておけば、やや大振りになりやすいちょこであってもある程度小回りが利くようになる。

 デスも習得できるのだが、よほど高レベルにならないので効果的な運用が出来ないため実際にセットする機会は少ないだろう。

 

装備例

ちょこの装備例①
武器 赤い靴
※専用装備
防具1 マジックローブ
※魔力上昇
防具2 幻の指輪
※魔力上昇

 魔法使いとして運用するスタンダードなタイプ。非コンバート状態で魔術師として運用する場合はこのような装備品になると思われる。

 サニアやゴーゲンでも同様のことが出来てしまうが、サポートで忙しいサニアや、移動力に難のあるゴーゲンと違って縦横無尽に動けるため、魔法攻撃中心のパーティであれば活躍の余地はあるだろう。

 しかし、これだけお膳立てしてもサニアと同程度の火力しか出ないのもまた現実であり、非コンバート時の強さはやや物足りないと言えるだろう。

 

ちょこの装備例②
武器 赤い靴
※専用装備
防具1 マジックローブ
※魔力上昇
防具2 ロマンシングストーン
※消費MP0

 装備例①が非コンバート時を想定していたのに対し、こちらはコンバート時を想定している。そのため当然覚醒後のヴァニッシュ中心で立ち回ること想定している。

 計算式の都合上、ヴァニッシュはレベル3での使用が最も効果的である。MP成長が3のちょこでも、毎回126ものMPを使用していたらMPが枯渇するのでロマンシングストーンは必須だろう。

 無敵のイメージがあるヴァニッシュだが、実は習得は最速でも北極の塔と南極の塔攻略後であり、実質ラストのロマリアイベントぐらいしか活躍の期間が無い。超威力すぎるため、習得イベントかなり広範にして調整したものと思われる。しかしフウジンとライジンの存在は忘れていたようで、こいつらのほうが長期間にわたってバランスを崩してくれている。

 

ちょこの装備例③
武器 赤い靴
※専用装備
防具1 ネックレス
※Lvアップ時HP+3
防具2 強力果物
※Lvアップ時HP+1

 レベルアップ時。コンバート時はLv1でも最大HP244と言う恐ろしい数値を誇るので心配は不要だが、非コンバート時は魔術師系でありながらヒュルルーのために前に出したい展開も少ないくない。

 集中砲火を喰らった時の生存率を少しでも上げておくためにドーピング装備は優先的に装備させるべきだろう。幸い火力は高いのでレベルは上げやすく、王様の像や絹のおびなどの補助がなくても主力のレベル帯に追いつくのは簡単なキャラクターである。

 

ちょこの総合評価

 全キャラクターの中でもコンバート時の特典を最大限に受けているキャラクターである。とくにロマンシングストーン+ヴァニッシュ連打は思考停止状態であってもラスボスを撃破できるため異常なほどに強い。

 しかし雑魚戦に限って言えば、サニアやエルクのディバイドがレベル3になり、一撃粉砕をし始める時期なので、手慣れたプレイヤーからすると意外と圧倒的な存在でもなかったりする。

 ラスボスもディバイドを連打していれば楽に倒せる相手である。スタッフも「コンバートした時の特典が大きくなり過ぎない」ようにかなり神経を使って調整をしたものとみられる。

 ロマンシングストーン+ヴァニッシュの優れている所は、下準備無しで導入できる点だろう。手慣れたプレイヤーはともかくとして、ゲームに不慣れな人はこの組合せで何とかラスボスを倒した人も多いだろう。