アークザラッド2を攻略・分析するサイト

シャンテの概要


 いわゆる僧侶タイプとしてデザインされている後衛タイプ。水属性ではあるが、アーク2ではククルが一時イベントしか戦闘に参加しないため、一部の光属性魔法も行使できるようになっている。

 ストーリーではアルフレッドの復讐のという分かり易い目的で参加。エルクを狙っていたが結局和解して正式にパーティとして参加する。

 リーザに比べて年上で高身長、性格も男勝りの姐御肌、歌手と言う事で、かつて紅白歌合戦の常連であった某大物女性タレントの名前でファンから呼ばれることが多い。



基本的なパラメーター

シャンテの初期値・成長値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 3 0.2 0.2 0.4 0.2
21 シャンテ 59 68 8.0 8.2 13.4 7.0
21 リーザ 55 67 7.4 7.2 12.0 7.2
90 シャンテ 197 275 21.8 22.0 41.0 20.8
90 リーザ 193 274 21.2 21.0 39.6 21.0

 成長で言えばリーザとほぼ一緒。回復役を兼ねると言う意味でも戦力的に言えばほとんどマリオとルイージのようなもので、好みで選んでしまって問題ないだろう。

 魔法主体であるにもかかわらず、リーザと同じで魔力の成長がアークやエルクと同程度しかないので攻撃力に難があると言えるだろう。

 ステータス自体はリーザと一緒だが、ダイヤモンドダストの習得がレベル55程度、Lv2を使用可能になるのがレベル80程度と攻撃力に大きな弱点を抱えている。攻撃力の無さ故にスタメンに加えなかった人も多いのではないだろうか。

 

シャンテの固有データ
属性 移動力 回避率 防御率 正面補正 背面補正
4 3 2 0.75 1.25
装備可能武器 キック・棒・杖

 棒を装備出来るので序盤は棒を持たせるべきだろう。魔法主体となった後は杖を持たせればリーザより高い火力を発揮できる。問題はダイヤモンドダストがレベル2になるのが遅いと言う点で、現実的にはレベル68で追加能力の天の裁きを追加することになるだろう。

 シャンテは攻撃モーションが無駄に長いというゲームを快適にプレイする上で割とシャレにならない欠点がある。

 

特殊能力

シャンテの特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
キュア 8 16 32 回復 標準
解説:標準的な回復魔法
サイレント 4 8 16 補助 標準
解説:使用Lv+1ターンの間、沈黙状態にする
アイスシールド 3 9 28 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、水属性ダメージ0.8倍
リフレッシュ 4 8 16 回復 標準
解説:ステータス異常を回復
ディスペル 8 24 72 攻撃 標準
解説:アンデッドを消し去る。
使用者>対象なら成功率80%
それ以外なら成功率25%
ディバイド 12 24 48 攻撃 特殊
解説:敵のHPを吸収し、カーソル内の味方に分配する。
魔力<敵魔力の時に魔力の1.25倍
魔力≧敵魔力×1の時は残HPの25%
魔力≧敵魔力×2の時は残HPの50%
魔力≧敵魔力×3の時は残HPの75%
魔力≧敵魔力×4の時は残HPの100%
のダメージを与える。
ダイヤモンドダスト 8 16 32 攻撃 標準
解説:標準的な水属性魔法攻撃。シャンテは習得がやたら遅い
リザレクション 16 31 96 回復 特殊
解説:戦闘不能者を復活させる

 イベント専用キャラと化しているククルを除けば、唯一リザレクションを使用できるメインキャラクターである。と言うよりもククルがメインキャラから外れたので代打として出てきた感が強い。

 それなりに優秀な能力を持つが、専売特許であるリザレクションもそう頻繁に使うような特殊能力ではなく、そもそもシャンテが一番倒されやすいので結局復活の薬はある程度必要である。

 リーザがアースクエイクをレベル35前後で習得するのに対し、シャンテは50を過ぎてから習得する羽目になるため、攻撃力に非常に難があると言える。

 棒が使えるとはいえ、同じく棒を使えてウィークエネミーを習得できるアークの存在がかなり厄介で、自力習得の特殊能力だけだとスタメン入りはかなり厳しいと言える。

 

