アークザラッド2を攻略・分析するサイト

イーガの概要


 ラマダ寺の師範代。アーク1では融通のきかない堅物さ故にラマダ寺の危機を招いたこともあった。しかしアーク2では我を忘れるサニアを落ち着かせたりするなど柔軟な立ち振る舞いが出来るようになっている。自分のサインの需要が無いことを知って残念がるなどお茶目な面も見せるようになった。

 アークをより攻撃的にしたようなキャラクターであり、習得する特殊能力も優秀なものが多いので使いこなした場合の戦闘能力はまさにトップクラスである。しかしグルガとの差別化のためか、防御力が低いと言う割と無視できない弱点を抱えている。

 攻撃力活かすため、前に出たいが防御力が低く、強力な特殊能力を使いたいがMPが低いというジレンマがあるため、使いこなすのはある程度工夫する必要がある。長所と短所を良く理解した上で工夫して使うテクニックが要求されるため、アーク2の中で上級者向けのキャラクターだと言えるだろう。



基本的なパラメーター

イーガの初期値・成長値
Lv キャラ名 HP MP 攻撃 防御 魔力 俊敏
- 基本成長値 2 1 0.6 0.4 0.2 0.2
44 イーガ 157 58 32.4 11.6 19.8 12.6
44 グルガ 155 48 30.4 23.0 11.0 12.6
90 イーガ 295 104 60.0 20.8 38.2 21.8
90 グルガ 293 94 58.0 41.4 20.2 21.8

 トッシュとほぼ同等の攻撃力を持つためチャージ状態であればほとんどの相手を一撃で倒すことが出来る。しかしトッシュ以上に物理攻撃に打たれ弱いので、適当に前に出すとあっという間に沈んでしまう。

 残りHP等を気にしつつ、流星爆などの広範囲高威力技も残りMPを計算に入れながら運用していく必要があり、使いこなせないと弱く感じるかもしれない。

 しかし他のキャラクターではできない呪縛拳などの特殊能力や、高攻撃力+キュアの組み合わせなど他のキャラクターでは真似できない組合せの技能を持ち合わせている。使いこなした際の強さと楽しさは他のキャラでは味わえないので頑張って使ってみよう。

 

イーガの固有データ
属性 移動力 回避率 防御率 正面補正 背面補正
5 2 3 1.00 1.00
装備可能武器 パンチ・棒・キック

 防御が魔術師系と同等+高攻撃力と言う意味ではポコに近いものがある。しかしイーガは最大HP、攻撃力の両方がポコよりも高く、反撃を受けない棒を装備出来るほか、敵の動きを確実に止める呪縛拳を習得している。

 またゲットクローでMPが補給できる点もポコとは大きく異なる点である。装備品の選定も含め、プレイヤーのマネジメント能力が試されるキャラだと言えるだろう。

 

特殊能力

イーガの特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
呪縛拳 5 10 20 補助 正面
解説:使用Lv+1ターンの間一切行動不能にする。100%命中する。
退魔光弾 8 16 32 攻撃 標準
解説:魔力依存攻撃※稀にフリーズ
旋風激蹴 8 16 32 攻撃 四方
解説:四方に攻撃力依存攻撃
流星爆 8 16 32 攻撃 四方
解説:周囲に攻撃力依存攻撃
鬼神流影破 8 16 32 攻撃 直線
解説:直線に攻撃力依存攻撃
滅掌烈破 8 16 32 攻撃 周囲
解説:範囲内の敵を一撃で戦闘不能にする。
イーガのLv>対象のLvの場合:95%
それ以外の場合:15%の確率で命中
経験値なし。フロアアイテムを含むアイテムは入手可
ラマダ真拳 10 20 40 攻撃 単体
解説:使用Lv+2ターンの間、行動開始時に最大HPの35%前後のダメージを与える。
キュア 8 16 32 回復 標準
解説:標準的な回復魔法だが、イーガは習得がかなり遅い

 自力習得の特技の質は全キャラクターの中でもトップクラスである。その中でも特に呪縛拳は非常に強力で、確実に相手の行動を封じる上、確実に成功するという壊れ技である。ウィークエネミーと同じくゴールデンスライム等の特殊な状態異常耐性を持つ相手にも効果があり、イーガの打たれ弱さを補う意味でも重要な特殊能力。

 範囲の広い流星爆も数多くの敵を巻き込むのであれば、敵の中心部に突撃させたくなるが、後で敵から袋叩きに合わないように計算した上で使用場所を決めよう。

 ラマダ真拳も強力ではあるが、呪縛拳を決めた後に普通に殴ったほうが強いのが悲しい。呪縛拳Lv2+ゲットクローでMP回復まで出来てしまうため出番は皆無だろう。

 非常に強力な半面、少ない最大MPをどうやって活用していくかが問われるキャラクターである。しかし大抵の場合は魔力の泉+ゲットクローで大体もってしまうので問題ないだろう。

 

