アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ヘモジーの概要


 リーザ編で加入してくれるチョンガラの召喚獣最後の刺客。いつもやる気のない種族で、見た目もなんだかやる気のない感じである。モチーフはきっとナマケモノだろう。

 ケラックやモフリーがサポート向けのステータスであったのに対し、こちらは専ら肉弾戦向けのステータスをしている。肉弾戦能力だけ切り取ってみればエルクと同等にあるのでリーザ編ではそれなりに頼りになる。

 ヘモジー化に代表される状態異常付与に加えて、チョンガラの爆撃と言うネタ技ももっているため個性はかなり発揮されているキャラクターではある。



基本的なパラメーター

ヘモジーの初期値・成長値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 3 1 0.4 0.4 0.2 0.2
31 ヘモジー 105 43 16.4 16.0 10.4 9.0
31 エルク 106 66 16.0 16.4 15.4 9.4
90 ヘモジー 282 102 40.0 39.6 22.2 20.8
90 エルク 283 184 39.6 40.0 39.0 21.2

 前述のとおり肉弾戦能力はエルクと同等のため、実は結構打たれ強いキャラクターである。しかし悲しいことに特殊能力はサポート向きのものが中心であり、MP成長が1のためステータスと特殊能力がミスマッチを起こしてしまっている。

 言ってみれば、魔法のリンゴと適当な武器さえ装備させておけば最低限の活躍は約束されていると言う事でもあり、レベルの上げやすさは確保されていると言える。

 しかし特殊能力が絶妙に使いにくい構成になっており、ケラックやモフリーと同じく永遠の2軍選手の印象をぬぐう事は出来ないだろう。

 

ヘモジーの固有データ
属性 移動力 回避率 防御率 正面補正 背面補正
4 2 2 0.75 1.25
装備可能武器 パンチ・フレイル

 ヘモジーの最大の特徴と言えば、射程無限のチョンガラの爆撃に尽きると言えるだろう。どうせならこれを活かす事を目指していきたい。

 チョンガラの爆撃は魔力依存である。フレイル系に魔力を上げる装備は存在しないので、装備品は基本的にパンチで固定してしまって良いだろう。

 

特殊能力

ヘモジーの特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ヘモジー化 8 16 32 攻撃 正面
解説:ヘモジー状態にする(攻・防が0.75倍。特殊能力使用不可)
コンフュージョン 8 16 32 攻撃 標準
解説:魔力1.16倍攻撃+使用Lv+1ターン混乱
チェンジエネミー 5 10 20 補助 単体
解説:Lv+2ターンの間、地属性被ダメージ0.8倍
マインドバスター 8 16 32 攻撃 標準
解説:敵のMPにダメージを与える
マジックシールド 8 16 32 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間1度だけ特殊能力を無効化する
ダークブレス 8 16 32 攻撃 特殊
解説:闇属性物理攻撃+使用Lv+2ターン暗闇状態にする
ロブマインド 0 1 2 攻撃 特殊
解説:MPを吸収しカーソル内の味方と共に分配する
チョンガラの爆撃 16 32 64 攻撃 無限
解説:敵全体に魔力依存攻撃

 誰もが目を疑うのがチョンガラの爆撃の射程無限と言う性能だろう。しかし魔力依存攻撃であり、ヘモジーの魔力成長は残念ながら0.2と最低値である。

 またMP成長も1であるので実戦投入するにはそれなりの工夫が必要である。ロマンシングストーンを使うか、魔力の泉を2個装備させないとあっという間にMPが枯渇する。

 ロブマインドを自力で覚えるので敵の集団に打ちたくなるが、そもそも敵の集団がいるのであればチョンガラの爆撃を撃ちたいと言うジレンマに陥ることも多い。

 敵全体を低リスクで攻撃できると言うのはSRPGのゲームバランス上、調整が非常に難しいとも言え、ヘモジーもその影響を大きく受けていると言えるだろう。

 

追加特殊能力

ヘモジーの追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ディストラクション
※必要Lv28
3 6 12 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、魔力0.75倍
マイトマインド
※必要Lv40
2 4 8 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、魔力が25%上昇
デトラクトレンジ
※必要Lv48
4 8 16 補助 標準
解説:使用Lv+1ターンの間、移動力1で固定
エキスパンドレンジ
※必要Lv60
4 8 16 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間、移動力7で固定
コールドブレス
※必要Lv72
8 16 32 攻撃 特殊
解説:水属性物理攻撃+使用Lv+2ターンの間敏捷度0.5倍
ブリザード
※必要Lv80
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な水属性魔法攻撃

 まともに使えるにはマイトマインドとデトラクトレンジだろうか。しかしヘモジーの場合はヘモジー自身がサポートを受けて固定砲台になりたい場面が多いため微妙に噛み合っていないかもしれない。

 ブリザードを覚えるのは良いが、自力でコンフュージョンを覚えてくれるので役割がかぶるのが少々気になる。

 全体的に見れば追加能力に関してはあまり恵まれていないと言える。固定砲台と言う都合上仕方のないことではあるが。

 普通に戦士系として使うケースも想定して、補助系の特殊能力を2個追加しておけばまず間違いないだろう。

 

装備例

ヘモジーの装備例①
武器 ゲットクロー
※攻撃時MP吸収
防具1 魔力の泉
※毎ターンMP回復
防具2 魔力の泉
※毎ターンMP回復

 チョンガラの爆撃を毎ターン撃ちまくる際の装備例。毎ターンMPが4回復するため実質的にMP消費8でチョンガラの爆撃を使用することが出来る。マイトマインドで強化してサニアのトランスファーで2回行動させれば火力としては十分にカウントできるだろう。

 全体攻撃は思考停止で連打出来るため初心者に優しい編成である。サニアと一緒に安全圏に避難して連打しまくろう。残った敵もイーガの呪縛拳あたりで動きを止めればMP管理も意外と簡単である。

 平凡に前衛タイプとして使えなくもないが、それならばエルクやグルガ辺りを組み込んだ方が賢明だと言えるだろう。

 

ヘモジーの装備例②
武器 ゲットクロー
※攻撃時MP吸収
防具1 王様の像
※経験値1.5倍
防具2 絹のおび
※経験値1.5倍

 レベルアップ用の装備品。固定砲台として活用するキャラであるため最大HP等を底上げしてもあまり意味が無いためこのような装備にしてある。

 最大MPを上げておいた方が爆撃の持続性が高まるため、2.25倍の経験値を受け取って一気にレベルを上げてしまった方が得策だと言えるだろう。

 とどめだけをヂークベックなどで行えば、レベリングもかなり効率的に行う事が出来る。やや反則的な気もする組合せである。

 

ヘモジーの総合評価

 戦士系のパラメータに、サポート向けの特殊能力が揃っているミスマッチ君。そのまま使っているとそのチグハグさで使いにくいという難点を抱えている。

 そのような事情もあって、彼強さを語る上ではチョンガラの爆撃は切っても切れない存在である。魔力が低いと言うミスマッチをどうやって乗り切るかがポイントと言えるだろう。

 マイトマインドで魔力を上げるのは当然だが、ウィークエネミーで相手の耐久力を落とすのも極めて重要。そのため自然とヘモジーを中心としたパーティになってしまうのが玉にキズである。

 ネタ技のような感じではあるが、唯一無二の特殊能力を持つキャラクターである。上手く運用できるかがプレイヤーの腕の見せ所だろう。