追加特殊能力

シャンテの追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
ディストラクション
※必要Lv44
3 6 12 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、魔力0.75倍
リタリエイション
※必要Lv56
2 4 8 補助 標準
解説:Lv+2ターンの間、反撃レベル3で固定
天の裁き
※必要Lv68
8 16 32 攻撃 標準
解説:標準的な光属性魔法攻撃
スリープウィンド
※必要Lv80
9 18 36 攻撃 標準
解説:ダメージ+使用Lv+1ターンの間、眠り状態にする
ブリザード
※必要Lv88
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な水属性魔法攻撃
ロブマインド
※必要Lv104
0 1 2 攻撃 標準
解説:MPにダメージ与えてカーソル内の味方と分配する

 レベル68で追加できる天の裁き習得させると格段に使いやすくなる。ダイヤモンドダストがLv2になるのが80前後になるのでさっさと覚えさせてしまうと良いだろう。

 問題があるとすればどうやってレベル68まで上げるかと言う事である。現実的な話をすれば、ヂークベックの経験値分配を利用して一気に68にしてしまうと良いだろう。王様の像などがあれば結構簡単にできる。

 メインキャラクターの中でも追加特殊能力での伸びしろが大きいキャラクターであり、スリープウィンドとロブマインド、天の裁きから好みの二つを選んでセットすれば汎用性がかなり高まる。

 問題なのが、いずれも高レベルにならないと習得できないと言う点である。ロブマインドのLv104は正直言ってかなり厳しい要求レベルである。残すは空中城のみになっている状況で習得しても活用の使用が無いので、やはりヂークベックを使って一気に上げるべきだろう。

 

装備例

シャンテの装備例①
武器 マジックスタッフ
※魔法攻撃力増加
防具1 マジックローブ
※魔法攻撃力増加
防具2 幻の指輪
※魔法攻撃力増加

 レベル68以降で、シャンテを火力係として使う場合の装備例。ここまで強化すればかなり高い威力で天の裁きを撃つことが出来る。

 MPが切れてきたら魔力の泉などで運用すれば早々困ることは無いはずである。攻撃と回復療法こなせるので使い勝手はまずまずだと言って良いだろう。

 それでもポコやアークと比べるとやや厳しいかもしれない。真価はディバイドがレベル2になってからだろう。

 

シャンテの装備例②
武器 デライトヒール
※毎ターンHPMP回復
防具1 ミスティックドレス
※毎ターンMP回復
防具2 魔力の泉
※毎ターンMP回復

 ラスボス戦で装備していそうな装備例。ラスボスのやけになったとしか思えない数値にビックリして、慌ててシャンテを起用した人も多いのではないだろうか。

 無限キュアとリザレクションのおかげで、シャンテさえ生存していれば詰むことは無いように設定されている。デライトヒールがラストダンジョンに落ちているのはスタッフからのこの靴で何とかしろと言うメッセージなのだろう多分。

 実際には、装備例①でディバイドを連打していた方がラスボスは楽に倒せるのだが、初見で気付けたプレイヤーは皆無だったと思われる。

 

シャンテの装備例③
武器 マジックスタッフ
※魔法攻撃力増加
防具1 ネックレス
※Lvアップ時最大HP+3
防具2 王様の像
※経験値1.5倍

 レベルアップ時の装備品。シャンテはアーク2の中でも、特にベースレベルに大きく強さが依存しているキャラクターなので、王様の像を使って一気にレベルを上げてしまうと良いだろう。

 天の裁きを追加できるレベル68や、スリープウィンドを習得できるレベル80、ロブマインドを追加できるレベル104は大きな節目である。ここら辺付近でレベルを上げる場合は絹のおびを使ってでも達成してしまいたい。

 

シャンテの総合評価

 習得する特殊能力が回復方面に大きく偏っており、特に中盤辺りにおいて絶望的に火力が足りないキャラクターである。ダイヤモンドダストをサニアの手を借りて撃ちまくるか、ヂークベックでのサポートは必須である。

 反面、レベルが上がった時の伸びしろは素晴らしく、回復呪文、ディバイド、ロブマインドをすべて習得できる上に豊富なMP回復装備を装着できるので独自の強さを持っていると言っても良い。

 大器晩成なキャラゆえに気長に育てる必要があるキャラクターである。初心者が扱うにはやや難しく、手慣れたプレイヤーが補助手段を駆使して起用しているケースが多いだろう。