追加特殊能力

イーガの追加特殊能力
特殊能力名 属性 MP
Lv1
MP
Lv2
MP
Lv3
効果 範囲
パワーロス
※必要Lv44
3 6 12 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、攻撃力25%低下
グランドシールド
※必要Lv48
3 9 28 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、地属性ダメージを0.8倍にする
ストライクパワー
※必要Lv64
3 6 12 補助 標準
解説:使用Lv+2ターンの間、攻撃力1.25倍
マッドストーム
※必要Lv80
8 16 32 攻撃 標準
解説:標準的な地属性魔法。
アースクエイク
※必要Lv88
10 20 40 攻撃 遠距
解説:高射程な地属性魔法
エクストラクト
※必要Lv96
8 16 32 攻撃 周囲
解説:性能は流星爆と一緒。ただしエフェクトが短い。

 追加能力で言えば至って平凡である。アークのように異常に便利なわけでもなく、ポコのような物足りなさを感じることも無いと言える。

 一番役に立ちそうなのが、最初に習得できるパワーロスである。攻撃力25%低下の影響はそれなりに大きいため打たれ弱いイーガの弱点を補強する形になるので使いやすい。

 しかしウィークエネミー効果とは重複しない(ウィークエネミー効果が優先)であるため、アークと一緒に編成に組み込む場合はストライクパワーで攻撃力に磨きをかけておくと良いだろう。

 エクストラクトはエフェクトが短い流星爆である。他の追加能力がパーティ編成次第で無用になるケースもあるので、イーガをアタッカーにする場合は快適さを求めて覚えさせるのも悪くない。

 

装備例

イーガの装備例①
武器 アストラルポール
※合成アイテム
防具1 生命の木の実
※毎ターンチャージ。
防具2 火のローブなど
※要するに適当な防具

 スタンダードに棒で戦うシンプルなタイプ。グルガよりも流石に脆いが、グルガには無い器用さできめ細やかな立ち回りが可能である。

 防御力の低いイーガと、反撃を回避しながら攻撃できる棒との相性は非常に良く、MP切れになっても一定の戦力を発揮できると言う意味でも初心者向けの装備例である。

 肉弾戦をさせたいときに向く装備例であり、グルガも一緒に棒を装備させて戦闘に出すと楽に攻略を進めることが出来る。

 

イーガの装備例②
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP回復
防具1 魔力の泉
※毎ターンMP2回復
防具2 火のローブなど
※要するに適当な防具

 特殊能力を主体とした装備例。装備例①とは違い、サニアやヂークベック、ゴーゲンなどと一緒に特殊能力で敵を倒す際の装備で例である。

 ゲットークローは改造なしでもレベルアップに吟味すればMP16回復することが出来る。店売りで何度でも作り直しが効くので、10以上MPが回復するのを複数個作っておくと便利である。

 呪縛拳で動きを止めて他の仲間に殴らせたりと、アタッカー兼サポート要員として他のキャラクターでは出来ない独自な運用が可能で、イーガを使うならこの装備例での運用をお勧めしたい。

 

イーガの装備例③
武器 アストラルポール
※適当な装備で良い
防具1 魔力の泉
※毎ターンMP2回復
防具2 女神の祈り
※消費MP1/2

 コンバート時の装備品。女神の祈りがあれば相当無茶をしてもMPは持つので、装備例①と装備例②の良い部分を併せ持つハイブリッドなキャラクターとして使う事が出来る。

 ロマンシングストーンを回す手もあるため、パーティ編成によっては検討しても良いだろう。

 

イーガの装備例④
武器 ゲットクロー
※攻撃時にMP回復
防具1 魔力の泉
※毎ターンMP2回復
防具2 魔力の泉
※毎ターンMP2回復

 特殊能力オンリーで戦うと割り切った例。コンバート無しでも導入が可能のためアイテムコストが低い。ウィークエネミーなどで補助すればそれなりの生存率のため上級者向けである。

 かなりザル管理でMPが持つようになるので使いなれたら一番使いやすいと感じる組合せかもしれない。

 

イーガの総合評価

 前に出したいが打たれ弱い、特殊能力中心で戦いたいがMPが低いという具合に、長所と短所が表裏一体になっているキャラクターである。

 トッシュと違って、プレイヤーの運用能力によって大きく戦力差が出るキャラクターである。特殊能力への理解や、装備品の調整で大きく輝くキャラなので上手く運用したい。

 手慣れたプレイヤー向きのキャラクターではあるが、初心者の人でも装備例①の装備をしつつ、厄介な相手を呪縛拳で止めているだけでも、このキャラクターが強さを認識できるだろう。

 女神の祈りやロマンシングストーン等、消費MPを減らすアイテムと抜群に相性が良い。そのためコンバートの影響をかなり大きく受けるキャラクターである。コンバート有りの場合は、MP管理をかなり雑にしても何とでもなるので消費MP減少装備は優先的に装備させよう。