アークザラッド2を攻略・分析するサイト

ケラックの概要


 アーク1から登場していた3匹セットの妖精さん。召喚獣でありながら回復魔法を使用魔法を使用することが出来るので、とりあえずの数合わせでも使いやすい存在。

 攻撃力は低いものの、初参戦のリーザ辺ではとにかく戦力が不足してしまうため、キュア使用出来て人間キャラクターと同じ装備品が使用できると言うだけで主力級の強さである。

 召喚獣の中では一番運用が分かり易く迷う余地も無いのだが、メインシナリオになると回復役は他にたくさんキャラクターがいるためスタメン入りは厳しいキャラクターだと言えるだろう。



基本的なパラメーター

ケラックの初期値・成長値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 2 0.2 0.2 0.4 0.2
29 ケラック 78 70 10.0 10.0 15.6 10.0
29 シャンテ 75 92 9.6 9.8 16.6 8.6
90 ケラック 200 192 22.2 22.2 40.0 22.2
90 シャンテ 205 106 21.8 22.0 41.0 20.8

 ステータス成長で言えば、MP成長値が1減ったシャンテそのものである。初期値の違いこそあれど起用時点での数値はほぼ同等である。

 棒を装備出来るシャンテと違い、槍を装備出来るので装備品次第ではそこそこの攻撃力を得られる。エルク辺りを槍で育てていればおさがりを渡すだけで十分だろう。

 とは言っても普通に使っている限りでは劣化シャンテであり、そのシャンテも工夫しないとパッとしないキャラであるため、リーザ辺が終わったら永久にベンチウォーマーであることが大半である。

 

ケラックの固有データ
属性 移動力 回避率 防御率 正面補正 背面補正
4 2 2 0.75 1.25
装備可能武器 パンチ・槍

 前述のとおり槍が装備出来るほかに、パンチも装備することが出来る。ゲットクロー辺りを装備させておけばMP管理はずいぶん楽になると言える。

 また、地味に光属性なのでアンデッドに強いのもポイント。使う場合はゲットクローを装備させてホーリーブレス主体で立ち回れば十分使用に耐えうるだろう。

 

特殊能力

ケラックの特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
キュア 7 14 28 回復 標準
解説:標準的な回復魔法
リフレッシュ 4 8 16 回復 標準
解説:ステータス異常を回復
チャージ 2 - - 補助 自分
解説:チャージを+1する
スピードアップ 2 4 8 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間敏捷度1.5倍
スピードダウン 2 4 8 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間敏捷度0.5倍
アシッドブレス 8 16 32 攻撃 特殊
解説:地属性物理攻撃+Lv+1ターン防御ダウン
ディスペル 8 24 72 攻撃 標準
解説:アンデッドを消し去る。
使用者>対象なら成功率80%
それ以外なら成功率25%
トリプルアタック 10 20 40 攻撃 単体
解説:魔力依存技

 回復役でありながら、自力でチャージを習得できると言う変則的なラインナップの特殊能力が揃っている。戦闘開始直後にチャージさせて大ダメージを狙ったりできるので、シャンテに比べると多少はレベルを上げやすい。

 敵の防御力を下げるアシッドブレスもそこそこ便利であるため、メインで使うのであればこれかホーリーブレスを主体にしておけば困ることは無いだろう。

 トリプルアタックは振り下ろしの変則版、と思いきやこちらは魔力依存攻撃である。ケラック自体は魔力主体のキャラであるので振り下ろしよりは幾分か使いやすいだろう。

 いずれの特殊能力にも言えることだが、レベルの関係上習得がかなり遅くなってしまうのが難点である。シャンテと言いケラックと言い、このゲームの回復キャラは何故こんなに攻撃能力に恵まれないのだろうか。

 

追加特殊能力

ケラックの追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
マイトマインド
※必要Lv28
2 4 8 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、魔力1.25倍
サイレント
※必要Lv40
4 8 16 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間、沈黙状態にする
ディバイド
※必要レベル48
12 24 48 攻撃 特殊
解説:敵のHPを吸収し、カーソル内の味方に分配する。
魔力<敵魔力の時に魔力の1.25倍
魔力≧敵魔力×1の時は残HPの25%
魔力≧敵魔力×2の時は残HPの50%
魔力≧敵魔力×3の時は残HPの75%
魔力≧敵魔力×4の時は残HPの100%
のダメージを与える。
ホーリーブレス
※必要Lv60
9 18 36 攻撃 特殊
解説:攻撃力依存攻撃+使用Lv+1ターンの間沈黙状態にする。
マジックシールド
※必要Lv68
8 24 72 補助 標準
解説:Lv+1ターンの間、特殊能力無効化
スーパーノヴァ
※必要Lv80
10 20 40 補助 遠距
解説:高射程な光属性魔法攻撃

 追加特殊能力は結構優秀。マイトマインドは概ねどのような編成にしても役に立つので、使用できるキャラが一人でも増えるのはありがたい。

 レベル48でLv2のディバイドを追加できるものかなりポイント高いと言える。恐らくディバイドLv2を使用できるメインキャラの中では最速のタイミングである。

 ホーリーブレスも攻防一体の技であり、後衛寄りのケラックが味方の背後からサポートできるのはかなり助かる。MP成長の良さやゲットクローの存在もあって手軽に使えるのも良い。

 基本は後衛よりもキャラクターではあるが、最低限の攻撃能力とサポート向けの特殊能力を多く持っているので終盤にはいるまではシャンテより使いやすいんじゃないだろうか。

 

装備例

ケラックの装備例①
武器 スティンガー
※要するに適当な槍
防具1 皮の服
※要するに適当な防具
防具2 魔法のリンゴ
※毎ターンチャージ

 リーザ編で装備させたい装備例。このシナリオは非力なリーザにこれまた耐久力の低いゴーゲンを主体とした戦闘が続き、とにかく火力不足になるシナリオである。

 魔法で地道に削っていく展開になるので、残党兵の速やかな処理が求められる。そのため魔法のリンゴを装備させて着実に削っていきたい。

 レベル30前後の相手であれば、装備品による依存度はかなり大きいレベル帯であるためケラックでも何とか戦力にはなるだろう。

 

ケラックの装備例②
武器 ゲットクロー
※攻撃時MP吸収
防具1 マジックローブ
※装備時魔力上昇
防具2 魔力の泉
※毎ターンMP回復

 あまり使用機会が無いかもしれないが、メインメンバーが合流した後の装備例。得意とする回復に加えてサポート向きの装備品で揃えてある。

 戦闘開始時にマイトマインドでパーティをサポートし、途中からホーリーブレスで攻撃に加わると言うのが基本的な使い方になる。残党兵をゲットクローで殴ればMP補給もたやすいので手がかからないのが良い。

 ディバイド主体で戦う際の装備例でもある。南極の塔などを攻略時には地道に削っていく展開も多いので役立つ場面も多いと言えるだろう。

 

ケラックの装備例③
武器 ゲットクロー
※攻撃時MP吸収
防具1 ネックレス
※Lvアップ時最大HP+3
防具2 王様の像
※経験値1.5倍

 レベルを上げる際の装備例。そこそこの実力はあるキャラだが、メインで使うほどの性能でもないため、基本的には2チームに分かれてシナリオを進める際の数合わせ要因である。

 そのため強力果物で最大HPを1上げるよりかは少ない経験値で実用に耐えうるレベルにする方が攻略の際に役立つため、王様の像を装備させて一気にレベルを上げてしまった方が得策である。

 

ケラックの総合評価

 ステータス等を見ると劣化シャンテではあるのだが、追加特殊能力がかなり低いレベルで追加できる事で差別化が図られているキャラクターである。

 レベル60程度あれば追加特殊能力だけでもそこそこ戦えるのは大きく、手軽に回復役とディバイド係を増やせるのは小さくない長所だと言える。

 後半になってくると流石に厳しい面もあるが、後半でもマイトマインド係とディバイド係を兼任できる貴重なキャラクターのため十分に活躍の余地は残されている。

 回復係は人数が多いので調整が難しかったはずなのだが、意外ときちんと差別化が図られているため、丁寧なバランス調整をしていることを実感させてくれるキャラクターである。